Pendorra 充電式タッチペン レビュー|ペアリングの必要がない、スマホやタブレットで使えるおすすめのスタイラスペン

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は普段、iPad Pro9.7インチを使っているんだ。

スマホよりも画面が大きいから、ストレスなく動画を視聴できるし、WordやExcelで作成した仕事の資料をチェックするのにも便利なんだよね。

iPad Proと一緒に必ず持ち歩いているのが、タッチペン。

最近のお気に入りは、Pendorraの充電式タッチペンなんだ。

書き味がとってもなめらかで、描画や文字を書きやすいペンだよ。

 

Pendorra 充電式タッチペン スペック

 

本体サイズ 9.5×185㎜
重量 約130 g
梱包サイズ 25.1 x 7.6 x 3.5 cm
連続使用時間 約6時間
電池 リチウムイオン電池
カラー グレー、ゴールド、シルバー、レッド、ローズゴールド

 

使ってみて感じた、Pendorra 充電式タッチペンの魅力

書き味がなめらか

引用:Amazon.co.jp

Pendorra 充電式タッチペンは、本体内にリチウム電池が内蔵されているんだ。

使う前に、充電しておく必要があるよ。

充電式タッチペンの魅力は、書き味がなめらかなところ。

Pendorra 充電式タッチペンも、なめらかで正確に描画や文字を書くことができるんだ。

ペン先には、2.2mmの繊維が使われているよ。

程良い硬さで、長文を書いたり細かいイラストを描く際にストレスが少ないんだ。

 

ほとんどのタブレットで使用できる

引用:Amazon.co.jp

Pendorra 充電式タッチペンは、iPad以外にも様々なAndroidタブレットで使うことができるよ。

ほかにも、iPhone XやiPhone 8などのスマホで使うこともできるんだ。

手書きメモアプリなどと合わせて使うのに便利だね。

 

一度の充電で約6時間使える

Pendorra 充電式タッチペンの付属品は、タッチペンとUSBアダプタ、USBケーブル、ユーザーマニュアル。

箱からタッチペンを取り出したら、ペンの末端にあるキャップを取り外そう。

USBケーブルとUSBアダプタを接続して、充電しなければ使えないんだ。

充電中は、ペンに搭載されたLEDランプが赤く光るよ。

充電が完了したら、LEDランプが青く光るんだ。

Pendorra 充電式タッチペンの使い方は簡単。

使う前に、ペンのキャップ部分にあるボタンを押すんだ。

LEDランプが青く点滅したら、パワーオン。

もう一度ボタンを押せば、LEDランプが赤く点滅してパワーオフになるよ。

パワーオンになっている状態でも、2分以上使用しなければ、自動的にパワーオフとなるんだ。

一度の充電で約6時間使えるから、僕は3日に1度の頻度で充電して使っているよ。

 

使ってみて感じた、Pendorra 充電式タッチペンの気になる点

Apple Pencilよりもサイズが大きい

僕はApple Pencilも持っているんだけど、Pendorra 充電式タッチペンとの違いを一番感じるのは、本体のサイズ。

Appe Pencilの直径は8.9mmなんだけど、Pendorra 充電式タッチペンは9.5mmあるんだ。

長さもPendorra 充電式タッチペンの方が長く、Apple Pencilは176mm、Pendorra 充電式タッチペンは185mmあるんだ。

僕は太めのペン軸の方が持ちやすいから、最近は専らPendorra 充電式タッチペンを使う機会が多いんだよね。

ペン先の感度も良好で、Appe Pencilよりも若干柔らかめなタッチ感度だよ。

唯一残念だったのが、Apple Pencil専用ホルダー搭載のiPad Proケースには収納できなかったこと。

だからPendorra 充電式タッチペンを持ち歩く際は、付属の1本挿しペンケースに入れて持ち歩いているよ。

 

さいごに

Pendorra 充電式タッチペンは、Apple Pencilのようにペアリングする必要なく、ボタンを押すだけでいろんなスマホやタブレットに描画することができるんだ。

カラーラインナップも豊富だから、好みに合わせて選べるのも嬉しいね。

さまざまなデバイスで、感度の良いなめらかな書き心地のタッチペンを使いたい場合は、このPendorra 充電式タッチペンがおすすめだよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク