グルメサイトの口コミを最大限に活用して、本当に美味しいと思えるお店を見つける方法

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は普段営業の仕事をしているのですが、毎日のランチはほぼ外食です。

取引先の担当者と一緒にランチをする機会も多のですが、そんなときのお店選びには毎回気を遣ってしまいます。

何度か行った店であれば雰囲気や料理も分かるのですが、初めて訪れる土地だと、行った事のない店に入るのは結構勇気が必要なんです。

一緒に行く人の苦手な食べ物や嗜好を、ある程度理解しておく必要もありますからね。

それに、せっかくだったらその土地の美味しいものを食べたいですし。

そんなお店選びに、僕は食べログなどの口コミサイトを活用しています。

とは言っても、僕が店選びをする際に参考にしているのは、口コミサイトの星の数ではありません。

 

集合知だけで判断しない

食べログをはじめ、飲食店の口コミサイトはたくさんあります。

そんな口コミサイトのランキングやレビューや評価は、参考になるものもたくさんあると思います。

こうした、たくさんの人による大量の情報を集めた集計や体系化したものは、「集合知」と呼ばれています。

食べログであれば、各店ごとに口コミ一覧があって、星やレビューが数多く書かれています。

でも、星をつけたりレビューを書いたりする人たちは、年齢も性別も年収も好みも一人一人違うはずです。

だから食べログでお店を探す際、星の数だけで判断してはいけない気がします。

なぜなら星の数は、様々な人たちの評価を集めた平均点なわけですから。

 

後輩と訪れた店

今週は、会社の後輩と一緒に出張に出ているのですが、昼時になったから僕の好きな店に一緒に行きました。

後輩はその店が初めてで、順番待ちしている間にスマホで店の情報を調べていたみたいです。

しばらく調べてから

「先輩、この店、食べログでは『接客態度が悪い』とか『料理が出るのが遅い』とか書かれていて、評価も3しかないんですけど・・・」

と話しかけてきました。

思わずムッとしました。

僕の嗜好をけなされた気がしたので。

実際に、その店ではランチタイムには順番待ちになることが多く、店員さんも接客や料理を準備するのに大忙しなんです。

その日は、僕と後輩が席に通されるまで数分待ちました。

席に通されて料理が運ばれてくるまでは、さほど時間はかかりませんでしたが。

運ばれてきた料理を見て、後輩は目を丸くしていました。

その店の料理は、地元で採れる新鮮な魚介類や野菜をふんだんに使っていて、価格もリーズナブルなんです。

後輩は料理を食べながら

「この値段でこんなに美味しくてボリュームがあるなんて、なんていい店なんだ!」

なんて、コロッと態度が変わっていました。

そんな店だからなのか、地元の根強いファンが多くて、一見さんの少ない店なんです。

もしかすると、食べログに書かれていた「接客態度」や「待ち時間」の口コミは、その店をめったに利用しない人が書いたものだったのかもしれません。

 

集合知に振り回される人

集合知だけを当てにして、自分の目で見て判断することができなければ、集合知に振り回されるだけで、本当に良いものを見つけることはできない気がします。

集合知は、自分で何かを判断する際の、ひとつの参考でしかないと思っています。

集合知を盲信しすぎて、集合知に振り回されてしまうのは、本当にもったいない気がします。

集合知で出る評価や点数は、自分の感性や嗜好と、必ずしも同じではないと思います。

人によっては、「とにかく安くてボリュームがあれば、味は二の次」という価値観を持っているかもしれませんし、「値段よりも料理の美しさや味を大切にしたい」という人もいると思います。

そんな様々な価値観が集まって出てきたのが、集合知の点数だと思います。

 

集合知を参考にする際の注意点

点数やレビューを参考にする際、気を付けるべき点はいくつかあると思っています。

一番気を付けるべきなのは、「ステマ」ではないでしょうか。

お店に関わっているスタッフが、高評価の点数やレビューを書き込んだり、ライバル店に悪いレビューを書いたりすることが、以前は行われていたみたいです。

最近の食べログでは、こうしたステマ行為については、運営側が厳しくチェックしているみたいです。

他にも、影響力のあるレビュアーの書いたレビューについては、点数に反映する割合を調整するなど、運営側で日々の努力や仕組みの改善活動が行われています。

こうした取り組みを知っておくと、食べログで点数が高い店は、影響力のあるレビュアー達が良いと判断した店だという事になると思います。

地元でしか知られていない店や、新しくできた店の場合は、必然的に点数が低くなりがちではないでしょうか。

 

集合知の使いこなし方

僕は、星の数や高評価のレビューだけでお店を選ばないようにしています。

食べログで気になるお店があったら、そのお店のレビューの中に、自分と似た感性を持った人がいないか探すようにしています。

自分と同じような年齢や嗜好、感性を持っている人がいたら、その人が他にどんな店でレビューを残しているか、ざっと調べるようにしています。

このやり方を続けていると、自然と自分と感性の似た人が何人か見つかるんです。

その人たちが高い評価をしているお店を選べば、お店選びに失敗する確率が格段に少なくなりました。

他にも、星の数にも注意するようにしています。

星の数は、いわば平均点ですよね。

平均点がどのくらいの人数から出ているかに注目してみるのも、自分の感性に合ったお店選びに役立つ気がします。

多くの人数から算出された平均点だとしたら、それだけ人気のお店なんだと思います。

 

結局は経験するしかない

口コミサイトの評価やレビューを参考にするのもいいのですが、あまり他人の評価ばかりを気にするのもどうかと思います。

感性は人それぞれだし、体調や気分、時間帯によっても、お店や料理に対する印象は全然違ってくると思います。

他人がどう評価したかはあくまでも参考程度に、最終的には、自分がどう感じてどう料理を味わえたかが大切なのではないでしょうか。

僕は

  1. 評価やレビューの数が多いお店を探して
  2. その中で、自分と似た感性を持ったレビュアーを探す

ことで、集合知を活用するようにしています。

でも、これらはあくまでも参考にするだけです。

その日の気分や体調に合わせて、気になる店があったらふらりと立ち寄ることもたくさんあります。

大切な接待やデートであれば別かもしれませんが、お店選びで取り返しのつかない大きな失敗をすることなんて、まずないと思っていますから。

ではでは。

 

 

スポンサードリンク