Wsky 室内用地デジペーパーアンテナ レビュー|受信感度の良い、薄くて軽い室内テレビアンテナ

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は長年関西に住んでいたんだけど、仕事の都合で九州に引っ越したんだ。

今まではマンション暮らしだったけれど、新しく住み始めた家は戸建ての賃貸住宅。

閑静な住宅街にある、庭付きの家だから、家族みんなで新生活を楽しみにしていたんだよね。

でも、いざ引っ越してみて困ったのが、テレビが映らなかったこと。

壁のアンテナ端子にケーブルを繋いでも、地デジが映らなかったんだ。

管理会社に問い合わせたところ、以前住んでいたオーナーは、ケーブルテレビを使っていたとのこと。

だから壁のアンテナ端子にテレビを繋いでも、ケーブルテレビに契約しなければ、テレビが映らないと説明されたんだ。

僕の家族は、それほど頻繁にテレビを観ないから、有料のケーブルテレビに申し込む程では無いと思ったんだ。

だから我が家では、室内アンテナを使って地デジを見ることにしたよ。

いろんな室内アンテナを比較した上で、購入したのはWsky 室内用地デジペーパーアンテナ。

薄くて設置が簡単な、使いやすい室内アンテナだったよ。

 

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナ スペック

 

本体サイズ 厚さ0.06×縦30×横33cm
パッケージ内容 アンテナ、電源差込口、取り扱い説明書、ステッカー
受信距離 96km
受信帯域 UHF / VHF
動作利得(gain) 25 dBi
受信周波数 174~240MHz、470~862MHz
同軸ケーブル 4m
認証 PSE & VCCI

 

使ってみて感じた、Wsky 室内用地デジペーパーアンテナの魅力

設定が簡単

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナの一番の魅力は、設定が簡単なこと。

開封して10分もかからずに、設定を終えることができるんだ。

地デジペーパーアンテナは、この薄い箱の中に入っているよ。

箱の中に入っているのは、アンテナ本体と電源差込口、取り扱い説明書、そして予備の両面テープなんだ。

取り扱い説明書に沿って、アンテナを設置していくよ。

最初に、付属のケーブルとアンテナ本体を接続。

ケーブルは2股に分かれているんだ。

ケーブルのF-male端子と、テレビ後ろ或いはテレビチューナーのANT/IN端子を接続するよ。

引用:Amazon.co.jp

もう一方のケーブルは、USB端子が付いているんだ。

アンテナに電力を供給するために、USB接続が必要になるよ。

我が家には、スマホ充電用のUSBアダプタが余っていたから、アダプタを使ってコンセントに接続してみたんだ。

使用するテレビによって、接続方法が若干異なるから、付属の取り扱い説明書を参考に取り付けるのがおすすめだよ。

引用:Amazon.co.jp

アンテナを取り付けるのに、工具を一切使う必要はないんだ。

取り付けが終わったら、あとはアンテナを電波の受信が良いところに設置すれば完成。

引用:Amazon.co.jp

とっても簡単に設置できて、チャンネルの受信設定ができるんだ。

 

受信感度が良い

引用:Amazon.co.jp

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナは、低周波のVHFから高周波のUHFに至るまで、幅広い周波数帯域のテレビ電波に対応しているんだ。

テレビ塔から約96kmの範囲内で、電波の受信ができるよ。

受信できる範囲が広いから、安定して電波を受信することができるんだよね。

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナを使えば、フルハイビジョンでニュースや天気予報、ドラマなどの番組を、無料で視聴することができるよ。

 

様々な位置にアンテナを設置できる

引用:Amazon.co.jp

アンテナの厚みは、わずか0.6mm。

薄くて軽いから、平面だけでなく曲面に取り付けることも可能なんだ。

壁や窓、本棚など、好きな位置にアンテナ取り付けることができるよ。

アンテナに付属しているケーブルは、長さ約4m。

テレビから離れた位置でも、電波の受信が良い場所に設置しやすくなっているんだ。

 

予備の両面ステッカーが付属している

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナは、両面テープを使って壁や窓に設置することになるんだ。

ペーパーアンテナの上部に2か所、下部に1か所、両面テープが付いているよ。

3M製の強力な両面テープだから、はがれにくく、しっかりとアンテナを固定してくれるんだよね。

予備の両面ステッカーが付属しているから、両面テープの粘着力が衰えた場合は、テープを付け替えて設置することができるんだ。

初めて設置する際は、電波の受信が良い場所を探すのに時間がかかったり、何度か設置し直さなければならない場合もあるんだ。

予備の両面ステッカーがあれば、アンテナの設置場所をじっくり選ぶことができて便利だと思うよ。

 

使ってみて感じた、Wsky 室内用地デジペーパーアンテナの気になる点

アンテナ設置の際は、微調整する必要がある

引用:Amazon.co.jp

僕の住んでいる家は、テレビ塔から約30km離れた木造2階建ての戸建住宅。

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナを使えば、充分電波を受信できるエリアなんだ。

でも、テレビ電波は環境や地形に影響されやすいもの。

ほかの電波や、障害物の影響で、電波がうまく受信できない場合もあるんだ。

我が家の場合も、アンテナをほんの10センチずらして設置するだけで、電波の受信感度が悪くなるんだよね。

全てのチャンネルの電波を、安定して受信できる場所を探そうと思ったら、時間をかけてアンテナの位置を決めた方がいいかもしれないよ。

アンテナを高い位置に設置した方が、電波の受信感度が良くなると思って色々と試してみたんだけど、意外と低い位置の方が電波が安定していたんだよね。

だから我が家では、テレビの高さとほぼ同じ位置の壁にアンテナを設置しているよ。

 

さいごに

Wsky 室内用地デジペーパーアンテナは、薄くて軽い地デジ用室内アンテナ。

設置が簡単で、受信感度の良いおすすめのアンテナだよ。

アンテナ端子の無い部屋に、テレビを設置したいときに便利な商品だね。

手間とコストをかけずに、地デジ環境を整えたい人にピッタリだと思うよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク