WILLGOO Apple Pencilとアクセサリー用キャリングケース レビュー|リチウム電池搭載の、シンプルでスタイリッシュな専用ペンケース

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は普段、iPad Pro9.7インチを使っているんだ。

スマホよりも画面が大きいから、ストレスなく動画を視聴できるし、WordやExcelで作成した仕事の資料をチェックするのにも便利なんだよね。

僕はiPad Proと一緒に、Apple Pencilを持ち歩いてるんだ。

文字やイラストを滑らかに書けるApple Pencilは、iPad Proと一緒に使うのにおすすめのアイテム。

iPad Proは、専用ケースに入れて持ち歩いているんだけど、Apple Pencilも専用ケースに入れて持ち歩いているんだ。

僕が使っているApple Pencilケースは、WILLGOOのApple Pencilキャリングケース。

リチウムイオン電池が内蔵されているから、外出先でApple Pencilを充電することができる、便利なケースだよ。

 

WILLGOO Apple Pencilとアクセサリー用キャリングケース スペック

 

カラー ホワイト(蓋:ブラック)
サイズ 202mm×44mm×25mm
重量 132g
電池 リチウムイオン電池
バッテリー容量 1700 mAh
入力 5V
出力 0.3V-4.2V

 

使ってみて感じた、WILLGOO Apple Pencilとアクセサリー用キャリングケースの魅力

Apple Pencilをアクセサリー類をまとめて収納できる

WILLGOO キャリングケースは、シンプルで機能性に優れたデザインのケースなんだ。

梱包されている箱も、無駄な装飾は一切なく、スタイリッシュな見た目になっているよ。

箱をスライドして開封すると、キャリングケースと取扱説明書が入っているんだ。

取り出したWILLGOO キャリングケースは、蓋がブラック、本体がホワイトのカラーリング。

蓋を開けると、Apple Pencilスロットをはじめ、USBケーブルスロットなど様々な関連アクセサリーを収納できるスペースが用意されているよ。

紛失しやすいApple Pencilとアクセサリー類を、1つのキャリングケースにまとめて収納できるのは便利だね。

 

いつでもどこでもApple Pencilを充電できる

引用:Amazon.co.jp

WILLGOO キャリングケースには、リチウムイオン電池が内蔵されているんだ。

電池の容量は、1700mAh。

電池容量の少なくなった、iPhoneなどのスマホをフル充電するには容量不足だけど、Apple Pencilの充電にはぴったりだよ。

本体の充電方法は、付属のマイクロUSBコネクタを、ケースのINPUTスロットに差し込んで、USBコネクタを充電アダプターに差し込むだけなんだ。

ケースの充電中は、ブルーのLEDが点灯するよ。

4つのLEDが全て点灯すれば、ケースの充電完了。

付属のLightning – USBケーブルとLightningアダプタを使えば、外出先でもApple Pencilを充電することができるよ。

Apple Pencilの充電方法は、とっても簡単。

付属のUSBケーブルを使って、Apple pencilとケースのOUTPUTを接続するだけなんだ。

Apple Pencilの内蔵バッテリー容量は、86mAh。

WILLGOO キャリングケースの内蔵バッテリーを使えば、約10回充電できるんだよね。

 

コンパクトで持ち運びしやすい

引用:Amazon.co.jp

WILLGOO キャリングケースは、携帯性に優れているのも魅力の1つ。

本体の長さは約20cmだから、鞄の中に入れて持ち運びしやすいんだ。

黒い蓋と白い本体とは、マグネットで吸着する仕組みになっているよ。

引用:Amazon.co.jp

アクセサリー類が飛び出さないよう、磁気の力でしっかりと保護してくれるんだ。

 

使ってみて感じた、WILLGOO Apple Pencilとアクセサリー用キャリングケースの気になる点

Lightning – USBケーブルかmicroUSB – USBケーブルの両方を収納できない

WILLGOO キャリングケースには、USBケーブルを収納するためのスロットが用意されているんだ。

引用:Amazon.co.jp

でも、付属のUSBケーブルは、Lightning – USBケーブルとmicroUSB – USBケーブルの2種類。

Lightning – USBケーブルは、Apple Pencilを充電する際に使うケーブル。

microUSB – USBケーブルは、キャリングケース本体を充電するために使うケーブルなんだ。

キャリングケースには、USBケーブル1本分のスロットしか用意されていないんだよね。

僕は普段、Lightning – USBケーブルを入れて持ち運んでいるよ。

Lightning – USBケーブルがあれば、外出先でもApple Pencilを接続して充電することができるからね。

microUSB – USBケーブルは、自宅でキャリングケース本体を充電する際に使うようにしているんだ。

USBケーブルをキャリングケースに入れて持ち運ぶのであれば、Lightning – USBケーブルを収納しておくのがおすすめだよ。

 

Apple Pencilを充電する際、蓋を開けておく必要がある

WILLGOO キャリングケースを使ってApple Pencilを充電する際、蓋を開けておく必要があるんだ。

設計上、Lightning – USBケーブルをケース本体と接続させるためには、蓋が邪魔なんだよね。

Apple Pencilを使い終わった後、ケースに収納した状態で充電できれば便利なんだけど、USBケーブルとApple Pencilを接続した状態だと、ケース内に収まらないんだ。

Apple Pencilを充電する際は、蓋を取り外してApple Pencilをケースの外に出しておく必要があるんだよね。

 

さいごに

WILLGOO Apple Pencilとアクセサリー用キャリングケースは、リチウムイオン電池が内蔵された、Apple Pencilを充電することもできるケースだよ。

コンパクトで持ち運びしやすく、スタイリッシュなデザインが魅力なんだ。

リチウムイオン電池をフル充電しておけば、Apple Pencilを約10回充電できるんだよね。

外出先でApple Pencilを使う機会の多い人には、おすすめのキャリングケースだよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください