駐車監視機能付きドライブレコーダーのおすすめ4選|3万円以下で購入できる、コスパ最強のドライブレコーダー

スポンサードリンク



いちもくです。

最近車を買い替えたので、ドライブレコーダーを取り付けてみました。

ドライブレコーダーにはいろいろな種類がありますが、最近は事故の際の録画目的だけでなく、車上荒らし対策として、駐車監視機能が付いたものが増えているようです。

せっかく買うのであれば、駐車監視機能が付いた機種にしたいと思い、駐車監視機能付きのドライブレコーダーを色々と調べてみました。

ドライブレコーダーにはたくさんの機種がありますが、今回紹介する4機種であれば、どれを選んでも間違いないと思います。

 

駐車監視機能付きドライブレコーダー

画像引用元:Yupiteru

駐車監視機能付きのドライブレコーダーには、通常のドライブレコーダーに動体センサーが追加されています。

通常のドライブレコーダーの場合、車体の衝撃を感知して記録するGセンサーが搭載されています。

駐車監視機能付きドライブレコーダーに搭載されている動体センサーは、駐車中に車体へ傷を付けられたりドアを無理に開けようとするなどのイタズラされた際、録画できるというのが特徴です。

また、長時間の駐車中も録画できるよう、オプションに電源コードが付いている機種が多いのが特徴です。

電源コードを使えば、12時間録画可能なドライブレコーダーもあります。

 

ケンウッド DRV-325

サイズ W62×H51×D37mm
記録解像度 1920×1080 動画最大約200万画素
モニターサイズ 2.0型 フルカラーTFT液晶
重量 65g

 

DRV-325の魅力

フルハイビジョンで録画できる

画像引用元:KENWOOD

テレビのデジタル放送と同じ、フルハイビジョンで録画できます。

前方を走る車のナンバープレートも、くっきりとした映像で録画可能です。

 

HDR搭載だから、急激な明るさの変化に強い

画像引用元:KENWOOD

HDRが搭載されていないドライブレコーダーだと、逆行やトンネルの出入り口で「白とび」「黒つぶれ」が発生することがあります。

DRV-325には、露出を変えた複数の撮影画像を合成するHDR(ハイダイナミックレンジ)が搭載されているので、急な明るさの変化に強く、しっかり録画してくれます。

 

エンジン停止後約25分の録画が可能

画像引用元:KENWOOD

DRV-325には、バッテリーが内蔵されています。

車のエンジンを停止して、DRV-325の電源がオフになってから最大25分間、車体の衝撃や動体を監視してくれます。

もしも衝撃や動体を感知した場合、駐車録画ファイルとして約10秒間録画保存してくれるんです。

別売りの電源ケーブルCA-DR150を使えば、最大24時間の監視が可能です。

 

 

こんな人におすすめ

microSDカードなど、ドライブレコーダーを使うのに必要なものがセットになったものが欲しい人

取付けが簡単なドライブレコーダーが欲しい人

高画質な動画を記録したい人

バックミラーの後ろに隠れるような、小さなドライブレコーダーを取り付けたい人

 

 

ケンウッド DRV-610

サイズ W91×H49×D37mm
記録解像度 2304×1296 動画最大約300万画素
モニターサイズ 2.7型 フルカラーTFT液晶
重量 104g

 

DRV-610の魅力

フルハイビジョンを超える高解像度

画像引用元:KENWOOD

DRV-610は、デジタル放送を超える3M(2304×1296)という高解像度で録画できます。

 

WDR搭載だから、急激な明るさの変化に強い

画像引用元:KENWOOD

DRV-325には、露出を変えた複数の撮影画像を合成するWDR(ハイダイナミックレンジ)が搭載されているので、急な明るさの変化に強いんです。

逆光やトンネルの出入り口でも、しっかり録画してくれます。

 

エンジン停止後約15分の録画が可能

画像引用元:KENWOOD

DRV-610には、バッテリーが内蔵されています。

車のエンジンを停止して、DRV-610の電源がオフになってから最大15分間、車体の衝撃や動体を監視してくれます。

もしも衝撃や動体を感知したら、駐車録画ファイルとして約20秒間録画保存してくれます。

別売りの電源ケーブルCA-DR150を使えば、最大24時間の監視が可能です。

 

 

こんな人におすすめ

前方の車のナンバープレートなどを、とにかく鮮明な動画で記録したい人

取付けが簡単なドライブレコーダーが欲しい人

広角録画可能なドライブレコーダーが欲しい人

 

 

ユピテル DRY-ST3000c

サイズ W60×H45×D28mm
記録解像度 1920×1080 1280×720
モニターサイズ 2.0型 フルカラーTFT液晶
重量 64g

 

DRY-ST3000cの魅力

HDR搭載だから、急激な明るさの変化に強い

画像引用元:Yupiteru

HDRが搭載されていないドライブレコーダーの場合、逆行やトンネルの出入り口で「白とび」「黒つぶれ」が発生することがあります。

DRY-ST3000cには、露出を変えた複数の撮影画像を合成するHDR(ハイダイナミックレンジ)が搭載されているので、急な明るさの変化に強く、しっかり録画してくれます。

 

電源ユニットを使えば、最大12時間の駐車記録が可能

画像引用元:Yupiteru

別売りの電圧監視機能付電源ユニット(OP-VMU01+電源直結コードOP-E755)を使えば、外部電源により最大12時間の駐車記録が可能です。

 

 

こんな人におすすめ

バックミラーの後ろに隠れるような、小さなドライブレコーダーを取り付けたい人

取付けが簡単なドライブレコーダーが欲しい人

夜間も高画質な動画を記録したい人

 

 

コムテック ZDR-013

サイズ W79×H42.6×D30.1mm
記録解像度 フルHD(1920×1080)、HD(1280×720)、SD(640×360)
重量 72g

 

ZDR-013の魅力

HDR/WDR搭載だから、急激な明るさの変化に強い

画像引用元:Yupiteru

HDR/WDRが搭載されていないドライブレコーダーだと、逆行やトンネルの出入り口で「白とび」「黒つぶれ」が発生することがあります。

ZDR-013には、露出を変えた複数の撮影画像を合成するHDR(ハイダイナミックレンジ)が搭載されているので、急な明るさの変化に強く、しっかり録画してくれます。

 

高画質だから、夜間のナンバーもくっきり録画できる

画像引用元:コムテック

フルHD 200万画素の高画質カメラで録画するので、夜間でも前方の車のナンバーまでくっきり記録できます。

 

別売りオプション品を使えば、駐車監視機能を使える

画像引用元:コムテック

別売りオプションの駐車監視・直接配線コード(HDROP-09)を接続すれば、最大12時間の駐車監視機能を使うことができます。

駐車中に衝撃を感じた場合は、前後の映像を記録します。

 

 

こんな人におすすめ

夜間でも明るく鮮明な動画を撮影したい人

ドライブレコーダーに液晶モニタが必要ない人

コムテック製のれーたー探知機と相互通信させて使用したい人

 

 

さいごに

駐車監視機能付きドライブレコーダーはたくさんありますが、別売りの電源ケーブルを使用しないと駐車中は録画できないものが多いんです。

その点、ケンウッドのドライブレコーダーDRV-325は、内蔵バッテリーを使って駐車後最大25分間の録画が可能です。

さまざまなドライブレコーダーを比較した上で、僕はケンウッドのDRV-325を購入しました。

別売りの電源ケーブルを購入するかどうかは、今のところ検討中です。

コンビニなどで買い物をする際など、短時間駐車場に停めておくだけだったら、25分の録画でも充分ですからね。

DRV-325は、コンパクトサイズで取り付けも簡単ですが、ちゃんと前方の車のナンバープレートまで記録してくれるスグレモノです。

ではでは。

 

車用ヘッドレストハンガーのおすすめ5選|ジャケットの型崩れやシワを防ぐための、最適なハンガーの選び方

2019年3月11日

車載用FMトランスミッターのおすすめ6選|ノイズが少なく、高音質な音楽再生が可能なFMトランスミッターの選び方

2019年3月6日

車用サンバイザー収納ポケットのおすすめ7選|カードやサングラスを収納しておけば、快適なドライブを実現できる

2018年8月9日

車用ルームミラーのおすすめ4選|純正ミラーの3倍の視野を確保できる、車に合った商品の選び方

2018年8月6日
 

スポンサードリンク