兵庫県西宮市の廣田神社は、阪神タイガースゆかりのパワースポット|「西宮」の地名の由来になった、由緒正しき兵庫県最古の神社

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は兵庫県西宮市に住んでいるんだけれど、西宮市には歴史ある建物やスポットが多いんだ。

西宮市には神社もたくさんあるんだけれど、中でも廣田神社は兵庫県で最古の神社として有名で、由緒正しき神社なんだ。

 

廣田神社とは

廣田神社は、兵庫県西宮市にある神社だよ。

西暦201年(神功皇后摂政元年)に創建された廣田神社は、兵庫県で最古の神社として有名なんだ。

本殿に祀られている主祭神は、天照大神の荒御霊(あらみたま)

荒御魂とは、神の荒々しい側面、荒ぶる魂のことだよ。

勇猛果断、義侠強忍といった特徴を持っている神の働きのことなんだ。

これに対し、和御魂(にぎみたま)というものがあるんだよね。

和御魂は、神の優しく平和的な側面で、仁愛、謙遜といった特徴を持った神の働きのことなんだ。

天照大神の和御魂(にぎみたま)が祀られているのは、伊勢神宮

天照大神の荒御霊が祀られている廣田神社は、由緒正しき神社と言えるね。

 

西宮という地名の由来になった、廣田神社

伊勢神宮に祀られているのは、天照大神の和御魂(にぎみたま)

そして廣田神社に祀られているのが、天照大神の荒御霊(あらみたま)

古来より、京都から西方にある特別な神社とされてきたのが、廣田神社なんだ。

平安時代頃から、京の都の貴族は、廣田を中心としたエリアを、西宮と呼ぶようになったんだ。

これが現在の西宮市という地名の由来になったとされているよ。

 

廣田神社のご利益

由緒正しき廣田神社に参拝すると、様々なご利益が得られるとされているんだ。

子授安産開運隆盛といったご利益が有名だね。

ほかにも、住吉三神が祭られているから、平安時代には「和歌の神様」としても信仰されていたんだ。

現在も、詩歌だけでなく勉強全般にご利益のある神様とされているよ。

そんな廣田神社のご利益の中でも、一番有名なのが勝運合格

これは、神功皇后が、神功皇后摂政元年に廣田の森に天照大神の荒御霊をお祀りしたところ、運気が上昇し戦に勝ち続けることができたという故事に由来しているんだ。

鎌倉時代に、蒙古が襲来した際も、廣田神社の御神威が発揮されたと記録されているよ。

そんな勝運のご利益にあやかろうと、源頼朝は、平氏の討伐を祈願して、淡路・広田荘を寄進したと言われているよ。

安土桃山時代には、豊臣秀頼が、神社の大規模な改築を行ったり、江戸時代に徳川吉宗が現在の地に廣田神社を遷宮したりと、武家とのつながりが強い神社なんだ。

 

廣田神社と阪神タイガース

阪神タイガースは、毎年必勝祈願のために廣田神社を訪れているんだ。

この慣習は、球団が結成された1936年(昭和11年)から続いているよ。

阪神タイガースの選手が揃って参拝に訪れる日は、1000人以上の見物客が押し寄せる、一大イベントなんだ。

 

廣田神社の見どころとパワースポット

大鳥居

廣田神社は、閑静な住宅街の中にある神社なんだ。

神社の正面にあるのが、大鳥居。

この鳥居は、2013年に建てられたばかりの、新しい鳥居だよ。

2013年は、天皇陛下御即位25周年および第62回神宮式年遷宮の年なんだ。

天照大神や天皇との由縁の深い、立派な鳥居だよ。

 

一の注連柱

大鳥居から真っ直ぐ歩くと現れるのが、一の注連柱

柱と柱の間に、1本の太い注連縄が張られていて、そこから3本の縄が下がっているよ。

これは阪神淡路大震災で一度崩壊した鳥居を、2000年に修復したものなんだ。

柱と注連縄は、神域と俗界の境界を意味しているんだ。

大鳥居をくぐって、この一の注連柱辺りまで来ると、ピリッとした神聖な空気を感じるようになると思うよ。

 

二の注連柱

参道を進むと現れるのが、二の注連柱

注連縄から御幣が下がっているのが特徴的だね。

これは1880年に建てられた鳥居なんだ。

この鳥居をくぐると、もうすぐ本殿だよ。

 

拝殿と本殿

淡いグリーンの屋根が特徴の拝殿。

この拝殿は、1962年に建てられたものなんだ。

拝殿の奥に見えるのが、本殿だよ。

廣田神社の本殿に祀られている主祭神は、天照大神の荒御霊(あらみたま)

荒御魂とは、神の荒々しい側面、荒ぶる魂のことだよ。

勇猛果断、義侠強忍といった特徴を持っている神の働きのことなんだ。

これに対し、和御魂(にぎみたま)というものがあるんだよね。

和御魂は、神の優しく平和的な側面で、仁愛、謙遜といった特徴を持った神の働きのことなんだ。

天照大神の和御魂(にぎみたま)が祀られているのは、伊勢神宮。

天照大神の荒御霊が祀られている廣田神社は、由緒正しき神社と言えるね。

 

本殿左に並ぶ神社

本殿の左側に並ぶのは、八坂神社、子安神社、春日神社、地神社、稲荷神社の5社。

 

そしてその両隣にあるのが、松尾神社と伊和志豆(いわしず)神社。

 

御神水

廣田神社の位置する場所を風水で見ると、六甲山から続く龍脈が流れ着く場所なんだ。

手水舎のすぐ近くにあるのは、御神水。

六甲山から甲山、そして廣田神社へと続く龍脈のパワーを感じることができる、綺麗な湧水だよ。

 

コバノミツバツツジ

廣田神社の敷地内には、2万株のツツジが植えられているんだ。

これは、兵庫県指定天然記念物になっているよ。

毎年3月から4月頃が見どころだから、訪れた際は是非ツツジの美しさも堪能してほしいな。

 

さいごに

廣田神社は、西暦201年に創建された、兵庫県で最古の神社なんだ。

でも、訪れて気づくのは、鳥居や拝殿が真新しくて綺麗だということ。

これは、阪神淡路大震災で注連柱や建物が倒壊したため、新しく建て直されたからなんだ。

真新しい参道をゆっくりと歩きながら、1800年以上続く神社の歴史に思いを馳せてみるだけで、いろんな気づきや発見が得られる、素敵なパワースポットだよ。

じゃ、またね。

 

 

アクセス


兵庫県西宮市大社町7-7

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください