三菱鉛筆 はん蔵 速乾デラックスタイプ HLDS801 レビュー|耐久性のある、おすすめの印鑑ホルダー

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は営業の仕事をしているのですが、見積書や社内の書類に印鑑を押す機会が多いんです。

電子印鑑を使う機会もあるのですが、やっぱりまだ朱肉を使う印鑑が必要な場合は多いんですよね。

でも、印鑑と朱肉を別々に持ち歩くのは、結構面倒なんです。

シャチハタ印が使えない場面もあるので、僕は三菱鉛筆の『はん蔵 速乾デラックスタイプ』に印鑑をセットして持ち歩いています。

 

はん蔵 速乾デラックスタイプとは

三菱鉛筆の「はん蔵」には、廉価版の商品もあります。

 

どちらも印鑑をセットするだけで、ワンタッチ式の印鑑として使えます。

廉価版とデラックスタイプの大きな違いは、連続捺印回数です。

廉価版は1つの朱肉カートリッジで、約500回の連続捺印ができます。

このデラックスタイプは、約2,000回の連続捺印ができます。

 

商品スペック

商品名 はん蔵 速乾デラックスタイプ
型番 HLDS801
捺印回数 約2,000回
重量 26.8g
サイズ 縦20.1×横23.5×高さ105.6mm

 

特徴

印鑑を入れるだけ

画像引用元:三菱鉛筆

持っている印鑑を『はん蔵 速乾デラックスタイプ』に入れるだけで、ワンタッチ式の印鑑として使えます。

印鑑をはん蔵に入れたら、朱肉にピッタリ当たるように、調整ネジをコイン等で回転させて調整します。

 

連続捺印回数2,000回

画像引用元:三菱鉛筆

朱肉はカートリッジになっています。

1つの朱肉カートリッジで、約2,000回捺印できます。

 

速乾インク

画像引用元:三菱鉛筆

カートリッジの朱肉は、速乾インクが使われています。

普通紙に捺印すると、10秒~20秒で乾燥します。

 

10~12mmの印鑑に対応

画像引用元:三菱鉛筆

丸印の場合、10~12mmの印鑑が使えます。

小判印の場合は、10.5~12mmの印鑑が使えます。

直径9mmの印鑑を使いたい場合は、付属の「回り止めシール」を使えば、はん蔵 速乾デラックスタイプで使えるようになります。

 

使ってみて感じた、はん蔵の魅力

カラーが選べる

はん蔵 速乾デラックスタイプには、4種類の色が用意されています。

黒と

 

メタリックブルー

 

メタリックピンク

 

銀の4種類あります。

 

印鑑ケース・朱肉がいらない

はん蔵 速乾デラックスタイプには、本体に朱肉カートリッジが付いているので、朱肉を別に持ち歩く必要がありません。

それに、印鑑ケースも必要ありません。

印鑑をはん蔵に入れると、通常の印鑑のサイズよりも大きくなりますが、印鑑ケースが必要なくなるし、そのまま使えるからとっても便利です。

 

使えば使うほど馴染んでくる

画像引用元:三菱鉛筆

使用する印鑑によっては、最初の調整の際に少し手間取る場合もあります。

僕は12mmの印鑑をセットしようとした際、斜めに入ってしまって調整に手間取ってしまいました。

太い印鑑の場合、ガッチリとはん蔵に固定されるので、印鑑が真っ直ぐ捺印できるように向きを考えてセットする必要があります。

ほかにも、使い始めはインクが濃く出ていました。

これも、調整ネジを回すことで改善できます。

一度調整ができれば、使えば使うほど、インクの濃さも印影も馴染んできます。

 

連続して捺印できる

たくさんの書類に捺印しなければいけない場面では、次々押せるのですごく便利です。

一度押した後は、朱肉カートリッジに印鑑が触れるので、同じ濃さで連続捺印できます。

 

耐久性がある

僕は会社のデスクで使うだけでなく、鞄に入れて持ち歩くことも多いんです。

たまに床へ落としてしまうこともあるのですが、傷つくことはほとんどありません。

使い始めて半年くらい経ちますが、1日に50回以上捺印しても、壊れることなく使えています。

以前使っていた商品は、はん蔵 速乾デラックスタイプよりも安価な商品でしたが、使い始めて3か月くらいで壊れてしまったんです。

耐久性は抜群ですね。

 

はん蔵の気になる点

印鑑によっては調整に時間がかかる

画像引用元:三菱鉛筆

僕は直径12mmの印鑑を入れていますが、最初の調整に時間がかかってしまいました。

印鑑を入れる際、力を入れて押し込まないと入らないんです。

細い印鑑であれば、スムーズに出し入れできると思います。

印鑑のサイズによって、調整に手間取ることもあるかもしれません。

 

ロック機能がない

はん蔵デラックスには、ロック機能がありません。

ポケットや鞄の中に入れて持ち歩く際は、注意が必要です。

僕は持ち歩く際、ペンケースの中に入れています。

こうしておけば、誤って書類や鞄に捺印してしまうことはありません。

 

印鑑が抜けにくい

画像引用元:三菱鉛筆

僕は12mmの印鑑を入れて使っているのですが、きつく固定されているので、印鑑を抜きたい場合は手間取りそうです。

しばらくは買い替える予定はないので、はん蔵デラックスが壊れるまで使おうと思っています。

でも、もし印鑑を抜きたい場面が出てきた際は、うまく取り外せるかどうか心配です。

 

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ

1日に何度も捺印する機会のある人

同じインクの濃さで連続して捺印したい人

朱肉を探す手間と時間を省きたい人

シャチハタ印が使えない場面が多い人

印鑑を持ち歩く機会の多い人

 

さいごに

はん蔵 速乾デラックスタイプは、印鑑の種類によっては最初の設定に手間取る場合もあるかもしれません。

でも、一度使い始めたらその便利さに手放せなくなると思います。

印鑑を持ち歩く機会の多い営業マンは、鞄の中や机の中に1つ持っておくと便利だと思います。

仕事で印鑑を押す機会が少ない人でも、自宅の玄関に1つ置いておけば、宅配の受け取りもスムーズだと思いますよ。

ではでは。

 

 

スポンサードリンク