商品レビュー

Orsqu(オスキュー)の「iPhone XS Max対応バッテリーケース」は、フル充電で何回スマホを充電できるのか、実際に買ってレビューしてみた

やあ、いちもくだよ。

僕はiPhone XS Maxを使っているんだけど、6.5インチの大画面だから、多くの文字や情報をひと目で確認できるのが魅力なんだよね。

本体サイズが大きい分、大容量のバッテリーが搭載されているから、長時間使えるのも嬉しいね。

僕は営業の仕事をしているんだけど、毎週1泊2日程度の出張に出かけることが多いんだ。

出張の際は、モバイルバッテリーや充電ケーブルを持ち歩いていたんだけど、最近はOrsqu(オスキュー)のバッテリーケースを使っているよ。

バッテリーケースを付けておけば、2日間くらいは充電ケーブルを使わずに持ち歩けているんだよね。

更に、iPhone本体をキズやヘコミからしっかり守ってくれるケースなんだ。

 

Orsqu(オスキュー) iPhone XS Max対応バッテリーケース スペック

サイズ 約W8.1×H1.6×D1.2cm
重量 約100g
バッテリー容量 6200mAh
素材 PVC

 

使ってみて感じた、Orsqu(オスキュー) iPhone XS Max対応バッテリーケースの魅力

iPhone XS Maxを約2回充電できる

引用:Amazon.co.jp

Orsquのバッテリーケース容量は、6,200mAh。

iPhone XS Maxに搭載されているバッテリー容量は、3,174mAhだから、約2回充電できる計算になるね。

実際に何回かiPhoneを充電してみて感じたのは、iPhone XS Maxを約1.6回分充電できる程度の容量だということ。

一度iPhoneを90%以上充電させると、2回目の充電では70~80%充電できた時点でバッテリーケースの充電がカラになってしまうんだ。

ケースのバッテリー残量は、背面のLEDランプで簡単に確認することができるよ。

搭載されているLEDランプの数は、4つ。

ランプが4つ点灯 残量76~100%
ランプが3つ点灯 残量51~75%
ランプが2つ点灯 残量26~50%
ランプが1つ点灯 残量1~25%

 

引用:Amazon.co.jp

iPhoneとバッテリーケースをフル充電させておけば、2~3日は充電ケーブルを使わずに持ち運ぶことができるんだ。

 

操作が簡単

引用:Amazon.co.jp

Orsqu(オスキュー)のバッテリーケースは、使い方がとても簡単。

iPhoneに装着する際は、ケースを2分割して取り付けるだけなんだ。

装着した後は、充電ケーブルを挿してバッテリーを充電しておこう。

ケースを装着した状態でも、Apple純正のLightningケーブルが使えるよ。

バッテリーケースとiPhoneの両方を充電することができるんだ。

外出時など、バッテリーケースからiPhone本体に給電させようと思ったら、ケース背面の電源スイッチを押すだけ。

もう一度電源スイッチを押せば、給電が停止するんだ。

iPhoneのバッテリー容量が少なくなっても、簡単な操作で充電できるのが嬉しいね。

電源スイッチの感度が良いから、押し間違いも少ないと思うよ。

 

持ち運びやすいサイズとデザイン

引用:Amazon.co.jp

僕は依然、モバイルバッテリーを持ち歩くことが多かったんだ。

モバイルバッテリーを使ってiPhoneを充電しようと思ったら、必ず充電ケーブルが必要なんだよね。

でも、バッテリーケースであれば、充電ケーブルが一切必要ないんだ。

ポケットに入れたままでも充電できるよ。

仕事中は、頻繁に電話がかかってきたりデータを確認したいことも多いから、ケーブルで接続する必要が無いのはとっても便利なんだよね。

いつでもどこでも、好きな場所、好きなタイミングで充電できるから、外出の際にぴったりだよ。

バッテリーケースを付けた状態で、厚みは約13mm、iPhoneの周囲が5mmほど大きくなるだけなんだ。

他社のバッテリーケースの場合、下部に大きな出っ張りが付いているものも多いんだけど、Orsqueのバッテリーケースはとってもスリム。

ケースの重量は約100gだから、軽くて持ち運びしやすいのも嬉しいね。

 

