Levens ワイヤレステンキーボード レビュー|軽くて柔らかいキータッチが魅力の外付けテンキーボード

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、外出先ではノートパソコンを使って仕事をしているんだ。

普段持ち運ぶことの多いノートパソコンは、テンキーレスキーボードなんだよね。

見積書をつくったり、営業資料を作成する際は、数字を頻繁に入力することがあるから、外付けテンキーを接続して使っているんだ。

外出先ではケーブルが邪魔になることもあるから、ワイヤレステンキーボードを使っているよ。

僕が使っているワイヤレステンキーボードは、Levensのワイヤレステンキーボード。

薄くて耐久性に優れた、持ち運びしやすいテンキーボードなんだ。

 

Levens ワイヤレステンキーボード スペック

 

サイズ 133 X86X12mm
重さ 85g
キー配列 18キー
電波周波数 2.4GHz
適応システム IOS、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 10、windowns98/95/NT/ME
操作範囲 約10m

 

使ってみて感じた、Levens ワイヤレステンキーボードの魅力

すぐに使える

引用:Amazon.co.jp

Levens ワイヤレステンキーボードは、小型のUSBレシーバーを使ってパソコンと接続するんだ。

引用:Amazon.co.jp

ドライバなどをパソコンにインストールする必要なく、USBレシーバーを差し込むだけの簡単設定なんだよね。

USBレシーバーは、テンキーボードの裏蓋をはずせば、収納することができるよ。

使わないときは、テンキーボード本体に収納しておけば、無くす心配もないんだよね。

僕はノートパソコンを持ち運ぶ際、USBレシーバーをポートに差し込んだままにしているんだ。

ノートパソコンを開いたら、テンキーボードがすぐに使える状態になるから便利だよ。

 

最大10m離れた場所でも使える

引用:Amazon.co.jp

Levens ワイヤレステンキーボードは、2.4G無線通信技術を採用しているだ。

安定した通信が実現できるから、途切れることなく快適に数字を入力することができるよ。

2.4G無線通信技術は、安定しているだけでなく離れていても通信できるのが魅力なんだ。

最大伝送距離は、約10m。

そんなに離れた場所でテンキーボードを使うことなんてまずないけれど、ノートパソコンとテンキーボードの間にちょっとした障害物があっても、ちゃんと文字が入力できるんだ。

 

薄くて持ち運びが楽

引用:Amazon.co.jp

Levens ワイヤレステンキーボードを使っていて、一番魅力に感じるのが、薄さと軽さ。

重量はわずか85gしかないんだ。

カバンに入れて持ち運ぶのに、全く邪魔にならないんだよね。

PCバッグのポケットに入れておけば、使いたいときにサッと取り出して使えるから便利だよ。

 

長時間使っても疲れにくい

引用:Amazon.co.jp

Levens ワイヤレステンキーボードは、平らな机の上に置いた際、15度の傾斜がつくよう設計されているんだ。

軽くて柔らかいキータッチだから、長時間使っても疲れにくくなっているよ。

テンキーボードの裏面には、滑り止めマットが付いているよ。

キーを押すたびにテンキーボードがずれると、作業効率が悪いし疲れやすくなってしまうんだ。

滑り止めマットがズレを防いで、安定したタイピングを助けてくれるよ。

 

使ってみて感じた、Levens ワイヤレス テンキーボードの気になる点

電池交換は2か月に1回

僕が外出先でノートパソコンを使う頻度は、1日に3時間ほど。

そのときは必ず、Levens ワイヤレステンキーボードを一緒に使っているんだ。

10分間テンキーボードを操作しないと、自動的にスリープモードに入るようになっているから、無駄な電池の消耗を防いでくれるよ。

引用:Amazon.co.jp

スリープモードから復帰する方法は、いずれかのキーを押すだけ。

使用頻度にもよるけれど、僕の使い方だと2か月に1回新しい電池に交換する必要があるんだ。

突然の電池切れに備えて、カバンの中には予備の電池を1本入れて持ち歩いているよ。

 

さいごに

Levens ワイヤレステンキーボードは、薄くて持ち運びに便利なワイヤレステンキーボードなんだ。

軽くて柔らかいキータッチだから、長時間作業しても疲れにくいのが魅力なんだよね。

外出先で表計算ソフトを使う機会の多い人に、おすすめのワイヤレステンキーボードだよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク