選び方

ロボット掃除機のおすすめ8選|掃除したい場所に合わせた商品の選び方

ロボット掃除機

こんにちは、いちもくです。

ロボット掃除機が欲しいけれど、どうやって選べばいいのか分からないという人は多いのではないでしょうか?

ロボット掃除機は、掃除方法の違いで大きく2種類に分けられます。

ゴミを吸い取りながら掃除してくれる「掃除機タイプ」と、水拭きや乾拭きができる「床拭きタイプ」

カーペットや畳の上を掃除したいのか、フローリングだけを掃除したいのかで選び方は違ってきます。

また、ロボット掃除機の本体に溜まったゴミは、定期的に捨てる必要があります。

フィルターやブラシ、吸い込み口は、定期的にお手入れしないと吸引力が落ちてしまいます。

単純に価格だけを比較するのではなく、メンテナンスのしやすさも考えて選ぶのがポイントです。

僕はこれまでにロボット掃除機を5台使ってきましたが、それぞれ使いやすさがまったく違っていました。

今回は、僕がロボット掃除機を選ぶ際に注意したポイントと、おすすめのロボット掃除機を紹介します。

 

ロボット掃除機の選び方

掃除したい場所で選ぶ

掃除機

ロボット掃除機は、掃除方法で大きく2種類に分けられます。

ゴミを吸い取りながら掃除してくれる「掃除機タイプ」と、水拭きや乾拭きができる「床拭きタイプ」の2種類です。

僕が今使っているのは、床拭きタイプの掃除機

フローリングに落ちている細かいホコリや髪の毛をキレイに掃除してくれるので、常に床がピカピカで気持ちいいんです。

 

掃除機タイプ


掃除機タイプのロボット掃除機は、ゴミを吸い取りながら掃除してくれます。

ブラシを使って吸い取ったゴミは、本体の中にため込まれていきます。

掃除機タイプのロボット掃除機を選ぶ際、注意したいのは吸引力の強さ

吸引力が弱いと、カーペットに付着したゴミなどがキレイに吸い取れません。

フローリングだけでなく、畳の上やカーペットの上の掃除したい場合は、吸引力の強いタイプを選ぶのがおすすめです。

 

床拭きタイプ


床拭きタイプは、水拭きや乾拭きができるロボット掃除機です。

畳の上やカーペットでは使えませんが、フローリングを掃除するのに最適です。

僕が使っている床拭きタイプのロボット掃除機は、市販のお掃除シートをセットして使えます。

掃除した後、クロスやモップなどを洗う手間が無いのでとっても便利です。

 

掃除方法で選ぶ


ロボット掃除機は、部屋の形を検知して掃除する「ナビゲーション式」と、壁に沿って部屋の隅を掃除した後、部屋の中をランダムに掃除する「ランダム式」の2タイプに分けられます。

 

ナビゲーション式

ナビゲーション式のロボット掃除機には、本体にカメラやセンサーが搭載されています。

掃除する場所の広さや家具の位置を把握した上で掃除するので、比較的短時間で掃除できます。

同じ場所を何度も通過するような、無駄な動きが少ないんです。

広い範囲を効率良く掃除しようと思ったら、ナビゲーション式を選ぶのがおすすめです。

 

ランダム式

ランダム式のロボット掃除機は、部屋全体をぐるりと一周した後、すき間を埋めるように部屋掃除してくれます。

同じ場所を何度も通過することになるので、細かなゴミやホコリも残さず掃除してくれます。

カメラやセンサーを搭載していない機種が多いので、その分安価に購入できます。

 

ソファ下のスペースで選ぶ


我が家のリビングには、L字型にソファを置いています。

ソファの下はゴミやホコリが溜まりやすいのですが、スティック型掃除機ではなかなかキレイに掃除できません。

でも、ロボット掃除機を使えば、狭い場所も自動でキレイに掃除してくれるんです。

ロボット掃除機のサイズは、横幅が30㎝程度、高さは10㎝前後。

ソファや家具の下を掃除したい場合は、ロボット掃除機のサイズが適合しているかチェックしておくのも大切です。

 

自動で充電器まで戻る機能が付いていると便利


安価なロボット掃除機を選んでしまうと、掃除が終わった時点で動作が終了してしまう場合があります。

そんなときは、充電ドックまで持ち運んで片付けなければなりません。

もしもソファの下など、取り出しにくい場所で動作が終了してしまった場合、持ち運ぶのが結構面倒なもの。

だから充電ドッグまで自動で戻るロボットを選ぶのがおすすめです。

掃除が終われば、勝手に充電器まで戻って充電してくれます。

掃除の途中でバッテリーが切れる心配もありません。

 