指紋や汚れが付きにくい

引用:Amazon.co.jp

バッテリーケースの表面は、黒一色のマットな質感になっているんだ。

指紋や汚れが付きにくいから、常に綺麗な状態で持ち運ぶことができるよ。

僕は液晶画面にガラスフィルムを貼っているんだけど、バッテリーケースを装着しておけば、背面や側面をキズや衝撃から守ってくれるのも嬉しいね。

 

使ってみて感じた、Orsqu(オスキュー) iPhone XS Max対応バッテリーケースの気になる点

カラーは黒しかない

Orsquのバッテリーケースは、カラーは黒しか用意されていないんだ。

マットな質感で滑りにくく、汚れが付きにくいのが魅力だよ。

でも、白やゴールドなど、iPhoneのカラーに合わせた色があればなお良い気がするんだよね。

 

液晶画面は保護されない

Orsquのバッテリーケースは、iPhoneの側面と背面を保護できるデザインになっているんだ。

液晶画面は保護されないから、僕はガラスフィルムを貼り付けて使っているよ。

気になるのは、厚さ0.3mmのガラスフィルムを貼り付けた状態だと、ほぼバッテリーケースとフレームと同じ高さになるんだ。

万が一iPhoneを落としてしまった際、液晶画面がキズ付いてしまう可能性は高いかもしれないね。

持ち運ぶ際は、ぶつけたり落としたりしないよう、注意が必要だよ。

 

日本語の取り扱い説明書が付属していない

付属の取り扱い説明書は、英語で書かれているんだ。

日本語の取り扱い説明書は付属していないから、使い方は購入サイトなどで確認するしか無いんだよね。

もっとも、使い方はとっても簡単だから、説明書なしでもすぐに使えると思うよ。

 

さいごに

Orsquのバッテリーケースは、6,200mAhの大容量バッテリーを搭載したケースなんだ。

iPhone XS Maxを約1.6回充電できるから、モバイルバッテリーや充電ケーブルなどを持ち運ぶ必要が無く、荷物を減らすことができるのが魅力だね。

ケースは汚れが付きにくく、iPhone本体をキズや衝撃からしっかり保護してくれるんだ。

液晶画面だけは保護できないから、ガラスフィルムなどを併用して使うのがおすすめだよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
Anker PowerCore 13000 レビュー|iPhoneであれば3回充電できるモバイルバッテリーやあ、いちもくだよ。 僕は営業の仕事をしているんだけど、毎週2泊3日程度の出張があるんだ。 できるだけ荷物を減らしたいから、...
あわせて読みたい
【あったらいいな、をカタチにしてみた】iPhoneのバッテリーケースにカード収納機能を追加してみたやあ、いちもくだよ。 僕は長年iPhoneを使っているんだけど、ケースと液晶保護フィルムには結構なお金をつぎ込んできたんだ。 ...
あわせて読みたい
BELLEMONDの「iPhone XS Max用 ハイクオリティーガラスフィルム」は、本当に気泡が入らず貼り付けられるのか、実際に買ってレビューしてみたやあ、いちもくだよ。 僕はiPhone XS Maxを使っているんだけど、6.5インチの大画面だから、多くの文字や情報をひと目で確...
あわせて読みたい
Elemiya 完全独立型ワイヤレスBluetoothイヤホン S8 レビュー|スリムでコンパクトな充電ボックスが魅力の、おすすめワイヤレスイヤホンやあ、いちもくだよ。 僕は通勤中、電車の中で音楽を聴いていることが多いんだ。 早朝や週末には、1時間ほどジョギングするように...