大阪府門真市の「三島神社(みつしまじんじゃ)」は、大阪一の巨大なクスノキ「薫蓋樟(くんがいしょう)」がある隠れたパワースポット

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

大阪府門真市にある三島神社(みつしまじんじゃ)には、樹齢1000年を超えるクスノキがあるんだ。

「薫蓋樟」という名のこのクスノキは、国の天然記念物に指定されているよ。

ほかにも、

  • 大阪みどりの100選
  • 新日本名木100選

にも選ばれている、大阪一の巨樹なんだ。

神社の境内をやさしく包み込むように立つ薫蓋樟は、訪れるだけでホッとする安心感が得られる、不思議なパワースポットだったよ。

 

三島神社へのアクセス方法


三島神社の最寄駅は、大阪市営地下鉄鶴見緑地線の門真南駅。

駅から北東に約15分歩けば、三島神社が見えてくるよ。

道沿いには、「薫蓋クス」という案内標識が掲げられているんだ。

住宅街の細い道を進むと、まるで森のような巨木が生い茂っている様子が見えてくるよ。

 

一の鳥居

道沿いに見えるのが、三島神社の一の鳥居。

石造りの鳥居を抜けると、目の前に大きなクスノキが見えるんだ。

 

薫蓋樟

薫蓋樟の大きさは、高さ約24メートル、幹回りは13.1メートルあるんだ。

大阪府内には4件しかない、樹木の国指定天然記念物だよ。

根元には、江戸時代後期の公家・左近衛少将千種有文の歌碑が設置されているんだ。

歌碑には

薫蓋樟 村雨の雨やどりせし唐土(もろこし)の 松におとらぬ樟ぞこのくす

と刻まれているよ。

この歌が、薫蓋樟の名前の由来になっているんだね。

薫蓋樟は、四方八方に枝を伸ばして、まるで神社全体を包み込むような姿をしているんだ。

大きな枝は、支柱でしっかりと支えられていているね。

躍動感のある枝ぶりは、力強さを感じさせるんだけど、風で揺れる木の葉の音がとっても心地よくて、自然と心が落ち着いてくるんだ。

傍にいるだけで、安心感を感じられる不思議な場所だよ。

 

三島神社

薫蓋樟に守られるように建っているのが、三島神社の本殿。

三島神社は、古くは山王権現といい、明治3年4月に現在の社名に改められたんだ。

祭神は、

  • 天照皇大神(あまてらすおおみかみ)
  • 素盞鳴尊(すさのおのみこと)
  • 大巳貴命(おおなむちのみこと) ※大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名

の3柱。

いずれも日本を代表する神々だね。

 

さいごに

三島神社の境内を歩いていると、風で揺れる葉音がとても心地よくて、思わず時間を忘れてしまいそうになるんだ。

樹齢1000年を超えるクスノキが、今もなお静かに成長し続けるこの場所は、きっと澄んだ空気に包まれた神聖な場所なんだろうね。

思い切り深呼吸して、体の中を浄化したくなる、おすすめのパワースポットだよ。

じゃ、またね。

 

三島神社・薫蓋樟へのアクセス方法

住所 大阪府門真市大字三ツ島1374
電車 大阪市営地下鉄鶴見緑地線・門真南駅下車徒歩15分

 

大阪の大国主神社は、絶大な金運アップのご利益が得られる神社|お守り「種銭」の入手方法と、神社の由縁・見所

2018年6月23日

大阪の堀越神社は、一生に一度の願いを聞いてくださる神社|聖徳太子や徳川家康と深い縁のある、神社の由来とは

2018年5月19日

大阪の安居神社は、日本一の兵・真田信繁(幸村)終焉の地として有名な神社|菅原道真公も飲んだ霊水「安井の清水」のご利益とは

2018年3月19日

大阪のサムハラ神社は、絶大なご利益のあるパワースポット|入手困難な御神環(指輪)は、本当に必要としている人に神様が授けてくれるもの

2017年12月6日
 

スポンサードリンク