メンテナンスのしやすさで選ぶ


ロボット掃除機の本体に溜まったゴミは、定期的に捨てる必要があります。

フィルターやブラシ、吸い込み口も、まめにお手入れしないと吸引力が落ちてしまいます。

ダストボックスやブラシ類は、水洗いできる機種が清潔でおすすめ。

また、ダストボックスの大きさにも注意しておく必要があります。

小さすぎると頻繁にゴミを捨てる必要があるので、広いスペースを掃除する場合はある程度の大きさがあると便利です。

 

おすすめのロボット掃除機

iRobot ルンバ870

サイズ 最大幅353×高さ92mm
本体重量 約3.8kg
電源方式 充電式ニッケル水素電池 (充電時間:約3時間)
稼働時間 〔CLEAN(通常清掃)モード使用時〕最大60分、〔バッテリー稼働可能時間〕最大90~120分
稼働面積 〔CLEAN(通常清掃)モード使用時〕最大25畳

ロボット掃除機の代名詞とも言えるルンバ。

ルンバにはさまざまなシリーズがラインナップされていますが、この870は中価格帯の機種で機能が充実しています。

必要な電気代は、1時間でたったの1円。

従来のようにブラシでゴミをかきだすのではなく、特殊素材のローラーでゴミを浮き上がらせ、ルンバ内部に真空状態を作り出して吸引してくれます。

フローリングの溝やカーペットの奥に入り込んだホコリも、強力な吸引力でキレイに吸い取ってくれます。

ダストボックスには、0.3μmサイズの微細なゴミを99%以上除去するダストカットフィルターを内蔵。

排気がとってもクリーンなんです。

使い方はボタンを押すだけと非常にカンタンなので、初めてロボット掃除機を購入したいという人におすすめの機種です。

iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ870 ピューターグレー 870 【日本仕様正規品】
iRobot(アイロボット)

iRobot Braava 380j

サイズ 奥行き216×幅244×高さ79mm
本体重量 1.8kg
電源方式 充電式ニッケル水素電池(充電時間:最大2時間)
稼働面積 ドライモード:56畳、ウェットモード:20畳

我が家で使っているロボット掃除機。

「水拭き」「から拭き」の2つの清掃モードで床をキレイに掃除してくれます。

ホコリや髪の毛はもちろん、皮脂汚れや食べこぼしの跡も、水拭でキレイになります。

本体の高さは、79㎜。

ベッドの下やソファの下など、狭い場所もスムーズに奥まで入り込みます。

拭き掃除が終わると、ブラーバは自動的にスタート位置に戻ってきます。

フローリングやタイルなど、水拭きできる場所の掃除に最適なロボット掃除機です。

 

Anker Eufy RoboVac 11S

サイズ 325×325×72mm
本体重量 2.6kg
電源方式 リチウムイオン電池(充電時間:約300~360分)
稼働時間 最長約100分

超薄型でパワフルなロボット掃除機。

厚さはわずか7.2㎝なので、家具の下など手の届かない場所もしっかり掃除できます。

カーペットやフローリングなどの床面の違いを判別して、自動的に吸引力が切り替わります。

音が静かなのも大きな魅力。

電子レンジの動作時と同じ程度の音しかしません。

 

ダイソン Dyson 360 eye

サイズ 294×334×240㎜
本体重量 2.42kg
稼働時間 最大40分

吸引力が魅力の、ダイソンロボット掃除機。

強力な遠心力で、微細なホコリの粒子を空気から分離してしっかり捕らえてくれます。

搭載されている360°ビジョンシステムで、周囲360°を一目で見渡し、部屋の360°パノラマビューを構成します。

このパノラマビュー画像から、壁・インテリア・部屋の角などの部屋の特徴を把握して、掃除する場所を常に正確に把握してくれます。

掃除し終わったら、充電ドックへ自動で帰還して充電する賢いロボット掃除機です。

ダイソン 掃除機 ロボット掃除機 dyson 360 eye RB01 NB ニッケル/ブルー
Dyson(ダイソン)

パナソニック ルーロ MC-RS810

サイズ 幅330mm×奥行325mm×高さ92mm
本体重量 3.0kg
電源方式 リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)
稼働時間 約100分
稼働面積 約120畳

「ルーローの三角形状」が特徴的なロボット掃除機。

部屋の隅までブラシが入り込み、本体を左右に振りながらしっかりとゴミをかき出してくれます。

  • レーザーセンサー
  • 超音波センサー
  • 赤外線センサー

の3種類の障害物センサーを搭載しているため、家具のキワまでキレイに掃除できます。

本体裏に搭載されたセンサーは、床面の種類や段差を検知。

階段などの段差を検知して、落下を防いでくれます。

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) クリアホワイト MC-RS810-W
パナソニック(Panasonic)

