Elago W3 STAND Apple Watch用シリコン製充電スタンド レビュー|初期マッキントッシュのデザインを彷彿とさせる、おすすめのApple Watch充電スタンド

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕はApple Watch Series 3が発売されると同時に購入して、今も毎日使い続けているんだ。

充電スタンドには、別売りのelagoのW3 Standを使っているよ。

W3 Standは、初期マッキントッシュ風のデザインがとてもオシャレで、使いやすい充電スタンドなんだ。

W3 Standを購入する前は、自宅でApple Watchをつい充電し忘れてしまう日もあったんだけど、W3 Standを使うようになってからは、充電スタンドにApple Watchを装着するのが楽しみになって、充電し忘れる事は無くなったんだよね。

 

elago W3 Stand

 

スペック

画像引用元:elago

製品サイズ 約6.6×4.6×6.3cm
重量 約90g
素材 シリコン
対応機種 Apple Watch Series1、Series2、Series3 各38mm、42mm対応
カラー クラシックホワイト

 

elago W3 Standの魅力

初期マッキントッシュを彷彿とさせるデザイン

画像引用元:elago

僕がApple Watchの充電スタンドに、W3 Standを選んだ一番の理由は、その優れたデザインなんだ。

初期のマッキントッシュのデザインをインスパイアした商品なんだよね。

往年のアップルファンには、たまらないデザインだと思うよ。

 

手触りが良いシリコン製

画像引用元:elago

elago W3 Standは、良質なシリコン素材でできているんだ。

シリコンだから、Apple Watchを取り外しする際に、傷がつきにくくなっているよ。

シリコンの厚さは7mmと、かなり厚みがあるから、机の上に置いた際に安定感があるんだ。

重量は約90gあるから、Apple Watchをセッティングした際に、グラつくことなくピッタリ収まるんだ。

 

傾斜角が74度あるから、ナイトスタンドモードにも対応

画像引用元:elago

Apple Watchには、ナイトスタンドモードという機能があるんだ。

Apple Watchを充電ケーブルに接続して横向きに置くことで、ナイトスタンドモードにすることができるよ。

ナイトスタンドモードでは、画面の時計が横向きにデジタル表示されて、アラームの時間も画面上に表示されるんだ。

W3 Standは、傾斜角が74度あるから、このナイトモードに対応しているんだ。

僕はApple Watchを目覚まし時計代わりに使っているから、W3 Standがナイトスタンドモードに対応しているのは、とても有り難いんだよね。

 

保護ケース、バンドを付けたままでも充電できる

画像引用元:elago

僕はApple Watchに、保護ケースとバンドを付けて使っているんだ。

 

W3 Standは、バンドを付けたままでも充電できる設計になっているよ。

そして保護ケースも、種類によっては付けたままでも問題なく充電できるんだ。

ケースを付けたままでも充電できるスタンドは少ないから、それだけでも大きな価値があると思うよ。

 

コードをケース内に収納できる

画像引用元:elago

W3 Standに充電ケーブルをセットする際は、ケーブルのUSB端子を通して、充電部分をセットするだけなんだ。

W3 Standの底部は空洞になっているから、コードをケース内に収納できて、持ち運びに便利だよ。

僕は仕事で出張する機会が多いから、W3 Standにコードをコンパクトに収納して鞄の中に入れていることが多いんだ。

 

こんな人にオススメ

  1. 初期のマッキントッシュのデザインが好きな人
  2. ケースやバンドを付けたまま、Apple Watchを充電したい人
  3. ナイトスタンドモードを使いたい人
  4. Apple Watchの充電スタンドを持ち運ぶ機会が多い人

 

さいごに

初期マッキントッシュのデザインにインスピレーションを受けたW3 Stand。

デザイン性に優れているだけでなく、機能性も考えられた充電スタンドなんだ。

所有する喜びを感じられる逸品だね。

 

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です