はてなブログからWordPress(ワードプレス)への移行手順まとめ|はてなで設定しておけば、移行が楽になる3つのポイントあり

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

先日、はてなブログからWordPressに引っ越ししたんだけど、ようやく移行作業が落ち着いてきたんだ。

移行の時点では、それほど記事数は多くなかったんだけど、記事数が多い人の場合は、どうしても移行作業に時間と手間がかかってしまうと思うんだよね。

僕ははてなブログを利用していた際、将来的な移行を視野に入れて、各記事を更新する際は3つのポイントに注意していたんだ。

今回は、そのポイントと、移行手順についてまとめてみるね。

当記事は、はてなブログ運用時に

  1. パーマリンクの設定を「カスタムURL」にて設定
  2. 記事の見出しを<h2></h2>タグに変更済み
  3. 独自ドメインにて運用

してきた私の経験をもとにまとめたものです。

 

はてなブログの記事を書く上で気をつけていた3つのポイント

パーマリンク

はてなブログで記事をアップする場合、それぞれの記事にURLが割り振られることになるんだ。

はてなブログでは、4つの記事URLフォーマットがあるんだけど

  1. 標準フォーマット 例:/entry/2017/08/25/20552
  2. タイトルフォーマット 例:/entry/2017/08/25/面白いオススメ漫画
  3. ダイアリーフォーマット 例:/entry/20170825/1320650325
  4. カスタムURL 例:/entry/omoshiroosusumemanga ※/entry/以下を自分で設定する

僕の場合は、記事を都度公開する際、4番目のカスタムURLを設定していたんだ。

この設定を行っておけば、WordPressに移行する際に、記事のURLを書き換えずに済むんだ。

 

見出しの<h2>と<h3>

はてなブログで本文内に見出しをつける場合、「大見出し」「中見出し」「小見出し」から選ぶことができるんだ。

「見たまま」モードの編集画面を利用して大見出しをつけた場合、HTML編集画面で確認すると、大見出しは<h3></h3>になっているんだよね。

タイトルは<h1></h1>だから、<h2>の見出しを使おうと思ったら、HTML編集画面で1つずつ変更する必要があるんだ。

SEO的にも、見出しの<h2>を飛び越えて<h3>を使うのは不利だから、僕は記事更新時に見出しを<h2>タグに変更していたんだ。

 

独自ドメイン

はてなブログproで運営している場合は、独自ドメインを設定できるんだ。

このブログの場合は、

https://ichimokusan.info/

が独自ドメイン。

独自ドメインを契約していなくても、はてなブログが用意してくれる無料ドメインがあるんだ。

http://ichimokusan.hatenablog.jp/といった形で、URLにhatenablogという文字が追加されているのが、はてなの無料ドメインの特徴だよ。

僕はブログを始めるに当たって、お名前ドットコムで独自ドメインを契約して、はてなブログproで独自ドメイン設定をしていたんだ。

お名前.com

僕はこの3つを事前に準備しておいた上で、はてなブログからWordPressへの移行作業をスタートしたんだ。

 

まずはサーバー契約

WordPressでブログを始める上で、絶対に欠かせないものが2つあるんだ。

レンタルサーバーと、独自ドメインの2つ。

まずはレンタルサーバーの契約からスタートしたよ。

レンタルサーバーの種類はたくさんあるけれど、僕はエックスサーバーを選んだんだ。

エックスドメイン

各種レンタルサーバーサービスが提供している、サーバーの容量や転送量などを比較しても、エックスサーバーは性能と価格のバランスがちょうど良いと思うよ。

WordPressでブログを運営している有名ブロガーさんたちの多くも、エックスサーバーを使っている人たちが多いみたいだしね。

いざ、エックスサーバーのトップページにアクセス。

 

「お申し込みはこちら」というボタンをクリックして、申し込みに入るよ。

申し込み画面で、必要情報の入力。

 

この画面で、プランを選択することになるんだ。

容量や転送量、データベースを比較した上で、僕はX10プランに申し込んだよ。

動画や画像を大量にアップすることが無い場合は、X10プランで十分だと思うんだ。

全ての必要項目に記入して申し込むと、アカウント情報が書かれたメールが送られてくるよ。

 

メールは必ず保存しておこう。

次に、メールの中にある「インフォパネル」のURLをクリックして、料金の支払い手続きをするんだ。

クレジットカード払い、銀行振り込み、コンビニ支払から選択できるよ。

支払いが終わったら、これでサーバー契約完了。

 

WordPressのインストール

次に、エックスサーバーにWordPressをインストールするよ。

もう一度、届いたメールを確認。

 

サーバーパネルと書かれたURLにアクセス。

インフォパネルへのログインID、パスワードとは異なるから、再度ログインが必要になるんだ。

右上の「ドメイン設定」をクリックして、現在の独自ドメインを設定するよ。

 

もしも独自ドメインを取得していない場合は、お名前ドットコムなどで新しく取得する必要があるよ。

お名前.com

「ドメインの追加設定」をクリックし、独自ドメイン名を入力。

 

最後に「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリック。

次に、サーバーパネルトップページに戻って、「自動インストール」をクリック。

「プログラムのインストール」をクリックして、「インストール設定」をクリックするよ。

インストールURLの項目には、トップページにWordPressを設置する場合は、特に何も入力する必要はないんだ。

「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」と各項目を入力。

データベースの項目は、「自動でデータベースを生成する」をチェック。

インストールが完了したら、WordPress管理画面へのログインや編集に必要な情報が表示されるよ。

必ずメモしておこう。

ここまで終わったら、次は独自ドメイン側の設定を変更するよ。

 

独自ドメインのネームサーバー変更

僕はお名前.comを利用しているんだけど、それ以外のサービスで独自ドメインを取得した場合は、そのサイトへアクセスしよう。

僕が独自ドメインを取得した、お名前.comのサイトにアクセス。

 

上部に4つ並んだメニューの中から、ドメイン一覧をクリック。

既に取得したドメイン名がページ下に並んでいるから、一番右側のネームサーバー「変更する」をクリック。

「ご登録情報に変更・相違はありませんか?」というポップアップが出てくるので、「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリック。

 

「他のネームサーバーを利用」をクリック。

 

「ネームサーバー情報を入力」欄に、次のように入力。

ネームサーバーを変更すると、エックスサーバーに切り替わって、これまで使用していたサイトにはアクセスできなくなるんだ。

必ず、ドメインを切り替えてからネームサーバー情報を変更してね。

ネームサーバーの設定を変更したら、反映されるまで時間がかかるんだ。

僕の場合は3時間くらいかかったんだけど、記事数が多いサイトだともっとかかると思うよ。

終わるまで、ひたすら待つしかないね。

 

WordPressテーマの準備

反映されるまでの間、WordPressのテーマの準備をしよう。

僕が選んだテーマは、「ストーク」。

WordPressテーマ「ストーク」

無料のテーマもたくさんあるけれど、有料テーマの方がデザイン性に優れていて、機能が豊富なものが多いんだ。

まずはストークのサイトにアクセスして、「カートに入れる」をクリック。

 

カートの中身をチェックしたら、「次へ」ボタンをクリック。

必要事項を入力するページで、メールアドレスやパスワードを入力したら、支払い画面が出てくるよ。

支払いが終わったら、すぐにダウンロードできるんだ。

もしも再度ダウンロードしたい場合でも、会員登録しておけば、マイページにログインしてダウンロードできるよ。

テーマのダウンロードが終わったら、子テーマもダウンロードしておこう。

子テーマのダウンロード・導入」ページで、ストーク用のダウンロードファイルをクリック。

カスタマイズするときは、子テーマを使うことになるから、必ずダウンロードしておこう。

 

WordPressにストークをインストール

WordPressにアクセスできるようになったら、

http://設定したドメイン名/wp-admin/

へアクセス。

WordPressの管理画面が出てくるから、ユーザー名とパスワードを入力してログインするよ。

管理画面が出てきたら、左側にあるメニューの中の「外観」にカーソルを合わせると、右側にメニューが出てくるんだ。

 

ここで「テーマ」をクリック。

画面上にある「新規追加」ボタンをクリック。

 

「テーマのアップロード」ボタンをクリックして、ストークをインストールするよ。

ストークと、子テーマの2種類をインストールしよう。

インストールできたら、必ず「有効化」しておかなきゃいけないんだ。

この画面は、子テーマであるstork_customが有効化されている状態だよ。

最初にインストールしたストークは有効化されていないけれど、子テーマが有効になっていれば、ストークがテーマに反映されていることになるから大丈夫なんだ。

 

いよいよブログの引っ越し

ここまでくれば、後ははてなブログの記事をエクスポートして、WordPressにインポートすることができるよ。

まずははてなブログの管理画面で、メニューから「設定」を選んで、「詳細設定」をクリック。

 

ページ内にある、「記事のバックアップと製本サービス」をクリック。

 

「エクスポートしなおす」をクリックした後、「ダウンロードする」ボタンをクリック。

これで、記事が全てテキストでダウンロードできるよ。

 

WordPressに記事をインポート

冒頭に触れた、パーマリンクの書き換えや見出しタグの変更が終わっていなければ、ここでやっておこう。

はてなブログの「カスタムURL」で設定したのと同じ記事URLで移行するため、WordPressで記事のURL設定をする必要があるんだ。

管理画面の「設定」から「パーマリンク設定」をクリック。

 

共通設定で「投稿名」をクリック。

※はてなブログで記事URLを「標準フォーマット」「タイトルフォーマット」「ダイアリーフォーマット」に設定していた場合は、設定が異なります。これは「カスタムURL」を設定していた場合のパーマリンク設定方法です。

次に管理画面の左側から「ツール」→「インポート」をクリック。

インポートの中の「Movable TypeとTypePad」の「今すぐインストール」をクリック。

インポートが完了したら、「Movable TypeとTypePad」の「インポーターの実行」をクリックするよ。

「ファイルを選択」ボタンを押して、はてなブログでエクスポートしたテキストファイルを選択。

「ファイルをアップロードしてインストール」をクリック。

最後に、「投稿者の割り当て」を選択できる画面が出てくるから、WordPressの管理者アカウントを選んで終了。

 

はてなブログで、独自ドメインの設定を解除

はてなブログの管理画面にアクセスして「設定」から「詳細設定」をクリック。

独自ドメインを利用していた場合は、独自ドメインの設定を解除しておこう。

これで記事の移行作業は、ひとまず終わりなんだ。

 

さいごに、細かな調整作業

ページにアクセスして、記事が移行されたことを確認したら、細かな修正作業に入るよ。

僕の場合は、アイキャッチ画像が設定されていない状態だったから、1つ1つ設定していったんだ。

ほかにも、タイトルや文章が崩れている部分を修正したり、カエレバ・ヨメレバのデザイン修正作業などを行ったよ。

とにかく時間がかかったけれど、移行作業は無事に終了。

この後プラグインを導入したり、サイトをSSL化したり、Googleアナリティクス設定を変更したりという作業をしたんだ。

僕ははてなブログで

  • 「カスタムURL」を設定していた
  • 見出しタグを変更していた
  • 独自ドメインを利用していた

から、今回の流れでWordPressに移行したんだ。

はてなブログの設定方法が違えば、それぞれ移行手順が異なってくるから、注意が必要だよ。

これまで膨大な時間をかけて創り上げてきた、大切なブログを失わないためにも、必ずバックアップを取りながら作業した方がいいと思うよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です