商品レビュー記事

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナ レビュー|アンテナ端子が無い部屋でもテレビを観れる、便利なペーパーアンテナ

ペーパーアンテナ

こんにちは、いちもくです。

自宅でテレビを観るためには、電波を受信するためのアンテナが必要ですよね。

一般的に、アンテナは屋上などの室外に設置されています。

でも、建物によっては設置されていなかったり、そもそも設置できない場合も意外と多いもの。

そんな時に便利なのが、室内アンテナです。

室内アンテナとは、ケーブルでテレビと繋ぐだけで電波の受信が可能になるアンテナ。

工事不要なので、初心者でも簡単に設置することができます。

さまざまな室内アンテナがありますが、おすすめはペーパーアンテナ。

薄いので場所を取らず、窓や壁に簡単に設置できます。

今回は、そんなペーパーアンテナの中でも特に使いやすい、Wsky 室内用地デジペーパーアンテナを実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナ 商品概要

 

本体サイズ 厚さ0.06×縦30×横33cm
パッケージ内容 アンテナ、電源差込口、取り扱い説明書、ステッカー
受信距離 96km
受信帯域 UHF / VHF
動作利得(gain) 25 dBi
受信周波数 174~240MHz、470~862MHz
同軸ケーブル 4m
認証 PSE & VCCI

 

使ってみて感じた、Wsky 室内用地デジペーパーアンテナの魅力

設定が簡単

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナは、設置がとっても簡単。

10分もあれば設定が完了します。

Wsky

箱の中には、

  • アンテナ本体
  • 電源差込口
  • 取り扱い説明書
  • 予備の両面テープ

が入っています。

Wsky

最初に、付属のケーブルとアンテナ本体を接続します。

Wsky

ケーブルは2股に分かれています。

ケーブルのF-male端子と、テレビの後ろ若しくはテレビチューナーに搭載されているANT/IN端子を接続しましょう。

Wsky引用:Amazon.co.jp

もう一方のケーブル先端には、USB端子が付いています。

wsky

アンテナに電力を供給するために、USB端子を使います。

別売りのACアダプタを用意して、コンセントへ接続。

wsky引用:Amazon.co.jp

アンテナの設置には、工具は一切必要ありません。

取り付けが終わったら、受信感度の良い場所を探してアンテナを貼り付けるだけです。

wsky引用:Amazon.co.jp

電波を受信できたら、テレビでチャンネルの受信設定を行います。

 

受信感度は良好

wsky引用:Amazon.co.jp

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナは、低周波のVHFから高周波のUHFに至るまで、幅広い周波数帯域のテレビ電波に対応。

テレビ塔から約96kmの範囲内であれば、電波を受信できます。

フルハイビジョンの電波を受信できるので、高解像度の映像を楽しめます。

 

窓ガラスや壁紙にアンテナを設置できる

wsky引用:Amazon.co.jp

アンテナの厚みは、わずか0.6mm。

薄くて軽いので、平面だけでなく曲面に取り付けることもできます。

wsky

壁や窓、本棚など、好きな位置にアンテナ取り付け可能。

アンテナに付属しているケーブルは、約4mの長さがあります。

テレビから離れた位置にも設置できるので、電波の受信感度が良い場所に設置しておけば、映像が乱れることもありません。

 

予備の両面ステッカーが付属

wsky

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナは、両面テープを使って壁や窓に設置します。

両面テープは、ペーパーアンテナの上部に2か所、下部に1か所付いています。

3M製の強力な両面テープなので、滅多なことでは剥がれたりしません。

また、予備の両面ステッカーも付属しているので、テープが経年劣化した場合は取り替えが可能。

wsky

電波感度の良い場所を探して、何度も貼り直しをした場合でも安心です。

 

使ってみて感じた、Wsky 室内用地デジペーパーアンテナの気になる点

アンテナ設置は、微調整しながら位置を決める必要あり

wsky引用:Amazon.co.jp

テレビの電波は環境や地形に影響されやすいもの。

また、電子レンジや冷蔵庫などの家電や障害物の影響で、電波がうまく受信できない場合もあります。

我が家の場合も、アンテナをほんの10センチずらして設置するだけで、電波の受信感度が全く違っていました。

wsky

電波を安定して受信できる場所を探すためには、ペーパーアンテナの位置を何度も微調整する必要があります。

位置決めのコツは、あまり高い位置にアンテナを設置しないこと。

僕は最初、アンテナを高い位置に設置した方が、電波の受信感度が良くなると思って色々と試してみたんです。

でも、意外と低い位置でも電波が安定していました。

まずは、テレビの高さとほぼ同じ位置にアンテナを設置してみて、上下左右に微調整してみるのがおすすめです。

 

さいごに

自宅でテレビを観るためには、電波を受信するためのアンテナが必要ですよね。

一般的に、アンテナは屋上などの室外に設置されています。

でも、建物によっては設置されていなかったり、そもそも設置できない場合も意外と多いもの。

そんな時に便利なのが、室内アンテナです。

室内アンテナとは、ケーブルでテレビと繋ぐだけで電波の受信が可能になるアンテナ。

工事不要なので、初心者でも簡単に設置することができます。

さまざまな室内アンテナがありますが、おすすめはWsky 室内用地デジペーパーアンテナ。

薄いので場所を取らず、窓や壁に簡単に設置できます。

受信感度も良いのので、コストをかけずに地デジ環境を整えたい人にピッタリのアイテムですよ。

それじゃ、またね。

 

 

 

https://ichimokusan.info/topkimss100review/

クローゼットハンガー
アイリスオーヤマ 押し入れクローゼットハンガー OSH-Y17 レビュー|セットするだけで押し入れがクローゼットに早変わりこんにちは、いちもくです。 洋服が増えすぎて、クローゼットが欲しいなぁと思ったことはありませんか? そんな人におすすめなのが...
エレコム電源タップ
エレコム 抜け止めマグネット雷タップ T-Y3A-2720WH レビュー|雷ガード機能が付いた、コスパ最強の電源タップこんにちは、いちもくです。 パソコンやスマホなど、さまざまな電子機器を充電しようと思ったら、自宅にあるコンセント数だけでは足りない...
ec200
Glazata Bluetooth 日本語音声ヘッドセット EC200 レビュー|待機時間40日以上のバッテリーこんにちは、いちもくです。 毎日たくさんの電話が掛かってくる営業マンは、ハンズフリー通話ができるBluetoothヘッドセットがあ...