おすすめ記事

セルフカット歴5年の僕が実践している、失敗しにくいツーブロックカットのコツと、用意しておきたい5つのアイテム

セルフカット

こんにちは、いちもくです。

トップの長さを残しつつ、サイドや襟足などを刈り上げたヘアスタイル「ツーブロック」。

見た目がおしゃれなだけでなく、夏は涼しい実用性も兼ねたヘアスタイルですね。

僕は5年以上、髪型はツーブロックにしています。

カッコいいツーブロックスタイルを維持するためには、サイドや襟足部分を短い状態に保つことが重要。

そうは言っても、美容室に行くのはお金も時間もかかるので、頻繁にカットしてもらうのはなかなか難しいものです。

だから僕は、自宅にバリカンを用意して2週間に1回セルフカットしています。

セルフカットは、想像以上に簡単。

自宅にセルフカット用アイテムを用意しておけば、美容院代を大幅に節約できておすすめですよ。

 

ツーブロックとは

ツーブロックとは、トップの長さを残しつつ、サイドやもみあげ周辺、襟足などを刈り上げて、トップと段差をつけたヘアスタイルのことです。

長さのあるトップ部分にパーマをかけたり、オールバックにするなどアレンジが豊富なのが魅力。

トップが束ねられるほど長ければ、髪を束ねるとツーブロックにした部分が現れて見た目が涼しげになります。

髪が硬い人やボリュームが出やすい人にとっても、ツーブロックにすることで横の広がりを抑えられるように、実用性も兼ね備えた髪型なんです。

 

セルフカットでツーブロックするコツ

まずは美容室で仕上げてもらう

いきなり自分でツーブロックに刈ろうとすると、ほぼ間違いなく失敗します。

慣れない人がカットすると、仕上がりが左右非対称になったり、刈りすぎてしまう可能性があるんです。

だから初めてツーブロックを入れる場合は、美容室でプロにカットしてもらうのがおすすめ。

僕の場合、3か月に1回は美容室に行くようにしています。

夏はトップを短くしてみたり、寒くなってきたらトップを長めに残してパーマをかけたりと、美容師にアレンジしてもらっています。

毎回ヘアスタイルに合わせて、短くカットする箇所も調整してもらっています。

プロの美容師に任せておかないと、全体のバランスが取れたヘアスタイルに仕上げるのは難しいでしょう。

 

セルフカットの道具を揃える

美容室でツーブロックを仕上げてもらったら、

  • 正面
  • 横顔
  • 後ろ

の写真をスマホで撮影しておくのがおすすめ。

写真を参考に、次回からセルフカットに取り掛かります。

セルフカットする前に、

  • ヘアクリップ
  • 手鏡
  • バリカン
  • シェーバー

という5つのアイテムを揃えておくのがおすすめです。

ヘアクリップは、トップの髪を押さえるために使います。

僕はいつも、ヘアクリップを3本使って髪を押さえています。

ヘアクリップは100円ショップにも売っているので、使いやすい商品を選んでおきましょう。

 

櫛はプラスチック製のコームがおすすめ。

もちろん、普段使っているものがあればそれで十分です。

 

手鏡は、できるだけ大きいサイズを用意しておけば便利です。

別な鏡と合わせて、サイドや後ろを確認するために使います。

 

僕の場合、洗面所の大きな鏡と手鏡を合わせてセルフカットしています。

リビングなどでセルフカットする場合は、机の上に置けるタイプの鏡が使いやすいでしょう。

 

できればシェーバーも用意しておくのがおすすめ。

バリカンで短くカットした後、襟足を綺麗に仕上げるために使います。

 

ほかにもあれば便利なのが、散髪用ケープ。

カットした髪が散らからず、まとめて捨てることができます。

 

 

ブロッキングする

綺麗なツーブロックに仕上げるためには、しっかりとブロッキングしておくことが大切。

長く残したいトップの髪の毛を、用意したヘアクリップで留めていきます。

櫛を使って、バリカンで刈りたい部分と残したい部分の境界を真っ直ぐに整えておきましょう。

 

バリカンはゆっくり少しずつ動かす

ヘアクリップでブロッキングできたら、いよいよバリカンを使って短く刈り上げていきます。

ポイントは、バリカンをゆっくり少しずつ動かすということ。

一度に広い面積をカットしようとすると、余計な部分までカットしてしまう恐れがあります。

ブロッキングした部分にバリカンが近づくにつれ、髪を逃がすようにバリカンを動かすことで、自然な仕上がりになります。

 

仕上げはシェーバー

バリカンで髪を短く刈っても、襟足は長い毛が残ってしまいがちです。

残った毛を綺麗に整えるのに便利なのが、シェーバー。

バリカンによっては、アタッチメントを調整することで襟足を整えられる機種もあります。

僕の場合は、シェーバーの方が使い慣れているので、仕上げはシェーバーを使っています。

 

セルフカットでツーブロックするためのバリカンの選び方

アタッチメントを調整できるか


バリカンには、アタッチメントが付属しています。

アタッチメントを取り付けることで、3mm、6mm、9mmといった、好みの長さに仕上げることができるんです。

ツーブロックのカットをするだけであれば、あまり細かすぎるアタッチメント調整機能は必要ないでしょう。

僕は2週間に1回、バリカンでサイドを6mmにカットしています。

 

防水機能がついているか

洗面所やバスルームで、セルフカットしようと考えている人も多いのではないでしょうか?

カットした後ですぐにバリカンを水洗いできれば、髪の毛や皮脂がこびりつかず、綺麗な状態を保てます。

セルフカットを始めると、思った以上にバリカンを使う機会は多いもの。

防水機能が付いたバリカンであれば、本体ごと丸洗いできて便利です。

 

電源タイプで選ぶ


僕が使っているのは、コンセントにプラグを差し込んで使う、交流電源式のバリカンです。

充電式や乾電池式のバリカンを使ったこともありましたが、使っている途中でバッテリーが切れてしまうのが嫌だったんです。

交流電源式のバリカンであれば、バッテリー残量を気にせず使えて便利。

反対に、充電式や乾電池式のバリカンは、使う場所を選ばないのが魅力です。

 

コンパクトなサイズのもの


セルフカットする場合は、必ず片手でバリカンを持つ必要があります。

もう片方の手には、手鏡を持ちます。

だからバリカンは、できるだけコンパクトで軽いものがおすすめ。

あまり大きすぎると、カットしたい箇所がバリカンに隠れて見えにくくなってしまいます。

 

セルフカットでツーブロックするのにおすすめのバリカン

パナソニック ER-GF80

サイズ 高さ17.8×幅4.5×奥行3.8cm
重量 約157g
電源 AC100V 50/60Hz
充電時間 8時間
水洗い 可能
コードレス使用 可能
コード使用 可能

 

アタッチメントを20mmから70mmまで調整できるバリカン。

刃を外さずに毛くずの掃除ができるので、お手入れが非常に簡単です。

充電・交流式どちらでも使えるので、コードを接続して使うだけでなく、フル充電で約40分の連続使用が可能です。

機能に優れたバリカンなので、ツーブロックだけでなくさまざまなセルフカットにも挑戦できます。

 

ブラウン BT3040

サイズ 約幅165×奥行41×高さ44mm
重量 454g
電源 本体AC/100-240V
充電時間 約8時間
水洗い 可能
コードレス使用 可能
コード使用 可能

 

ヒゲトリマーとしても使えるバリカン。

0.5mm間隔、39段階の長さにアタッチメントを調整できるます。

本体は丸ごと水洗いできるので、使った後に洗っておけば、常に清潔に保つことができます。

刃には自動研磨機能を搭載。

新品に近い切れ味を長期間持続できます。

 

フィリップス HC3412/15

サイズ 高さ18.7×幅5.0×奥行5.0cm
重量 132g
電源 AC100V-240V 50/60Hz(海外使用対応)
充電時間 8時間
水洗い 可能
コードレス使用 可能
コード使用 可能

 

アタッチメントを2mm間隔で調整できる、精度抜群のバリカン。

刃は取り外し可能なので、使った後で水洗いするのも簡単です。

刃には自動研磨機能を搭載。

長期間シャープな切れ味を持続できます。

 

パナソニック ER503PP

サイズ 高さ15.1×幅4.3×奥行4cm
重量 105g
電源 本体AC/100-240V
充電時間 8時間
水洗い 不可
コードレス使用 可能
コード使用 可能

 

フル充電で連続40分間使用できる、充電式バリカン。

付属のアタッチメントは3種類あり、3mmから12mmまで好きな長さに調整可能です。

軽くてコンパクトなバリカンなので、長時間持っていても疲れにくいのが魅力です。

 

HATTEKER RFC-6618

サイズ 約18×3.5×4 cm
重量 620g
電源 リチウムイオン電池
充電時間 1.5時間
水洗い 不可
コードレス使用 可能
コード使用 不可

 

スタイリッシュなデザインが印象的なバリカン。

アタッチメントは7段階に調整可能です。

刃の先端には、ステンレススチールとセラミックが使われているので、切れ味抜群。

USB充電式なので、パソコンに接続して充電することもできます。

 

フィリップス QC5572/15

サイズ 高さ6.7×幅6.0×奥行14.0cm
重量 390g
電源 AC100V-240V 50/60Hz(海外使用対応)
充電時間 1時間
水洗い 可能
コードレス使用 可能
コード使用 可能

 

180°回転するヘッドを搭載したバリカン。

ヘッドに搭載されたカッターの角度を自由に調節できるので、手の届きにくい部分も楽々カットできます。

アタッチメントは11段階に調整可能。

防水仕様となっており、水深1メートルの深さに30分浸けても本体に水が入りません。

 

さいごに

トップの長さを残しつつ、サイドや襟足などを刈り上げたヘアスタイル「ツーブロック」。

見た目がおしゃれなだけでなく、夏は涼しい実用性も兼ねたヘアスタイルですね。

カッコいいツーブロックスタイルを維持するためには、サイドや襟足部分を短い状態に保つことが重要。

そうは言っても、美容室に行くのはお金も時間もかかるので、頻繁にカットしてもらうのはなかなか難しいものです。

だから僕は、自宅にバリカンを用意して2週間に1回セルフカットしています。

セルフカットは、想像以上に簡単。

自宅にセルフカット用アイテムを用意しておけば、美容院代を大幅に節約できておすすめですよ。

それじゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
ビジネスリュック
スーツに似合うビジネスリュックのおすすめ8選こんにちは、いちもくです。 スーツに似合うビジネスリュックがあれば、通勤がとっても楽になると思いませんか? 荷物が多く収納で...
あわせて読みたい
ビジネストート
メンズビジネストートバッグのおすすめ8選こんにちは、いちもくです。 スーツに合うビジネストートバッグがあれば、たくさんの荷物を持ち運べてとっても便利だと思いませんか? ...
あわせて読みたい
フレームタイプスーツケース
フレームタイプのスーツケース・キャリーバッグのおすすめ10選こんにちは、いちもくです。 ガラス製品やパソコンを持ち運ぶことが多い人は、耐衝撃性に優れたスーツケースがあると便利だと思いませんか...
あわせて読みたい
シェービングフォーム
メンズシェービングクリームのおすすめ10選|肌質に合った商品の選び方こんにちは、いちもくです。 普段カミソリを使ってヒゲを剃る人は、肌に合ったシェービングクリーム選びはとっても大切だと思いませんか?...