めんつゆのおすすめ10選|ストレートよりも濃縮タイプがお買い得な3つの理由

スポンサードリンク



いちもくです。

僕はそうめんが大好きで、年中そうめんを食べています。

そうめんの食べ方は、冷たいだけでなく温かくしたり、サラダに使ったりとバラエティに富んでいるから、アレンジしやすいんですよね。

そうめんに欠かせないのは、めんつゆ。

これまでたくさんのめんつゆを使ってきましたが、めんつゆはそうめんを食べる際だけでなく、いろんな料理に使える万能アイテムだと思います。

 

めんつゆは、濃縮タイプが断然オトクな3つの理由

濃縮タイプはお買い得な商品が多い

スーパーに並んだめんつゆの価格を比べてみると、ストレートタイプよりも濃縮タイプの方が高い場合が多いようです。

でも、濃縮タイプは水で希釈して使うので、希釈後のコスパを考えると、ストレートタイプよりも割安になる場合が多いんです。

たとえば、多くのスーパーに並んでいるミツカンの追いがつおつゆの場合、濃縮タイプは2倍に希釈して使うことになります。

濃縮タイプ400mlの定価は、税込270円。

ストレートタイプ500mlの定価は、税込334円です。

それぞれ100mlの値段を比べた場合、濃縮タイプは67.5円、ストレートタイプは66.8円になります。

濃縮タイプを2倍に希釈すると、33.75円。

ストレートタイプよりも割安になります。

 

ストレートタイプは料理に使いにくい

濃縮タイプのめんつゆは、希釈率を変えればいろんな料理に使えます。

だし巻き玉子や炊き込みご飯に、めんつゆを使う人も多いのではないでしょうか。

それ以外にも、カレーの隠し味として使えばルーにコクが出るし、和風パスタにも使えるのが、濃縮めんつゆの魅力です。

ストレートタイプのめんつゆを料理に使うと、味がぼやけてしまう場合もあるので、濃縮タイプのめんつゆが1本あると、料理の味付けのバリエーションが増えると思います。

 

開封後の日持ちがいい

ストレートのめんつゆは、開封後2~3日以内に使い切るのが良いとされているものが多くあります。

2倍濃縮タイプのめんつゆの場合は、開封後2~3週間、3倍濃縮の場合は、約1か月持つものがたくさんあります。

これは、ストレートタイプのめんつゆに含まれている塩分量が少ないのが理由です。

数日で使い切れるのであれば、ストレートタイプのめんつゆでもいいかもしれませんが、冷蔵庫に常備させたい場合は、濃縮タイプの方が日持ちして便利です。

 

おすすめの万能めんつゆ

ヤマキ 割烹白だし


スッキリした白だしの味わいが特徴の逸品。

希釈すると、味はかなり薄まってしまいますが、香りは残るのでだしとして料理に使うのもおすすめです。

 

 

ヤマサ 昆布つゆ


甘みの強さが特徴のめんつゆ。

だしや醤油の味わいよりも、甘みを楽しみたい人におすすめのめんつゆです。

昆布メインにつくられためんつゆなので、香りは弱いのですが味が濃厚です。

僕はめんつゆとしてだけでなく、だし巻き玉子にも使うことがよくあります。

甘さを活かしたい料理にはぴったりのめんつゆです。

 

 

にんべん つゆの素


醤油の香りや味わいが強いめんつゆ。

そうめんやうどん、そばのめんつゆに使うと、味の濃さが麺の繊細な味わいを邪魔してしまうかもしれません。

めんつゆとして使うよりも、煮物などの料理に合わせて使う方が合うと思います。

 

 

キッコーマン 濃いだし本つゆ


醤油の香りや味わいがしっかりしためんつゆです。

麺に合わせやすい味付けになっています。

めんつゆとしてだけでなく、料理に使う調味料としてもぴったりの、万能めんつゆです。

 

 

桃屋 つゆ大徳利


バランスのとれためんつゆ。

そうめん、うどん、そばと、どれに合わせても美味しく食べられます。

かつおの風味が味わい深くて、料理にも合わせやすい逸品です。

 

 

ミツカン 追いがつおつゆ2倍


かつおで2度だしを取っためんつゆ。

かつおの風味を味わいたい人におすすめのめんつゆです。

1本常備しておけば、様々な料理に使えると思います。

 

 

ヤマキ 鰹節屋のだしめんつゆ


甘みが強く、しっかりとしたつゆの味を付けたい料理にぴったりのめんつゆです。

味が濃い目なので、うどんやパスタなど、太めの麺に合わせるのがおすすめです。

 

 

キッコーマン いつでも新鮮だし香る贅沢つゆ


とろみのあるめんつゆですが、味はあっさりしています。

サラダのドレッシング代わりに使ったり、パスタと野菜を合わせた料理にも合わせやすい味付けです。

 

 

ヒガシマル 万能だしつゆ


そうめんにピッタリ合う、スッキリした甘みが特徴のめんつゆ。

料理に使うには、若干だしが弱い気がしますが、麺類であれば後味が良く、何にでも合わせやすいと思います。

 

 

成城石井 鰹と昆布のいいとこどりつゆ


鰹と昆布を使っためんつゆ。

若干、鰹の風味が強い気がします。

そうめんのつゆとして使ったことがありますが、僕は少し甘すぎると感じました。

だし巻き玉子や煮物に使っています。

 

さいごに

毎年いろんなめんつゆを購入して、そうめんやうどん、そば、煮物などの料理に使っています。

年間通して冷蔵庫に常備している、僕のお気に入りの麺つゆは、

キッコーマン 濃いだし本つゆと、

 

桃屋 つゆ大徳利の2種類です。

 

スーパーで手軽に買えて、いろんな料理に使えるのが魅力なんですよね。

このほかにも、ご当地めんつゆはたくさん売られているので、出張や旅行に行った際に時々買って試しています。

めんつゆを替えるだけで、麺類や料理の味がガラリと変わりますよ。

ではでは。

 

スポンサードリンク