商品レビュー記事

ペリックス エルゴノミクスキーボート PERIBOARD-612 レビュー|腕や手首がとっても快適!人間工学に基づいて設計されたキーボード

エルゴノミクスキーボード

こんにちは、いちもくです。

長時間キーボードをタイピングし続けていると、肩や手首が疲れてきませんか?

その原因は、キーボードを操作する姿勢にあるかもしれません。

一般的なキーボードの場合、タイピングする際は手首を若干ひねった状態になってしまいます。

そんなキーボード使用時の負担を軽減するのにおすすめなのが、エルゴノミクスキーボード。

手指の動きが自然になるようデザインされたキーボードなので、通常のキーボードよりも疲労感が軽減します。

エルゴノミクスキーボードの中でも特におすすめなのが、ペリックス PERIBOARD-612

キーボードが立体的にカーブした3Dデザイン構造なので、指の動きを快適にサポートしてくれます。

Windows PCだけでなく、マックにもワイヤレス接続が可能。

今回は、そんなペリックス エルゴノミクスキーボード PERIBOARD-612を実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

ペリックス エルゴノミクスキーボート PERIBOARD-612の内容

箱の中身引用:Amazon.co.jp

箱の中には、

  • キーボード本体
  • 取扱説明書
  • Windows用キー(Winボタン2つ、Alt、Alt Gr)
  • キー取り外し用ツール

が入っています。

キーボードのサイズは、横幅485mm×奥行き236mm×高さ43mm。

キーボード外観

一般的なキーボードと比べると、ひとまわり大きいサイズになります。

デスクの奥行きがないと、かなり窮屈な状態で使うことになりそうです。

キーボードは電池式ですが、電池は付属していません。

裏面

単三乾電池を2本用意しておく必要があります。

乾電池は、裏面にセット。

乾電池

PCとの接続は、裏面に付属しているUSBレシーバーを使うか、Bluetooth接続を使用します。

デュアルワイヤレスモード引用:Amazon.co.jp

USBレシーバーを使う場合は、PCに接続してキーボード裏面にある無線切り替えスイッチをOFFから2.4に変更するだけ。

Bluetooth接続する場合は、無線切り替えスイッチをOFFからBTに変更するだけです。

無線切り替えスイッチの隣には、OS切り替えスイッチも搭載。

OS切り替えスイッチ引用:Amazon.co.jp

WindowsとMacに対応しているので、ボタン1つで無線接続先を切り替えることができます。

 

使ってみて感じた、ペリックス エルゴノミクスキーボート PERIBOARD-612の魅力

手首や腕が疲れにくい

疲れにくい引用:Amazon.co.jp

PERIBOARD-612は、キーが中央で左右に分かれて扇状に並んでいます。

中央に向かうにつれ高くなっているので、親指が上に、小指が下にくる自然な姿勢を維持できます。

自然なフォームでタイピングできるので、長時間タイピングし続けても疲れにくいのが特徴。

さらに、キーボードと一体型のパームレストも搭載されており、タイプ中の手首をしっかりサポート。

パームレスト引用:Amazon.co.jp

手首をパームレストに置いたままタイプすれば、疲れをほとんど感じません。

 

WindowsとMacの両方に対応している

OS対応引用:Amazon.co.jp

裏面に搭載されたOS切り替えスイッチを操作すれば、ワイヤレス接続先をWindowsとMacのいずれかに切り替え可能。

僕は普段Macを使っているのですが、デフォルト状態のキーボードはWindowsの配列になっていました。

付属のキー取り外しツールを使って、キートップを交換。

キートップ交換引用:Amazon.co.jp

スペースキー横の左右4つのキーを付け替えれば、普段使っているMacと同配列のキーボードにカスタマイズできます。

 

USBレシーバー接続・Bluetooth接続が選べる

接続方法引用:Amazon.co.jp

接続設定はとっても簡単。

2.4GHzとBluetooth4.0の両方に対応しているので、本体裏面の無線切り替えスイッチを使って切り替えできます。

2.4GHz接続はとっても簡単。

裏面に収納されているUSBレシーバーをPCに接続し、キーボード裏面にある無線切り替えスイッチをOFFから2.4に切り替えるだけです。

 

使ってみて感じた、ペリックス エルゴノミクスキーボート PERIBOARD-612の気になる点

キーボードはUS配列

キー配列引用:Amazon.co.jp

キーボードはUS配列です。

だから表示はアルファベットと数字のみ。

日本語表記はありません。

普段日本語キーボードを使用している人は、キー配列の違いに戸惑うかもしれません。

特に記号の配列に違いがあり、

「:」

「;」

は同じキーが割り当てられており、シフトキーを押さなければ「:」が打てない仕様になっています。

Homeキー

Endキー

などの配列も日本語キーボードとは異なるので、慣れるまでは注意が必要です。

 

キーのタッチ感は柔らかめ

キータッチ引用:Amazon.co.jp

キータッチはカッチリしているというよりも、割と柔らかい印象です。

カチャカチャ

というより、

フニャフニャ

と表現した方がしっくりくる感じ。

メカニカルキーボードのようなしっかりとした打ち心地ではありません。

特にスペースキーは柔らかく、フニャッとした打ち心地。

その分、音がうるさくないので、静かなオフィスで使用するのにはおすすめです。

 

さいごに

長時間キーボードをタイピングし続けていると、肩や手首が疲れてきませんか?

その原因は、キーボードを操作する姿勢にあるのかもしれません。

一般的なキーボードの場合、タイピングする際は手首を若干ひねった状態になってしまいます。

そんなキーボード使用時の負担を軽減するのにおすすめなのが、エルゴノミクスキーボード。

手指の動きが自然になるようデザインされたキーボードなので、通常のキーボードよりも疲労感が軽減します。

エルゴノミクスキーボードの中でも特におすすめなのが、ペリックス PERIBOARD-612。

キーボードが立体的にカーブした3Dデザイン構造なので、指の動きを快適にサポートしてくれます。

Windows PCだけでなく、マックにもワイヤレス接続が可能な、おすすめのエルゴノミクスキーボードですよ。

それじゃ、またね。

 

ペリックス エルゴノミクスキーボート PERIBOARD-612 スペック

サイズ 横幅485mm×奥行き236mm×高さ43mm
重量 約900g
接続方法 2.4GHz、Bluetooth4.0
対応OS Windows、Mac

 

 

大型マウスパッド
Havit 大型マウスパッド HV-MP855 レビュー|机に広げるだけでマウス操作が驚くほど快適に!こんにちは、いちもくです。 FPS系ゲームに慣れてくると、もっと大きくマウスを動かしたい衝動に駆られませんか? そんな人にお...
ZENLOノートパソコンスタンド
ZENLO ノートパソコンスタンド レビュー|安定感抜群のPC・タブレット用折りたたみスタンドこんにちは、いちもくです。 ノートパソコンを使ってデスクワークをしていると、目線が下がって猫背の状態になっていませんか? 姿...
テンキーボード
Levens ワイヤレステンキーボード レビュー|ノートパソコンを開いたらすぐに使える、軽くて持ち運びしやすいテンキーボードこんにちは、いちもくです。 外出先でPC作業する際、ワイヤレステンキーボードがあれば数字入力がとっても楽になります。 僕は営...
エルゴノミクスマウス
サンワダイレクト エルゴノミクスマウス 400-MABT127 レビュー|Bluetoothを使って、3台のパソコンとマルチペアリングが可能こんにちは、いちもくです。 マウスを長時間使い続けていると、腕や手首が痛くなってくることはありませんか? そんな人におすすめ...