日立 ミニマル RV-DX1

サイズ 250×250×92mm
本体重量 2.3kg
電源方式 リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)
稼働時間 最長約60分
稼働面積 最大約32畳

本体サイズが250㎜とコンパクトなロボット掃除機。

狭い場所や低い場所も、しっかり掃除してくれます。

「ダブルかきとりブラシ」や「小型ハイパワーファンモーターR」による高い集塵力で、フローリングだけでなくカーペットや畳のごみもしっかり取り除いてくれます。

部屋の隅を検知すると、首振り動作を開始。

隅の汚れもブラシでしっかり集塵してくれます。

掃除が終わると、自動で充電台に戻り、ごみの圧縮と回転ブラシのクリーニングが行われます。

日立 ロボット掃除機 ミニマル RV-DX1 N
日立(HITACHI)

シャープ ココロボ COCOROBO RX-V95A

サイズ 幅310×奥行310×高さ90mm
本体重量 2.3kg
電源方式 リチウムイオン電池(充電時間:約3時間)
稼働時間 最長約120分
稼働面積 約40畳

日本の床を研究し尽くして開発されたロボット掃除機。

左右2つのサイドブラシでごみを集め、回転ブラシが集めたごみをかき込みます。

フローリングだけでなく、畳やじゅうたんのホコリも協力に吸い込んでくれます。

搭載されている「縦横無じんシステム」は、部屋の大きさや家具の形状も検知。

部屋の状況に合わせてタテ・ヨコに走行し、ゴミを集めてくれます。

人工知能「ココロエンジン」が搭載されているので、話しかけたりスイッチを押すと、言葉や光、ダンスを組み合わせたリアクションで反応してくれます。

シャープ ロボット掃除機 ココロボ COCOROBO プラズマクラスター搭載 ハイグレードモデル ゴールド RX-V95A-N
シャープ(SHARP)

ANKER Eufy RoboVac 30C

サイズ 325 x 325 x 72 mm
電源方式 リチウムイオン電池(充電時間:約6時間)
稼働時間 最長約100分

高さ72㎜と超薄型ながら、床やカーペットのゴミをしっかり吸引してくれる強力タイプのロボット掃除機。

0.6Lの大容量ダスト容器を搭載しているので、広い範囲を掃除するのにピッタリです。

専用アプリを使えば、掃除の開始・終了・スケジュールの設定をスマホで操作できます。

 

さいごに

ロボット掃除機は、掃除方法の違いで大きく2種類に分けられます。

ゴミを吸い取りながら掃除してくれる「掃除機タイプ」と、水拭きや乾拭きができる「床拭きタイプ」

カーペットや畳の上も掃除したいのか、フローリングだけを掃除したいのかで選び方は違ってきます。

また、ロボット掃除機の本体に溜まったゴミは、定期的に捨てる必要があります。

フィルターやブラシ、吸い込み口は、まめにお手入れしないと吸引力が落ちてしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

単純に価格だけを比較するのではなく、メンテナンスのしやすさも考えて選ぶのがポイントです。

スペックや特徴を比較しながら、使いたい場所に合わせて選ぶのがおすすめですよ。

それじゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
コードレススティック掃除機
コードレススティック掃除機のおすすめ5選こんにちは、いちもくです。 取り回しがしやすくて気軽に使える掃除機があれば、ホコリやゴミが気になったときにサッと使えて便利だと思い...
あわせて読みたい
ドラム式洗濯乾燥機
ライフスタイルに合わせて選ぶ、ドラム式洗濯乾燥機のおすすめ7選こんにちは、いちもくです。 洋服を傷めにくく、洗濯から乾燥まで一度にできる洗濯機があれば便利だと思いませんか? そんな人にお...
あわせて読みたい
布団クリーナー
布団クリーナーのおすすめ7選|花粉・ダニ・ハウスダストなどを除去できる便利アイテムこんにちは、いちもくです。 布団を天日干しできない梅雨や花粉の時期は、ダニやハウスダストが気になりませんか? そんな人におす...
あわせて読みたい
ルンバ比較
ルンバを買うならおすすめはコレ!|現行機種を比較して分かった、各シリーズの魅力とは?こんにちは、いちもくです。 ロボット掃除機・ルンバが欲しいけれど、どれを選べばいいのか分からなくて困っていませんか? 世界中...