選び方

美味しいレトルトカレーを買うならどれがいい?|おすすめ商品を14種類紹介

やあ、いちもくだよ。

僕は仕事で日本各地に出張する機会が多いんだけど、お土産にレトルトカレーを買って帰ることがよくあるんだ。

観光地に行けば、その地域の特産品が入ったカレーが必ず売ってあるんだよね。

宿泊するホテルによっても、売店でそのホテルの名前を冠したレトルトカレーが売られていることもあるんだ。

コンビニやスーパーでは買えない、ちょっぴり高級なカレーは、お土産や普段の食事にぴったりだよ。

1年間に50種類以上のレトルトカレーを購入してきた僕が、美味しいカレーを選ぶポイントと、おススメの高級系・進化系カレーを紹介するね。

 

レトルトカレーを選ぶポイント

商品寿命を知った上で選ぶ

ボンカレーやククレカレーなど、30年以上売れ続けているレトルトカレーもあるけれど、毎年たくさんの新商品が発売されて、売れ行きの悪い商品はひっそりと販売中止になっているんだ。

1年足らずで販売中止になる商品も多く、レトルトカレー商品の寿命は案外短いんだよね。

だから気になる商品や好みの商品を見つけたら、僕はまとめて買うようにしているよ。

 

価格帯から選ぶ

100円くらいから1000円くらいまでの価格で売られているレトルトカレーが多いんだけど、一番売れているのは200円以下の商品

スーパーや100円ショップでは、100円前後で売られているレトルトカレーも多くて、プライベートブランドの商品も増えているよ。

500円を超える商品には、ホテルや有名レストランの名前を使ったブランド商品や、観光地の特産品を使ったお土産用のレトルトカレーなんてものもあるんだ。

辛さで選ぶ

レトルトカレーに表記される辛さは、全日本カレー工業協同組合が決めた基準に従って表記されているよ。

表記の基準は、使用されているスパイスの量で決められているんだ。

でも、同じ「中辛」でも、メーカーや商品によって感じる辛さが違うんだよね。

インドカレーやタイカレーなど、本格派のスパイス調合がされたレトルトカレーの場合は、日本のカレーと比べて、スパイシーさを強く感じる商品が多いんだ。

辛さの表記は、あくまでも目安として考えた方がいいかもしれないね。

 

おススメのレトルトカレー

磯山商事 常陸牛ビーフカレー

 

内容量 250g

 

茨城県産銘柄の黒毛和牛「常陸牛」が150g入っている、高級レトルトカレー。

化学調味料は一切使っておらず、タマネギや人参などの具材がじっくり煮込まれているんだ。

使用されているヨーグルトや醤油、ワインは、地元茨城産のものが使われているよ。

柔らかくジューシーな常陸牛は、口に入れるとホロリととろけてしまうんだ。

 

長崎豊味館 牛テールカレーゴロット

 

内容量 350g

 

牛の希少部位・牛テールを、骨付きのまま丸ごと煮込んでつくられたカレーだよ。

牛のしっぽのお肉の大きいところだけを使うから、1頭の牛から3袋しか作れないんだ。

袋を開けると、まさに「ゴロッ」と出てくるこぶし大のテールの塊。

スプーンを使えば、骨から肉がほろりと外れる柔らかさは、まさに感動モノだよ。

 

ホテルオークラ カレーセット

 

内容量 190g

 

ホテルオークラのシェフが監修した、フレンチ風カレー。

ホテルオークラの特製ソースと、じっくり煮込まれた上質肉が絶妙なバランスなんだ。

レトルトとは思えない、本格的なホテルの味を堪能したい人におススメのカレーだよ。

 

高橋商店 のりクロ黒カレー

 

内容量 180g

 

のりクロとは、海苔と柚子胡椒がブレンドされたペースト商品のことだよ。

 

スパイシーなカレーの旨味と、海苔が持つ磯の風味が組み合わさった、旨味たっぷりのカレーだよ。

カレーライス以外にも、ハンバーグソースやパスタソースにも合うんだよね。

辛そうな見た目の黒さとは裏腹に、深い海苔の甘みを味わうことができるレトルトカレーだよ。

 

日本一の北本トマトカレー

 

内容量 200g

 

よこすかカレーフェスティバル2014で、全国ご当地カレーグランプリ日本一になった、埼玉県のご当地カレーだよ。

北本トマトは、北本市のブランド農産物なんだ。

程良い酸味のトマトが、スパイシーなカレーにマッチしているよ。

食感の良い豚のひき肉も、北本トマトカレーの美味しさのポイントなんだ。

 

ブリリアントアソシエイツ 華貴婦人のピンク華麗(カレー)

 

内容量 200g

 

女の子が喜びそうな、見た目がピンク色のルー。

ピンク色の素になっているのは、鳥取県産のビーツが使われているから。

見た目は華麗?だけど、味は本格スパイシーなカレーだよ。

 

寿フーズ 白いカレー

 

内容量 200g

 

