おすすめ記事

MacのCapsLockキーには「Command」か「Control」を割り当てるのが最適解

capslock

こんにちは、いちもくです。

今までWindows PCを使っていた人は、Macに乗り換えて最初に戸惑うのが「Command」キーの位置ではないでしょうか?

「Command」キーとは、Windowsでいうところの「Ctrl」キーの用途に近いキー。

Windowsであれば小指で「Ctrl」キーを押さえて、さまざまなショートカットを駆使できます。

でもMacの場合は、親指で「Command」キーを押さえて人差し指をクロスさせる必要があるため、違和感を感じてしまう人は多いはず。

Windowsでいう「Ctrl」キーの位置には、Macの場合「CapsLock」キーが配置されているんです。

CapsLockキーは、日本語ユーザーだとほとんど使用する機会がありません。

そんなCapsLockキーですが、実はほかのキーを割り当てることができるんです。

CapsLockキーに

  • Commandキー
  • Controlキー

のいずれかを割り当てることで、作業効率が驚くほど高まります。

今回は、CapsLockキーの有効活用方法について詳しく解説していきます。

 

そもそもなぜCapsLockキーがあるのか?

caps lock

CapsLockキー(キャプスロックキー)とは、”Capital Letters Lock Key”の略。

Capital Lettersは、アルファベットの大文字を意味しています。

つまりCapsLockキーとは、アルファベットを入力する際に大文字にロックすることができるキーなんです。

英語圏では、タイトルや文章を強調したいときに、大文字で続けて書く場合があります。

そんなとき、CapsLockキーがあれば非常に便利。

でも普段日本語入力しかしない人は、CapsLockキーを使う機会はほとんどありません。

Macには、そんなCapsLockキーに別なキーを割り当てられる便利な機能が搭載されているんです。

 

「CapsLock」キーに割り当てるのにおすすめのキー

Commandキー

command

Windows PCとMacの両方を普段使いしている人であれば、CapsLockキーにCommandキーを割り当てるのが断然おすすめ。

ショートカットがすごぶる快適になります。

たとえば文章や画像をコピーする際、これまでは親指と人差し指をクロスして「command」+「C」ボタンを押していたはずです。

CapsLockキーにcommandキーを割り当てておけば、Windows PCを操作するのと同じように、小指と人差し指でショートカット操作が可能。

Windowsライクの操作で、サクサク作業を進めることができます。

 

Controlキー

control

プログラミングのツールでは、Controlキーを頻繁に使います。

そのため、CapsLockキーにControlキーを割り当てておけば、プログラミング作業が捗ります。

 

「CapsLock」キーの動作を変える方法

アップルメニューから「システム設定」を選択します。

アップルメニュー

サイドバーから「キーボード」を選択。

キーボード

右側にある「キーボードショートカット」ボタンをクリックして、

キーボードショートカット

メニューの中から「修飾キー」を選びます。

修飾キー
  • Caps Lock
  • Control
  • Option
  • Command
  • 地球儀

それぞれのキーに、実行したい操作を割り当てることができます。

一番上のCapsLockキーを選択して、プルダウンメニューを開けば、

メニュー
  • Caps Lock
  • Contorl
  • Option
  • Command
  • 地球儀キー
  • Esc
  • アクションなし

を選択可能。

好きなアクションを選択して、完了ボタンを押せば設定できます。

 

さいごに

今までWindows PCを使っていた人は、Macに乗り換えて最初に戸惑うのが「Command」キーの位置ではないでしょうか?

「Command」キーとは、Windowsでいうところの「Ctrl」キーの用途に近いキー。

Windowsであれば小指で「Ctrl」キーを押さえて、さまざまなショートカットを駆使できます。

でもMacの場合は、親指で「Command」キーを押さえて人差し指をクロスさせる必要があるため、違和感を感じてしまう人は多いはず。

Windowsでいう「Ctrl」キーの位置には、Macの場合「CapsLock」キーが配置されているんです。

CapsLockキーは、日本語ユーザーだとほとんど使用する機会がありません。

そんなCapsLockキーですが、実はほかのキーを割り当てることができるんです。

CapsLockキーに

  • Commandキー
  • Controlキー

のいずれかを割り当てることで、作業効率が驚くほど高まりますよ。

それじゃ、またね。

 

 

MacBook Airに液晶保護フィルムは必要ないと断言できる4つの理由こんにちは、いちもくです。 MacBook Airを買ったら、キズをつけないためにケースやキーボードカバーを用意するという人も多い...
Magic Keyboard
Touch ID 搭載 Magic Keyboard レビュー|M1 Macと相性抜群のワイヤレスキーボードこんにちは、いちもくです。 M1 MacBook ProやM1 MacBook Airを使っている人は、自宅やオフィスでクラムシェ...
マジックマウス
Apple 純正 Magic Mouse 2 レビュー|直感的なジェスチャー操作が快適な、電池持ち抜群のマウスこんにちは、いちもくです。 MacBook AirやMacBook Proで効率的に作業しようと思ったら、使いやすいマウスがあれば...
ZENLOノートパソコンスタンド
ZENLO ノートパソコンスタンド レビュー|安定感抜群のPC・タブレット用折りたたみスタンドこんにちは、いちもくです。 ノートパソコンを使ってデスクワークをしていると、目線が下がって猫背の状態になっていませんか? 姿...