「グランズレメディ」を使えば、本当に靴を消臭できるのか? 実際に使ってレビューしてみた

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、1日に何件も取引先を訪問するから、毎日1万歩以上歩くことが多いんだ。

夕方になると足が疲れてくるし、革靴の中が蒸れてニオイが気になってくるんだよね。

夜は取引先の人たちと飲みに行く機会も多いから、座敷で靴を脱ぐことも考えて、日頃から靴のメンテナンスには気を遣っているんだ。

長年靴のニオイ対策として利用しているのが、「グランズレメディ」。

白いパウダーを靴の中に振りまくだけで、驚くほどニオイが消える靴専用の除菌・消臭パウダーだよ。

 

グランズレメディ 商品概要

内容量 50g
原材料 タルク、ミョウバン、酸化亜鉛、香料等

 

使ってみて感じた、グランズレメディの魅力

使い方が簡単

グランズレメディは、ニュージーランドで生まれた足用消臭剤なんだ。

ニュージーランドでは、20年以上販売され続けている商品で、オーストラリアやイギリス、アメリカでも使われているよ。

使い方はとっても簡単。

パウダーの入った容器のフタを開けると

内フタの上に、計量スプーンが入っているんだ。

内フタを開けると、中にパウダーが50g入っているよ。

付属のスプーン1杯分パウダーをすくって

片方の靴に入れるんだ。

スプーンで取れるパウダーの量は、およそ0.5g。

靴に入れたら、左右に傾けたりゆすったりして、パウダーが靴の中全体に広がるようにするよ。

これを1日1回、7日間続けるだけなんだ。

白いパウダーの持つ、除菌・抗菌作用で、靴からニオイを簡単に取り去ることができるよ。

 

驚くほどの消臭効果

僕はグランズレメディを散布し始めてから、3日目で消臭効果を実感できたんだ。

商品説明には、7日間忘れずにパウダーを散布し続ければ、除菌効果は最長6か月間持続すると書かれているよ。

実際に、7回散布し終わった後の靴は、3か月経ってもほとんど臭わないんだ。

ただの白い粉にしか見えないのに、驚くほど強力な除菌・消臭・抗菌効果を持った商品なんだよね。

これだけの効果を発揮する理由は、原材料として使われている

タルク

ミョウバン

酸化亜鉛

に理由がありそうだね。

 

タルクとは?

タルクは、日本語で滑石(かっせき)と呼ばれている粘土鉱物の一種だよ。

水酸化マグネシウムとケイ酸塩でできている、天然の鉱物なんだ。

タルクは、ベビーパウダーや黒板用のチョークとしても使われることが多い素材なんだ。

非常に滑りやすい性質を持っているから、ミョウバンや酸化亜鉛などの消臭・除菌成分を靴全体に広げる役割も担っていそうだね。

グランズレメディのサラサラした触感は、このタルクが含まれているのが理由じゃないかな。

 

ミョウバンとは?

ミョウバンは、殺菌作用や制汗作用を持った物質なんだ。

消火剤や皮なめし剤、沈殿剤としても使われてきたもので、古代ローマ時代からさまざまな用途で用いられてきたものだよ。

殺菌作用や消臭作用に優れているから、靴の消臭成分として効果が期待できるね。

 

酸化亜鉛とは?

酸化亜鉛は、亜鉛の酸化物のことなんだ。

粒子が細かく、止血や鎮痛、防腐などの効果があるとされているよ。

収れん作用も持っているから、汗などの湿気を吸着して、靴の中を乾燥した状態に保つことができるんだ。

雑菌の繁殖を抑えて、ニオイを長期間抑えるのに役立つ物質だね。

 

グランズレメディに含まれている、これら3つの成分が、長期間にわたって「除菌」「消臭」「抗菌」効果を生み出してくれていると考えられるよ。

 

肌に触れても安心

グランズレメディに含まれている

タルク

ミョウバン

酸化亜鉛

は、食品添加物や化粧品にも使われることの多い成分なんだ。

だから散布する際に手に触れたり、素足に着いたとしても、肌に悪影響を及ぼす恐れが少ないんだよね。

傷口などがある場合は、パウダーが直接触れないように注意する必要があるけれど、基本的に体に害を及ぼすことは少ないと考えて大丈夫だろうね。

 

靴の中が乾燥してサラサラ状態になる

1日中革靴を履いていると、夕方には靴の中が蒸れてくるんだよね。

でも、グランズレメディを散布しておけば、ずっと靴の中が乾燥してサラサラなんだ。

湿気を取り除いてくれるから、1日中快適に過ごすことができるよ。

 

さまざまな靴に使える

僕は早朝や休日にジョギングしているんだけど、ジョギングシューズにもグランズレメディを散布してみたんだ。

散布する前は、ジョギングした後は汗で蒸れて気持ち悪かったんだよね。

でも、グランズレメディを散布しておけば、走り終わった後もサラサラで快適な状態がキープできているんだ。

革靴だけでなく、運動靴やスニーカーにも使える消臭アイテムだね。

ブーツのように蒸れやすい靴にも、グランズレメディはピッタリなんじゃないかな。

 

使ってみて感じた、グランズレメディの気になる点

散布中は靴下が真っ白になる

白いパウダーを散布した直後は、靴下にパウダーが付着してしまうんだ。

靴を脱いだ後、足の裏が真っ白になっていることもあるから、床を歩く際は注意が必要だよ。

床に白い足跡が付いてしまうことがあるからね。

靴を脱いで座敷に上がることが分かっている日は、グランズレメディの散布は避けた方がいいかもしれないね。

もっとも、床に白い足跡が付いてしまうほど靴下にパウダーが付着してしまうのは、靴を履いた後すぐに脱いだ時くらいなんだ。

靴を履いて1時間くらい歩いた後であれば、「靴下が若干白くなっているかな?」といった程度で、足跡が残るほどではないよ。

 

靴を洗うと効果が薄れてしまう

グランズレメディを7日間散布すれば、除菌・消臭・抗菌効果は最長6か月間持続するんだ。

でも、靴を洗ったり雨が染み込んで中まで濡れてしまうと、効果が薄れてしまうんだよね。

運動靴などを洗った場合は、再度グランズレメディを散布しなおす必要があるかもしれないよ。

 

クールミントやフローラルの香りがほとんど感じられない

グランズレメディには、無香タイプと

クールミント

フローラル

の3種類の香りが用意されているんだ。

僕は3種類とも購入して使ったことがあるんだけれど、香りの違いがはほとんど分からなかったんだ。

ボトルを開けた際、若干香りが違うのかな?と言う程度。

靴の中に散布した後は特に、クールミントやフローラルの香りを感じられないほど微香性なんだよね。

だから最近は、無香タイプを買って使っているんだ。

 

さいごに

グランズレメディは、7日間散布すれば驚くほど長期間に渡って除菌・消臭・抗菌効果が期待できるアイテムなんだ。

散布期間中は、「足跡」に注意する必要があるけれど、散布が終わった後はとっても快適に靴を履くことができるよ。

僕はスニーカーや革靴が大好きで、自宅に20足くらい持っているんだけど、新しい靴を買ったらすぐにグランズレメディを散布してから履いているんだ。

一度散布が終われば、半年近くニオイを抑えてくれるから、50gのボトルを全部使いきるのに結構時間がかかるんだよね。

グランズレメディは、コスパにも優れた安全で強力な靴消臭アイテムだと思うよ。

じゃ、またね。

created by Rinker
グランズレメディ

スポンサードリンク