商品レビュー記事

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン レビュー|Apple Pencilに限りなく近い、コスパ最高のiPad用タッチペン

gd13

こんにちは、いちもくです。

Apple Pencilを使ってみたいけれど、使い道は手書きメモを取る程度だから、完全にオーバースペックなんだよな、なんて人は多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、GOOJODOG GD13 スタイラスペン

iPadでマグネット充電ができるなど、Apple Pencil第2世代に限りなく近いスタイラスペンなんです。

何より魅力的なのは、Apple Pencilの4分の1以下の価格で購入できるところ。

今回は、そんなGOOJODOG GD13 スタイラスペンを実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

GOOJODOQ GD13 スタイラスペンの概要

箱

箱の中には

  • スタイラスペン本体
  • 収納ケース
  • 替え芯
  • 取り扱い説明書

が入っています。

箱の中身

GD13 スタイラスペンのサイズは、直径8.9mm×長さ166mm。

外観

Apple Pencil 第2世代とほぼ同じサイズです。

重量は約14.5g。

Apple Pencil 第2世代が18.01gなので、約3.5g軽くなっています。

手に持った瞬間、明らかにApple Pencilよりも軽いことが実感できます。

手

表面は光沢のある艶出し仕上げ。

長時間使用していても滑りにくく、疲れにくいのが魅力です。

表面

ペントップには、物理ボタンを配置。

ボタンを押すことで、電源のオン・オフが切り替えられます。

ペントップ

物理ボタンにはインジケーターライトが付いており、バッテリー残量を色で確認することができます。

バッテリー残量
緑色 80〜100%
青色 20〜80%
赤色 20%未満

GD13 スタイラスペンを充電するためには、マグネット充電に対応したiPadが必須です。
USB給電はできません。

ペンをiPadに近づけると、パチッとしっかり吸着してくれます。

吸着充電

自動的にインジケーターライトが点滅し始め、充電が開始します。

充電開始

付属の替え芯は、Apple Pencilでも使用可能。

GD13 スタイラスペンのペン先をクルクル回すことで、簡単に交換することができます。

ケース

収納ケースは合皮製で、高級感があります。

 

使ってみて感じた、GOOJODOQ GD13 スタイラスペンの魅力

iPadでマグネット充電ができる

マグネット充電引用:Amazon.co.jp

スタイラスペンの充電方法は、Apple Pencil 第2世代と同じ。

iPadの側面に接着して、無接点充電となります。

これまでのサードパーティ製スタイラスペンは、マグネットによる側面吸着はできても、ワイヤレス充電には対応していないものしかありませんでした。

GD13 スタイラスペンであれば、iPad側面にマグネットでくっつけるだけで充電が可能。

スタイラスペンのバッテリー残量を気にすることなく、いつでも使いつづけることができます。

 

電源ボタンがあるから、バッテリー切れを防げる

バッテリー引用:Amazon.co.jp

ペントップには、物理ボタンが搭載されています。

電源オンにするためには、物理ボタンを1回プッシュ。

電源をオフにする際は、物理ボタンを3秒長押しします。

Apple Pencil 第2世代は、本体の電源をオン・オフできません。

だから充電せずにほったらかしにしておくと、いざ使おうとしたときにバッテリーが切れていることがあるんです。

GD13 スタイラスペンであれば、使い終わった際に電源をオフにしておくことで、充電切れを防ぐことができます。

 

傾き検知やパームリジェクションに対応している

パームリジェクション引用:Amazon.co.jp

ペン先は、Apple Pencilと同じく固定式。

ペン先が沈み込まないため、Apple Pencilと同じような書き心地を楽しめます。

GD13 スタイラスペンは、Apple Pencilが対応している

  • 傾き検知
  • パームリジェクション

といった機能も対応しています。

傾き検知とは、iPadの画面に対してペンがどのような角度になっているのかが、線に反映されるという機能。

この機能によって、リアルな鉛筆のような書き心地を再現してくれます。

そしてパームリジェクションとは、小指など手の一部が画面に当たってもそれは認識せず、ペン先のみを認識するという機能です。

  • 傾き検知
  • パームリジェクション

といった機能で、まるで紙に筆記しているかのように、ごく自然な形でスタイラスペンを利用することができます。

 

使ってみて感じた、GOOJODOQ GD13 スタイラスペンの気になる点

筆圧検知には対応していない

快適使用引用:Amazon.co.jp

GD13 スタイラスペンは、筆圧検知には非対応。

筆圧検知とは、ペン先に込める力の下限によって、描画できる線の太さや濃さが変化するという機能。

そのため、ペン先の強弱に関係なく、線は一定の太さとなってしまいます。

スタイラスペンを使う用途がメモ書き程度で、イラストを描くことはないというひとにとっては、特に問題ないポイントかもしれません。

 

iPadのバッテリーがみるみる消費される

吸着充電

GD13 スタイラスペンをiPadに吸着させたままにすると、iPadのバッテリーがみるみる減っていきます。

おそらく、スタイラスペンが延々と充電と放電を繰り返し、iPadのバッテリーを吸い取っていたようです。

僕の場合、フル充電させた11インチiPad ProにGD13 スタイラスペンをつけっぱなしにし、2日間放置していたらバッテリーが0%になっていました。

しばらく使用しないときは、iPadからスタイラスペンを取り外しておくのがおすすめです。

 

磁気吸着対応モデルのiPadでしか使えない

互換性引用:Amazon.co.jp

GD3 スタイラスペンは、USB給電ができません。

そのため、充電するためには必ず磁気吸着に対応したiPadが必要。

対応モデルは

iPad Pro 12.9 inch第3世代/第4世代/第5世代A1876/A2014/A1895/A1983/A2229/A2069/A2232/A2233/A2378/A2379/A2461/A2462)

iPad Pro 11 inch第1世代/第2世代/第3世代(A1980/A2013/A1934/A1979/A2228/A2068/A2230/A2231/A2377/A2459/A2301/A2460)

iPad Air 10.9 inch第4世代/第5世代

(A2316/A2324/A2325/A2072/A2588/A2589/A2591)
iPad mini第6世代(A2567/A2568/A2569)
となっています。

 

ペアリングしなくても使える

基本的に、GD13 スタイラスペンはiPadとBluetooth接続して使えるよう設計されています。

でも、Bluetooth接続しなくても、電源さえオンにすればタッチペン・スタイラスペンとして使用可能。

ペアリングしなければ、複数台のiPadで同時に利用することもも可能です。

ペアリングするメリットは、iPadのウィジェットでスタイラスペンのバッテリー残量が確認できること。

  • 複数台のiPadでスタイラスペンを使いたい人は、ペアリングなし
  • 特定のiPadでスタイラスペンを使う人は、ペアリングあり

といった使い分けをするのもおすすめです。

 

さいごに

Apple Pencilを使ってみたいけれど、使い道は手書きメモを取る程度だから、完全にオーバースペックなんだよな、なんて人は多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、GOOJODOG GD13 スタイラスペン。

iPadでマグネット充電ができるなど、Apple Pencil第2世代に限りなく近いスタイラスペンなんです。

何より魅力的なのは、Apple Pencilの4分の1以下の価格で購入できるところ。

気軽に使える、高性能のおすすめスタイラスペンですよ

それじゃ、またね。

 

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン スペック

サイズ 直径8.9mm×長さ166mm
重量 13.48g
充電時間 約2~2.5時間
連続使用時間 約10時間
材質 アルミニウム合金、ABS樹脂
入力電圧 5V/2A
傾き検知 対応
パームリジェクション 対応

 

 

ipadproケース
Apple Pencilが収納できる、iPad Pro 9.7インチ用ケースのおすすめ6選こんにちは、いちもくです。 iPad Pro 9.7インチと一緒に、Apple Pencilを持ち歩けたら便利だと思いませんか? ...
液晶保護フィルム
Apple Pencilとの相性が良い、iPad Pro 9.7インチ用液晶保護フィルムのおすすめ8選こんにちは、いちもくです。 iPad Pro 9.7インチに、Apple Pencilと相性の良い液晶保護フィルムを貼ったら、書き...
液晶保護フィルム
GLASS SCREEN PRO PREMIUM TEMPERED レビュー|耐衝撃・防指紋性能に優れたiPad Pro 9.7インチ用液晶保護フィルムこんにちは、いちもくです。 画面が大きなiPad Proだからこそ、液晶画面に傷や汚れなどがつかないか心配ではありませんか? ...
Palmo パルモ タブレットケース レビュー|片手で持ちやすい、シリコン製のiPad落下防止ケースこんにちは、いちもくです。 電子書籍を読む機会が多い人は、画面の大きなタブレットを使っているという人も多いのではないでしょうか? ...