初心者向けボクシンググローブのおすすめ8選|オンスグローブとパンチンググローブの違いと、自分に合ったグローブの選び方

スポンサードリンク



いちもくです。

僕はボクシングジムに通っているのですが、通い始めてすぐに、ボクシンググッズをいくつか買いそろえました。

買ったものは、ボクシンググローブとバンテージ、そしてシューズの3点です。

ボクシンググローブはジムで貸してもらえる場合もありますが、自分専用のグローブがあるとそれだけでテンションが上がるので、毎日の練習にも自然と気合が入ります。

僕がボクシンググローブを購入する際に気を付けたのは、初心者に必要な機能がちゃんと揃っているかどうかということです。

 

ボクシンググローブの種類

僕がボクシンググローブを選ぶ際に最初に調べたのは、ボクシンググローブの種類です。

ボクシンググローブには、試合で使われるオンスグローブと、練習で使われるパンチンググローブの2種類があります。

 

オンスグローブ


ボクシングの試合で使われるグローブです。

オンスグローブとか、ボクシンググローブと呼ばれることが多いグローブです。

重さは8オンスから16オンスのサイズに分かれていて、数字が大きくなればなるほど、グローブのサイズも大きくなります。

素材は人工皮革天然皮革(動物の皮)のものがあり、グローブによっては衝撃吸収材が使われているものもあります。

 

パンチンググローブ


パンチンググローブは、練習専用のグローブです。

試合やスパーリングでは使えない、簡易的な作りをしたグローブです。

パンチンググローブの一番の特徴は、親指がグローブから出るということですね。

親指が出ている状態なので、マジックテープでグローブを固定する際も、親指が自由に動いて便利です。

価格が安くて、着脱が簡単なのも特徴です。

 

グローブを選ぶ際のポイント

まずはジムに用意されているものを借りてみる

ほとんどのボクシングジムでは、オンスグローブやパンチンググローブを貸し出してくれるはずです。

まずはいくつかのボクシンググローブを実際に使ってみて、自分が使いやすいグローブを選ぶのがいいと思います。

僕の場合は、最初ジムではパンチンググローブを借りて使っていました。

慣れてきたら、軽い8オンスや10オンスのオンスグローブを付けて練習するようになったんです。

試合で使うとの同じタイプのオンスグローブの方が、見た目も良くて練習に対するモチベーションも上がると思います。

正しいパンチを打てるようになるまでは、パンチンググローブで練習して、慣れてきたら自分の好みのオンスグローブを買うのがオススメです。

 

紐タイプとマジックテープタイプ

パンチンググローブは、手に装着した後、マジックテープやゴムで固定するものがほとんどです。

オンスグローブの場合は、紐で固定するタイプとマジックテープで固定するタイプの2種類があります。

通常、プロの試合では、紐タイプのグローブが使われています。

この紐タイプのグローブは、1人で結んで固定することはまず無理なので、必ず誰かに手伝ってもらわないといけません。

初心者が紐タイプのグローブを選ぶのは、避けた方がいいと思います。

マジックテープタイプのグローブは、着脱が簡単なので、初心者はマジックテープタイプを選んだ方がいいと思います。

 

オンスグローブを選ぶ際は、重さに注意する

ボクシンググローブは、重さでサイズが分かれています。

8オンスから16オンスのものまであり、2オンス刻みで分かれています。

1オンスは約28グラムなので、8オンスだと約224グラム、16オンスだと448グラムあることになります。

プロの試合では、スーパーライト級までは8オンスのグローブを使って、ウェルター級以上になると10オンスのグローブが使用されています。

12オンスから16オンスのグローブは、普段の練習用に使われるサイズになります。

特にスパーリングでは、安全面を考慮して、重くて大きめのグローブが使われることが多いんです。

グローブが重いと、パンチのスピードが遅くなるので、その分威力も軽減されますからね。

それに、重いグローブを付けてトレーニングすれば、筋力アップにもつながります。

初心者の場合は、8オンスか10オンスのグローブがあれば十分だと思います。

初心者の場合は、まずは正しいパンチのフォームを身に付ける必要があるので、重いグローブは必要ありません。

 

初心者が用意すべきグローブ


初心者がジムに入門して、いきなり練習でスパーリングをすることなんて、めったにありません。

それに、スパーリング用の重い12オンスから16オンスのグローブは、大抵ジムに用意されています。

だから、初心者が12オンス以上のグローブを自分で用意する必要は無いと思います。

初心者が自分専用のボクシンググローブを用意する場合は、ミット打ち用グローブがあれば十分だと思います。

紐タイプのグローブだと、自分一人で紐を縛って装着することができないので、初心者はマジックテープタイプのグローブがオススメです。

初心者にオススメのボクシンググローブとは

着脱が簡単なマジックテープタイプのグローブ

パンチの基本を身に付けるまでは、パンチンググローブ

見た目にこだわりたければ、8オンスか10オンスのオンスグローブ

 

おすすめのパンチンググローブ

WINDY(ウィンディ)パンチンググローブ TBG-2


本革製のパンチンググローブ。

親指部分がカットされているので、着脱が便利で握りやすいのが特徴です。

サンドバッグやミット打ちにピッタリです。

 

 

アディダス パンチンググローブ


手首部分をゴムバンドで固定するタイプのパンチンググローブ。

厚めのウレタンが、拳を保護してくれます。

パンチンググローブを収納するためのフィットネスバッグ付きです。

 

 

Twins(ツインズ) パンチンググローブ

 

タイではムエタイで有名なブランド・Twins製のパンチンググローブ。

本革製で、手に馴染みやすいのが特徴です。

 

マーシャルワールド パンチンググローブ


本革製のパンチンググローブ。

装着しやすく打ち応えのあるナックルパットは、初心者だけでなく上級者の練習にも最適です。

 

おすすめのオンスグローブ(ボクシンググローブ)

Twins ボクシンググローブ本革製


いろんな商品を迷った末、僕はこの商品を購入しました。

シンプルなデザインですが、カラーは11色とバリエーションに富んでいます。

本革製なので、耐久性に優れているんです。

また、マジックテープタイプのグローブなので、着脱しやすくて使いやすいのも魅力です。

このグローブは、使い始めは若干硬く感じたのですが、慣れれば革が馴染んでくるので、使い込むことが大切ですね。

 

Cleto Reyes レイジェス Safetec プロフェッショナル トレーニンググローブ


REYES(レイジェス)は、メキシコの有名ボクシンググローブブランドです。

廉価版の商品は無く、高品質な商品を販売し続けているメーカーです。

高品質の牛革でつくられたグローブは、トレーニング用グローブとしては最高品質のものになります。

 

WINDY マジックテープ式トレーニンググローブ


タイの有名ブランド・ウィンディのボクシンググローブ。

幅広のマジックテープが特徴で、着脱しやすくホールド感が抜群です。

本革製なので、使い始めは硬く感じるかもしれませんが、慣れれば手に馴染んできます。

 

 

アディダス エナジー100ボクシンググローブ


PU素材でできたボクシンググローブ。

サミング防止機能、拳保護機能が付いた、抜群の握り感の商品です。

 

さいごに

ボクシングジムには、貸出可能な各サイズのグローブが用意されている場合がほとんどです。

いきなりグローブを購入するのではなく、まずはジムでパンチンググローブやオンスグローブを試してみて、自分に合ったグローブをイメージしてみるのがいいと思います。

通常、バンテージを付けてグローブを装着する事になると思うので、掌の大きさに合ったグローブ選びも大切です。

初心者がボクシンググローブを選ぶ際は、

  1. デザイン
  2. 重さ
  3. 着脱のしやすさ
  4. メンテナンスのしやすさ

といったものにも注意した方がいいと思います。

愛着の湧くグローブを手にすれば、日々の練習に対するモチベーションも、きっと上がると思いますよ。

ではでは。
 

バランスボールのおすすめ8選|エクササイズや椅子代わりに使える商品の選び方

2018年10月9日

ボクシングの練習に最適なメンズトレーニングウエア8選|練習に最適なウエアの条件とは

2017年11月8日

初心者向けボクシングシューズのおすすめ5選|練習用であれば、レスリングシューズやトレーニングシューズがベスト

2017年11月6日

初心者でも安心して通えるボクシングジムの選び方|自分に合ったジムを選ぶポイントと、ボクシングの魅力について

2017年11月1日
 

スポンサードリンク