ボクシングの練習に最適なメンズトレーニングウエア8選|練習に最適なウエアの条件とは

スポンサードリンク



いちもくです。

僕はボクシングジムに通っているのですが、以前はトレーニングマシンやプールが利用できるスポーツジムに通っていました。

スポーツジムに通っていた時から、機能性に優れたウエアを使っていました。

普段着にも使えるTシャツや、学生時代に使っていたジャージでトレーニングしてもいいのですが、オシャレで機能性に優れたウエアを揃えた方が、やる気につながるんです。

ボクシングジムで練習するようになってからは、練習内容や体の動きに合わせたトレーニングウエアに買い替えました。

ボクシングの練習に最適なウエアの条件は、6つあると思っています。

 

速乾性に優れているもの

ボクシングの練習はハードで、1時間トレーニングをすると、全身汗まみれになってしまいます。

綿100%のTシャツを着て練習するのもいいのですが、Tシャツは汗を吸い取っても、速乾性がないので、いつまでも濡れた状態が続いてしまうんです。

濡れたTシャツを着続けているのは、気持ち悪いし体が冷えてしまうんですよね。

上半身は汗をかきやすいので、トップスを選ぶ際は、速乾性のある素材が使われているものを選ぶのがいいと思います。

 

吸水性に優れているもの

速乾性に優れたウエアでも、吸水性が劣っているものもあります。

吸水性に優れたウエアは、肌触りの良いものが多いので、吸水性・速乾性それぞれが優れたウエアを選ぶと、トレーニングが快適になると思います。

 

伸縮性に優れているもの

ボクシングの練習は、サンドバックやミット打ちだけでなく、柔軟運動や筋トレといったメニューもこなす必要があります。

伸縮性に優れたウエアであれば、柔軟運動の際も快適です。

 

消臭性に優れているもの

汗をかいた後は、放っておくとウエアが汗臭くなってしまいます。

練習中は気にならなくても、バッグに入れて持ち帰った後、どうしても臭いが気になることがありました。

消臭機能が優れたウエアを選べば、汗の臭いがさほど気にならなくなります。

 

軽量素材が使われているもの

大量の汗を吸ったウエアは、どうしても重たくなってしまいます。

重くなると、それだけスタミナを消耗して、疲れやすくなります。

できるだけ軽い素材のウエアを選ぶ方がいいと思います。

 

デザイン性が優れているもの

ボクシングの練習は、反復練習が基本です。

同じ動作や練習を繰り返すことで、1つ1つの動作の精度や威力を向上させていくのが目的です。

単調な練習の繰り返しになるので、気分を盛り上げようとしてもなかなか難しいときもあります。

気分を盛り上げるためには、地味なウエアよりも派手なデザインや色が使われたウエアを身に付ける方が絶対にいいと思います。

お気に入りのウエアを身に付けるだけで、練習前に少しでも気分を向上させることができますからね。

 

オススメのトレーニングウエア トップス

Tシャツ

上半身は汗をかきやすいので、吸水性と速乾性に優れたものが断然いいと思います。

Tシャツだとデザインも豊富なので、僕は目立つカラーやデザインのものを選ぶようにしています。

テンションが上がって、練習にも力が入りますよ。

 

アンダーアーマー UNDER ARMOUR UA I WILL SS

 

コットン57%、ポリエステル38%、ポリウレタン5%が使われたトレーニングウエア。

吸汗速乾性に優れたチャージドコットンが、汗をかいても運動パフォーマンスを落とさないようサポートしてくれます。

 

アシックス トレーニングTシャツ XA6171

 

ポリエステル100%のトレーニングウエア。

汗を効果的に素早く処理してくれる、新開発のサイバードライ素材が使われています。

肌触りがソフトで、常にドライな状態で着られるTシャツです。

カラーラインナップが豊富なので、僕はイエローとレッドの2種類を使っています。

 

タンクトップ

Tシャツと同じく、吸水性と速乾性に優れたものを選ぶのがいいと思います。

タンクトップは、腕の筋肉の動きを確認しやすいので、ウエイトトレーニングや鏡を使ったトレーニングにおすすめです。

 

Ruuko トレーニングタンクトップ

 

コットン90%、ポリエステル10%のトレーニングウエア。

軽くて吸汗速乾性に優れています。

腕を通すアームホール部分がかなり大きめなので、細身の人より筋肉に自信のある人におすすめのウエアです。

 

テスラ TESLA メンズタンクトップ

 

軽い締め付け感が心地よい、おすすめのタンクトップ。

ナノドライ繊維が使われていて、汗をかいてもさらさらの着心地を維持してくれます。

防臭加工がされているので、汗の臭いも抑えてくれます。

 

おすすめのトレーニングウエア ボトムス

ハーフパンツ

トップスに比べると、吸水性や速乾性はあまり重視しなくてもいいと思います。

それでも、汗染みが目立ちにくいジャージ生地などの方が、通気性が良くて気持ちいいですよ。

 

FULINE ドライハーフパンツ メンズ半ズボン トレーニング 吸汗速乾パンツ

 

ポリエステル95%、スパンデックス5%のハーフパンツ。

肌触りがなめらかで、吸汗速乾性に優れています。

ウエストはゴムが入っているので、締め付けのストレスも少ないんです。

 

SHIELDS シールズ トレーニング ソフトストレッチハーフパンツ

 

ポリエステル100%で、吸水力に優れたハーフパンツ。

UVカット機能もあるので、ランニングなど外でのトレーニングにもおすすめです。

 

スポーツタイツ

体のラインがはっきり出るので、自分のスタイルに自信のある人におすすめです。

下半身全体をそれぞれの部位に最適な力で着圧する、マルチコンプレッション機能を搭載した商品が多いので、疲労軽減に効果的です。

ダッキングやウェービングの際、負担がかかる膝を保護してくれます。

 

HONOUR オナー コンプレッションウエア メンズ オールシーズン7分丈 スポーツタイツ

 

ポリエステル88%、エラストマー12%のスポーツタイツ。

速乾性に優れているので、下半身を常にドライな状態に保てます。

ストレッチ性にも優れていて、激しい動きもスムーズです。

防臭機能やUVカット機能もあります。

僕はこの商品を3枚購入して、早朝ジョギングやボクシングの練習の際に使っています。

締め付け具合が心地よくて、疲れを軽減してくれるウエアです。

 

Exlura スポーツタイツ ロング パワーストレッチ

 

ナイロン64%、ポリエステル28%、ポリウレタン8%のスポーツタイツ。

吸汗速乾機能に優れていて、常にさらりとした着心地を維持できます。

脚部分の適度な締め付け感と、腹部は締め付けない伸縮素材のバランスが心地よい商品です。

 

さいごに

ボクシングの練習はハードで、シーズン問わず汗をかきやすいんです。

できるだけ吸汗速乾性に優れた素材で、疲労を軽減してくれるトレーニングウエアを選んだ方が、練習が快適になると思います。

僕は最近、トップスとボトムスがセットになっている、コンプレッションウエアを購入しました。

 

適度な締め付けが心地よくて動きやすく、疲労軽減や膝・腰など関節部分の保護もできるスグレモノです。

トレーニングウエアを選ぶ際は、機能性とオシャレなデザインを兼ね備えたものを購入すれば、毎日の練習にも気合が入ると思いますよ。

ではでは。

 

スポンサードリンク