農林水産省総合食料局長賞、北海道知事賞を受賞した、白いカレーだよ。

函館の料理店が、道内の帆立、野菜、牛乳を使い、ココナッツミルクでまろやかに仕上げたレトルトカレーなんだ。

見た目はクリームシチューみたいだけど、味わいはスパイシー。

マイルドな味付けになっているから、辛さを求める人には物足りないかもしれないね。

 

18禁カレー

 

内容量 200g

 

なぜ、18禁のカレーなのか。

それは、辛すぎて大人向けのカレーだからなんだ。

激辛好きの人でも、完食するのは難しいんじゃないかな。

食べると全身から汗が噴き出してくる、超激辛カレーだよ。

パーティでジョークグッズとして楽しむのにいいかもしれないね。

僕はこのカレーを、普段の食事で食べたいとはあまり思わないけれど・・・。

 

たらばかにカレー

 

内容量 200g

 

たらばかにの身がふんだんに入った、北海道のご当地カレーだよ。

カニの身をカレーソースに入れて、じっくり時間をかけて煮込まれているから、カニの旨味がルーの中に染み込んでいるんだ。

カニの身を味わうというよりも、風味や旨味を楽しむのにぴったりなカレーだよ。

 

日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー

 

内容量 200g

 

赤唐辛子(鷹の爪)の10倍の辛み成分を持つ、日本一辛い唐辛子の品種「黄金」が使われているビーフカレーだよ。

食べた瞬間、唐辛子の辛さが口の中いっぱいに広がるんだ。

かなり辛いけれど、後を引かない切れの良い辛さが特徴的。

唐辛子以外のスパイスがもっと使われていたら、より味わい深いカレーになっていたかもしれないね。

 

北都 真夜中のカレー

 

内容量 220g

 

国産のうなぎの肝が入ったカレーだよ。

ルーはかなり濃厚で、食べるとうなぎの肝の苦みを感じるんだ。

若干癖のあるレトルトカレーだから、気になる人は温めた牛乳を混ぜると味がまろやかになるよ。

 

資生堂パーラー ビーフカレー

 

内容量 200g

 

銀座の老舗洋食店「資生堂パーラー」の歴代シェフに受け継がれてきた、欧風カレーだよ。

ルーの香ばしさと、濃厚なブイヨンとビーフが、とても上品な味に仕上がっているんだ。

マイルドな辛さで、子どもから年配の方まで味わえるレトルトカレーだね。

 

北都 大馬鹿ヤローカレー

 

内容量 180g

 

馬肉と鹿肉をじっくり煮込んでつくられたカレー。

ただしその味は激辛で、思わず「大バカヤロー」と叫びたくなるくらい辛いんだ。

ただ辛いだけのレトルトカレーはたくさんあるけれど、この大馬鹿ヤローカレーは、馬肉と鹿肉から出た旨味が、ルーを深みのある味わいにしているよ。

カレーのコクも存分に楽しめる、激辛カレーだね。

 

スープカリー伝説 札幌ピカンティ チキンスープカリー月の薫り

 

内容量 382g

 

札幌の有名スープカリー専門店「ピカンティ」のチキンスープカリーをレトルト化したもの。

レンジ専用のパウチに入っているから、湯煎で温めることはできないんだ。

野菜や肉はゴロゴロと大きく、ボリューム満点。

僕はいろんなスープカリー専門店に行ったんだけど、このピカンティのスープカレーが一番好きなんだ。

スパイシーな味付けと、具材の旨味が溶け込んだスープは絶品だよ。

 

さいごに

レトルトカレーが誕生したのは、1968年。

それから約50年経った現在、全国で2000種類以上のレトルトカレーが販売されているんだ。

専門店の味に限りなく近いカレーもあれば、ご当地の特産品を使ったカレーもあって、予算や気分に応じて好きなカレーを選べるのが魅力だね。

「レトルトカレーなんて、どれも同じ」

なんて思っている人には、まずは有名ホテル監修のレトルトカレーを食べてもらいたいな

きっと、レトルトカレーのイメージが大きく変わると思うよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
美味しいサバ缶の選び方と、サバ缶の魅力について語ってみるやあ、いちもくだよ。 僕は料理が好きで、週末は家族のためにいろんな料理をつくっているんだ。 最近凝っているのは、サバ缶をアレ...
あわせて読みたい
美味しいめんつゆを買うならどれがいい?|おすすめ商品を10種類紹介やあ、いちもくだよ。 僕はそうめんが大好きで、年中そうめんを食べているんだ。 そうめんの食べ方は、冷たいだけでなく温かくした...
あわせて読みたい
美味しい日本茶の選び方|日本茶の種類と歴史を調べてみたやあ、いちもくだよ。 僕は日本茶が大好きで、自宅には常に5種類以上のお茶を用意しているんだ。 最近のお気に入りは、鹿児島の知...
あわせて読みたい
料理に深みを出せる塩の種類と選び方やあ、いちもくだよ。 僕は料理が好きで、週末に家族や友人にいろんな料理を振る舞うのが楽しみなんだ。 料理をつくる上で、欠かせ...