JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケース レビュー|最高レベルの防水・防塵機能を搭載した、おすすめの耐衝撃ケース

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

iPad mini 4が発売されてから数年経つけれど、持ちやすいサイズ感や画面の大きさが気に入っているから、普段の読書用に使っているんだ。

僕は料理が大好きなんだけど、iPad mini 4はキッチンでレシピをチェックするにも便利なサイズなんだよね。

お風呂やキッチンでは、iPad mini 4に水がかかりやすいから、僕は防水ケースを付けて使っているよ。

最近のお気に入りは、JUSTCOOLの防水ケース。

iPad mini 4を全面保護してくれる、軽くてタッチ感度の良いケースなんだ。

 

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケース スペック

 

サイズ 21.5×14.5×1.2㎝
重量 156.5g
対応サイズ iPad mini 4

 

使ってみて感じた、JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースの魅力

防水性能は最高レベル

引用:Amazon.co.jp

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースは、国際防水保護基準の「IP68」を取得しているんだ。

水深10mでも浸水することは無い、防水レベル・防塵レベル共に最高レベルのケースだよ。

ケースは、前面と背面に分かれているんだ。

iPad mini 4を装着する際は、深さのある全面ケースにセットして、背面をしっかり取り付けるよ。

ホームボタン部分や

カメラ部分は、剛性のあるフィルムでしっかり保護されているんだ。

Lightningコネクタ差し込み口は、開閉できるようになっているよ。

僕はiPad mini 4をお風呂に持ち込んで、読書をしながら湯船に浸かるのが大好きなんだ。

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースを付けておけば、お風呂の湯気や水滴を気にすることなく使うことができるよ。

ほかにも、キッチンで調理中にレシピをチェックする際に、濡れた手で画面を操作できるのも便利なんだ。

JUSTOOL iPad mini 4 防水ケースを使い始めてからは、iPad mini 4本体が水に濡れる心配をせずに使えているんだ。

 

防塵機能も最高レベル

国際防水保護基準の「IP68」を取得しているJUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースは、防塵機能も最高レベルなんだ。

砂や埃がケース内に入るのを防いでくれるよ。

海や川のレジャーでは、濡れたり砂が入ったりする可能性があるんだよね。

でも、このケースを付けておけば、ビーチでも安心して持ち運ぶことができるんだ。

我が家の場合、海や山に遊びに行った際は、小学生の娘がiPad mini 4を使って写真や動画を撮影することがあるんだよね。

少々乱暴に扱っても、水や埃がケース内に入らないから、安心して使わせることができているよ。

 

360度全面を保護してくれるから、耐衝撃性にも優れている

引用:Amazon.co.jp

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースは、iPad mini 4を360度全面保護してくれるんだ。

ケースの周囲部分は、弾力性のあるTPU素材が使われていて、落下時の衝撃を吸収してくれるよ。

特に四隅の部分は、衝撃吸収材が厚めにデザインされているんだ。

カメラ部分は、周囲より1㎜ほど高くなっていて、レンズをしっかり保護してくれるよ。

液晶画面を保護してくれるのは、透明性に優れたPVCフィルム。

濡れた手でもスムーズにタッチ操作ができるんだ。

 

軽くて持ち運びしやすい

引用:Amazon.co.jp

ケースの重量は、156.5g。

iPad mini 4本体の重さは、Wi-Fiモデルは298.8g、Wi-fi+Cellularモデルは304gあるんだ。

ケースを装着しても、460g程度の重さなんだよね。

2018年に発売された、11インチのiPad Proの重量は468g。

ケースを付けた状態でも、11インチのiPad Proより軽くて、コンパクトで持ち運びもしやすいのが魅力なんだ。

僕は両手で持って読書することが多いんだけど、片手でも支えられる重さだよ。

電車を待つ間などに、片手で持って操作していることもあるんだけど、重さにストレスを感じることはほとんどないよ。

 

使ってみて感じた、JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースの気になる点

ヘッドホンやLightningケーブルは純正品しか使えない

引用:Amazon.co.jp

iPad mini 4には、ヘッドホンジャックが搭載されているんだ。

ケースのヘッドホンジャック差し込み口は開閉式になっていて、使わないときは密閉されているよ。

充電用のLightningケーブル差し込み口も開閉式になっているから、水や埃から本体をしっかり守ってくれるんだ。

ヘッドホンや充電ケーブルの種類によっては、ケースが邪魔になって差し込み口に入らない場合があるから注意が必要だよ。

僕は何本かLightningケーブルを持っているんだけど、

 

純正ケーブル以外のものを接続しようとすると、ケースが邪魔して差し込めなかったんだ。

充電のたびにケースを取り外すわけにはいかないから、純正ケーブルを使って充電しているよ。

 

ヘッドホンや充電ケーブルによっては、ケースが邪魔して差し込み口に入らない場合があるから注意が必要だよ。

 

電源ボタンや音量ボタンは硬め

ケース側面には、電源ボタンや音量ボタンを保護する部分があるんだ。

ケースを付けた状態でこれらのボタンを操作しようとすると、強めに押さないと反応しないんだよね。

ボタン部分はかなり硬めにつくられているから、若干操作がしにくいんだ。

 

液晶保護フィルムは併用しない方がいい

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースを使う前は、手帳型のケースを付けていたんだ。

液晶画面にガラスフィルムを貼っていたんだけど、JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースを装着するのに邪魔だったから、剥がしてしまったんだよね。

ガラスフィルムを貼ったままでも使えるんだけど、タッチ感度が鈍くなるんだ。

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースを使う際は、液晶保護フィルムは貼らない方がいいと思うよ。

 

ストラップが使いにくい

ストラップが付属しているんだけど、

ケースの右上と

左下部分にストラップ穴が付いているよ。

ケースの対角線上にストラップの両端を付けることになるんだけど、どうも使いにくいんだよね。

アウトドアで持ち運ぶ際に、首から下げておけば便利なのかもしれないけれど、普段使いでは長いストラップが邪魔なんだ。

だから、ストラップは取り付けずに使っているよ。

 

さいごに

JUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースは、防水性能と防塵性能に優れたケースだよ。

iPad mini 4に装着する前に、防水テストをしておくのがおすすめだね。

iPad mini 4の代わりに、ティッシュなどを入れて浸水テストをしておけば、ケースに隙間が無いかどうか確認できるんだ。

僕はJUSTCOOL iPad mini 4 防水ケースを使い始めてから、お風呂に入っている時間が長くなったんだ。

水濡れを気にせず、好きな本をのんびり読めるんだよね。

海や川のレジャーだけでなく、普段の生活でも大活躍する防水ケースだと思うよ。

じゃ、またね。

 

ESR iPad 9.7 2018/2017用ケース レビュー|10種類のカラーから選べる、シンプルデザインのおすすめケース

2018年8月29日

iMobie AnyTrans for iOS レビュー|iPhoneのデータをパソコンで管理できる、使いやすいおすすめデータ管理ソフト

2018年4月16日

ZOYU 馴鹿の物語シリーズ iPad pro 9.7用ケース レビュー|古い洋書のようなデザインが魅力の、機能性に優れたケース

2018年4月15日

iPad Pro 9.7インチ用耐衝撃ケースのおすすめ5選|大切なiPad Proを、落下の衝撃や傷から保護してくれるおすすめケース

2018年4月11日
 

スポンサードリンク