ライフスタイル

傘のシェアリング「アイカサ」がとっても便利|24時間70円で借りられる!

アイカサ

こんにちは、いちもくです。

突然雨が降ってきたとき、傘を持っていないから仕方なくコンビニでビニール傘を買ったという経験はありませんか?

出かける前に折り畳み傘を用意しておけばいいのでしょうが、うっかり忘れてしまうこともあれば、荷物になるから面倒だという人も多いはず。

そんな人におすすめなのが、傘のシェアリングサービス「アイカサ」です。

アイカサとは、駅やコンビニに設置されている専用の傘立てから、24時間70円で傘を借りることができるシェアリングサービス。

2021年11月の時点で、なんと20万人以上の方が利用しています。

傘を借りることができるスポットは、全国10都道府県に約850箇所。

急に傘が必要になったときも、傘を持ち歩くのが面倒なときも、アイカサを利用すれば困ることはありません。

今回は、そんなアイカサを実際に利用してみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

アイカサとは?

アイカサ引用:アイカサ

アイカサは、株式会社Nature Innovation Groupが運営する、傘のシェアリングサービスです。

駅やコンビニに設置された専用の傘立てから、好きなときに傘を借りることが可能。

利用料金は、24時間70円からとなっています。

アイカサ引用:アイカサ

ビニール傘を借りるより、断然安上がりなのが魅力。

日本では、年間8000万本のビニール傘が消費されています。

我が家にも、いつ購入したのか忘れてしまったビニール傘が4~5本あるのですが、はっきり言って無駄でしかありません。

使う機会が少なく、いずれはゴミになってしまうことを考えると、「傘は買うのではなく借りる」というのが合理的で、かつ環境にも優しいと言えるでしょう。

アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
開発元:株式会社NatureInnovationGroup
無料
posted withアプリーチ

 

使ってみて感じた、アイカサの魅力

傘を持ち歩かなくて済む

傘

アイカサを利用するようになってからは、会社に通勤する際に傘を持ち歩かなくなりました。

それまでは、夕方から雨の予報が出ている日は、折り畳み傘を持っていくようにしていたんです。

折り畳み傘は、カバンの中で意外と場所を取ってしまうもの。

折り畳み傘を持ち歩かなくても、自宅や会社近くのスポットでアイカサを借りれば、雨に濡れる心配がありません。

帰りに雨が降った場合は、会社の近くのスポットでアイカサを借りて、最寄り駅で一旦返却。

電車を降りたら、駅であらためてアイカサを借りて自宅に帰り、翌朝駅のスポットへアイカサを返却しています。

これが思った以上に快適なんです。

濡れた傘を持って電車に乗らずに済むので、荷物が濡れる心配もなく、周囲の人に気を遣う必要もなくなりました。

 

費用は1日わずか70円

アイカサ引用:アイカサ

アイカサの利用料金は、1日あたり70円。

1日のうち、何回借りても70円しかかかりません。

だから

  • 朝の通勤で、駅から会社近くのスポットまで借りる
  • 夕方の通勤で、会社から駅まで借りる
  • 自宅近くの駅に着いたら、駅から自宅まで借りて、翌朝返却する

といった使い方をしても、24時間以内であれば70円で済むんです。

さらに、1か月の課金上限額は420円なので、6日以上使った場合でも追加料金は請求されません。

ビニール傘を1本買うより、断然安くてお得ですね。

ちなみに、アイカサには使い放題プランも用意されていますが、こちらは月額280円。

月内は何度も借りられるだけでなく、一度に2本まで同時に借りることができます。

 

アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
開発元:株式会社NatureInnovationGroup
無料
posted withアプリーチ

 

大人の男性も使いやすい大きめサイズ

傘のサイズは、約70cm。

大人の男性でも使いやすいサイズです。

面白いのは、エリアによっては限定デザインの傘が用意されているところ。

twitterでは、地域限定デザインのアイカサ画像が多数アップされています。

 

 

 

 

アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
開発元:株式会社NatureInnovationGroup
無料
posted withアプリーチ

 

使ってみて感じた、アイカサの気になる点

利用可能エリアは限られている

アイカサ引用:アイカサ

アイカサは、

関東 東京、神奈川、埼玉、茨城
中部 愛知
関西 大阪、兵庫
九州 福岡
中国・四国 岡山

で利用できます。

傘ラックの数は850か所以上用意されており、利用できる傘の数は全国で1万本以上。

傘ラックの設置場所は、無料でダウンロードできるアプリや、公式サイトのマップで検索することができます。

傘ラックが設置されている場所は、主に

  • コンビニ
  • 商業施設
  • オフィスビル

など。

設置場所は日々更新されています。

 

支払方法が限定されている

アイカサ引用:アイカサ

アイカサを利用するためには、スマホにアプリをダウンロードする必要があります。

支払方法は、アプリ内で選択可能。

  • クレジットカード(Visa/MasterCard/JCB/Diners Club Card/American Express)
  • エポスカード
  • LINE Pay
  • d払い
  • auかんたん決済

の5つから選べます。

 

傘をなくしたら864円請求される

アイカサ引用:アイカサ

もしも借りた傘をなくしてしまった場合、紛失手数料として税込864円が請求されます。

傘を紛失した際は、公式アプリのマイページから紛失申請をします。

申請しておかないと、延々と課金され続けることになってしまいます。

ほかにも、使っている最中に傘が壊れてしまった場合は、必ず問い合わせ窓口に連絡する必要があります。

壊れてしまったことを連絡しておけば、追加料金を請求されることはありません。

 

さいごに

突然雨が降ってきたとき、傘を持っていないから仕方なくコンビニでビニール傘を買ったという経験はありませんか?

出かける前に折り畳み傘を用意しておけばいいのでしょうが、うっかり忘れてしまうこともあれば、荷物になるから面倒だという人も多いはず。

そんな人におすすめなのが、傘のシェアリングサービス「アイカサ」です。

アイカサとは、駅やコンビニに設置されている専用の傘立てから、24時間70円で傘を借りることができるシェアリングサービス。

2021年11月の時点で、なんと20万人以上の方が利用しています。

傘を借りることができるスポットは、全国10都道府県に約850箇所。

急に傘が必要になったときも、傘を持ち歩くのが面倒なときも、アイカサを使えば雨に濡れずに済みますよ。

それじゃ、またね。

 

アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
アイカサ -傘レンタルアプリ- iKASA
開発元:株式会社NatureInnovationGroup
無料
posted withアプリーチ

 

 

DELISH KITCHEN
DELISH KITCHENの特徴と使い方を徹底レビュー|レシピを動画でチェックできるアプリこんにちは、いちもくです。 料理のレシピ本やレシピサイトを利用しているけれど、文字と写真の説明だけではなかなか上手くつくれないとい...
タウンWi-Fi
街中のフリーWi-Fiに自動接続できる「タウンWiFi」が便利すぎる!こんにちは、いちもくです。 通信費を節約するために、外出先でフリーWi-Fiを利用できたらいいと思いませんか? でもカフェや...
モノを捨てる判断基準
家の中をスッキリ片付けるために、「モノを捨てる判断基準」を決めておこうこんにちは、いちもくです。 なぜだか分からないけれど、いつも部屋が散らかって不要なモノで溢れていませんか? その原因は、「す...

https://ichimokusan.info/covid19taisaku/