iPhoneのSafariで、Google(グーグル)検索を最大限活用するためのテクニック

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は仕事もプライベートも、Googleにかなり依存しています。

メールのやり取りやライフログはGmail、スケジュール管理はGoogleカレンダー、知りたい事や調べたい事があるとGoogle検索と、毎日の生活はGooleに依存しているんです。

中でもGoogle検索は、朝起きてから夜寝るまで、頻繁に利用しています。

知りたいことを瞬時に知れるGoogle検索、便利ですよね。

僕がよく使う、Goolge検索のテクニックは5種類あります。

ここでは、iPhoneのSafariを使ってGoogle検索をより便利にするテクニックを紹介します。

 

頼りになるAIの「ウェブ検索」

Googleトップページの検索ボックスや、ブラウザのアドレス欄にキーワードを入力して、知りたい事を調べる「ウェブ検索」。

僕は以前まで、単語を1つずつスペースキーで区切って検索していました。

これはAND検索というウェブ検索方法ですが、これだとすべての単語を含んだ検索結果が表示されます。

最近僕が活用しているのは、Googleに話しかけるような検索方法。

例えば、「近くのガソリンスタンドは」といった感じです。

こうした質問形式の検索でも、Googleの人工知能(AI)が、質問を正しく解釈してくれます。

検索結果には、地図や画像も表示されて、その下に検索されたページが並びます。

検索結果の一番上に表示される地図や画像は、「強調スニペット」と呼ばれる目立つ形で表示されます。

Googleは、強調スニペットが表示される条件として、検索キーワードが質問であると判断された場合に表示されると解説しています。

僕がよく質問形式で検索しているのは、まずは天気予報。

「明日の大阪市の天気は」といった形で、知りたい場所と日付を入力すればすぐに知ることができます。

ほかにも、経路の検索。

「名古屋駅から大阪城まで電車で行くには」と入力すれば、新幹線や地下鉄を使った路線図が表示されます。

電車の時刻も表示され、地図をクリックすればGoogleマップが開きます。

スマホで検索する場合、Googleマップアプリがインストールされていれば、自動的にGoogleマップのアプリに切り替わります。

他にも、日常生活でちょっと気になることがあったら、ウェブ検索で質問すれば結果が見つかります。

「車のエンジンがかからないんだけど」と検索すれば、バッテリー以外にチェックすべきポイントが調べられますし、

「ほうれん草をたくさんもらったんだけど」と検索すれば、レシピや保存方法が表示されます。

Googleの人工知能はどんどん進化しているので、話しかけるように文章を検索ボックスに入力すると、かなりの精度で知りたい事の答えが検索できるんです。

 

最新の情報だけを検索する

ウェブ検索した結果は、キーワードに関連性の強いページから表示されます。

例えば、「ツイッターで話題」と検索したら、このように表示されました。

調べたい内容によっては、最新の情報だけ知りたいという場合もあると思います。

そんな場合は、検索ボックスの下に並んでいる、「検索ツール」を活用できます。

検索ボックスの下には「すべて」「動画」「ニュース」「画像」「地図」といった文字が並んでいます。

右から左へ指でなぞると、一番右に「検索ツール」という文字があります。

ここをクリックすると、下に「すべての言語」「期間指定なし」「すべての結果」という文字が出てきます。

「期間指定なし」をクリックすると、期間の絞り込みができるようになります。

試しに、24時間以内を選んでみます。

更新されてから24時間以内のページだけが表示さました。

僕は、スポーツの試合結果や最新のニュースを知りたい時に使っています。

 

検索語が完全に一致したページを表示したい

調べたい言葉が全て含まれたページを探したい場合、「“ ”」(ダブルクォーテーション)で区切れば検索できます。

iPhoneの場合、アルファベット入力に切り替えれば、中央一番下段にダブルクオーテーションがあります。

「“ワールドカップのスポンサー”」と検索すれば、入力した言葉が全て含まれたページが検索できます。

 

OR検索するには、「|」で区切る

検索結果を広げたい場合は、OR検索が便利です。

先程の「ワールドカップのスポンサー」を、「ワールドカップ」or「スポンサー」で検索すれば、「ワールドカップ」もしくは「スポンサー」という単語が含まれたページが検索結果に表示されます。

やり方は「|」(バーティカルバー)で区切るだけ。

iPhoneの場合、数字入力に切り替えると、「9」の位置にバーティカルバーがあります。

 

検索した画像を色で絞り込む

ある単語を検索した後、「画像」をクリックすると、その単語に関連する画像が表示されます。

ここから更に色を指定して画像検索することができます。

検索ボックスの下部分右側に、色が隠れています。

黄色を選ぶと、黄色のトマトが含まれた画像だけが表示されるんです。

 

さいごに

以上、僕が普段iPhoneのSafariを使って利用している、Google検索のテクニックでした。

GoogleアプリやChromeアプリ、PCを使ったGoogle検索では、検索方法が若干異なるので注意が必要です。

今回紹介したテクニック以外にも

  1. 日本語ページだけを表示する検索テクニック
  2. 指定したサイト内だけを検索するテクニック
  3. 画像をアップロードして類似画像を検索するテクニック

と、様々な検索テクニックがあります。

スマホでは利用しにくいテクニックもありますが、今回紹介した5つのテクニックは、スマホでも活用しやすいテクニックだと思います。

使いやすく新しいテクニックを見つけたら、随時追加します。

より詳しい使い方を知りたい場合は、こうした本も参考になると思います。

 

ではでは。

 

スポンサードリンク