【7/30まで50%OFF以上】Kindleストア「趣味・実用書フェア」で、絶対に読んでもらいたいオススメ本20選

スポンサードリンク



f:id:ichimokusan:20170722125555j:plain

やあ、いちもくだよ。

2017年7月21日(金)から2017年7月30日(日)まで、Kindleストアで「趣味・実用書フェア」が開催されているんだ。

対象となっている5,474冊の本が、50%OFF以上で購入できるフェアだよ。

僕は毎月本を50冊くらい読むんだけど、こうしたフェアを毎回チェックして、書籍代を押さえるようにしているんだ。

対象となっている作品の中で、僕がこれまでに読んだことのあるオススメの本と、これから読んでみたい本をまとめてみたよ。

 

これまでに読んだ本の中で、絶対に読んでもらいたいオススメ本

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

僕は歴史や哲学に関する本が大好きなんだ。

この本は、原始仏典に学び、宗派に属していない僧侶が書いた本だよ。

宗派に属していないからこそ、仏教を宗教としてではなく、幸せな人生を送るための手段として世に広めようと活動しているんだ。

悩みの本質、そして悩みを断つための具体的な方法が書かれているよ。

決定版 栄養学の基本がまるごとわかる事典

僕は週末に料理をするのが大好きなんだけど、こういう本が1冊あると、献立を考えるのに便利だね。

三大栄養素やビタミンについて、分かり易く解説されているんだ。

ダイエットする場合も、流行のダイエット法に飛びつく前に、栄養学を理解しておけば無理なダイエットをせずに済むと思うよ。

農家が教える 野菜の収穫・保存・料理

料理だけでなく、野菜の収穫や保存方法を解説した本。

収穫・保存方法・料理のそれぞれについて解説した本はたくさんあるけれど、この3つ全てを掲載した本はなかなかないと思うよ。

この本では特に、常温保存や冷凍保存、乾燥、加工といった保存方法を説明した部分が興味深かったよ。

何でも冷蔵庫に入れて保存しがちだったのが、この本を読んで改善できたんだ。

大きな写真でよくわかる!花と木の名前事典

娘が小学校低学年の頃、一緒に散歩することがよくあったんだ。

散歩していると、自然と道端に咲いている花や木について話をする機会が多かったから、散歩の際はこの本のデータを入れたiPadを持ち歩いていたんだ。

アプリにも、花や木の写真や名前を解説したものがいくつかあるけれど、やっぱり図鑑の方が詳しくて便利だと思うよ。

既読スルーされた数だけ幸せになれる

すぐに読み終えることができる本なんだけど、じっくり1つずつ噛みしめながら読むと、納得できる内容が多いんだ。

恋愛の迷路に迷い込んだ女性を救ってくれる1冊だね。

恋愛も、人間関係の1つなんだから、テクニックに頼ってしまうと本当の幸せは訪れないと気づかせてくれる1冊だよ。

トランクひとつのモノで暮らす

僕は普段、出張が多い仕事をしているんだ。

出張では、必要なものをキャリーバックとビジネスバックに入れて持ち歩いているんだけど、もっと荷物を減せないかと思って、この本を読んでみたんだ。

出張の荷物を減らすのには、あまり参考にならなかったけれど、生活スタイルの見直しについて考えさせられたよ。

生活全般に渡って、必要ないものを減らす「ミニマリスト」な考え方が書かれた本だね。

武器としての書く技術

イケダハヤトさんの「稼ぐための書く技術」が集約された本。

読んでくれる人を増やすための、文章の書き方が紹介されているよ。

内容が具体的で、文章の書き方をとても分かり易く解説した本なんだ。

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方

20年間で12,000人の子どもをみてきた著者が、男の子に合った育て方について書いた本。

僕には娘が2人いるんだけど、男の子はいないんだ。

男の子の子育てについて、興味あったから読んでみたんだ。

子育ての本質は、男の子も女の子も関係ないのかもしれないね。

図解 ワイン一年生

以前ワインに興味を持って、いろんな本を読んでみたことがあったんだ。

この本は、フランスのワインを中心に基本を解説した本だよ。

とても分かり易くて読みやすい本だから、ワインの基本を知るのにぴったりな本だね。

新撰組顛末記

新撰組の副長助勤兼、二番組長の永倉新八が、『小樽新聞』記者の取材に応じて語った連載をまとめた本だよ。

新撰組に関する本はたくさんあるけれど、ほとんどが後世の作家が創作した物語なんだ。

でもこの本は、実際に新撰組で活躍した永倉新八の証言を、新聞記者がまとめた貴重な資料なんだ。

大正時代に書かれた文章だから、若干読みにくいんだけど、そこがまたいいんだよね。

一生使える見やすい資料のデザイン入門

会社で使うプレゼン資料を作成する際、参考にしている本だよ。

悪い例と良い例がそれぞれのデザインごとに紹介されているから、具体的でとても分かり易いんだ。

パワーポイント関連の本はたくさん読んできたけれど、この本が一番分かり易かったね。

プレゼン資料を作るのに慣れていない、同じ会社の後輩営業マンにも読んでもらっているよ。

ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問

駿台予備学校の世界史科講師が書いた本。

僕は日本や世界の歴史が大好きで、たくさんの本を読んできたんだけど、この本には知らない知識がたくさん書かれていてすごく面白いんだ。

歴史学者が書いた本だと、難解な部分が多いけれど、この本は非常に分かり易く書かれていて読みやすいよ。

就活を控えた学生にも、読んでもらいたい1冊だね。

在日39年、7000人の日本人を教えてわかったこと 日本人の英語勉強法 なぜ日本人はこんなにも英語ができないのか?

英語学習の問題点について、とても分かり易く書かれた本。

最短で英語を身に付けるために、どういう勉強スタイルを取り入れるべきかが明確に書かれているんだ。

一見すると、当たり前のことが書かれているだけにも見えるんだけど、その当たり前ができていないから英語が身につかないんだよね。

勉強に近道はなく、王道を進むのが一番いいと気づかせてくれる本だよ。

「察しない男」と「説明しない女」のモメない会話術

男性と女性では、考え方や感じ方が違うから、それがモメる原因になる場合が多いと思うんだ。

男性にも女性にも読んでもらいたい本だね。

根本的に、男と女は違うものであり、お互いの違いを理解することで喧嘩も少なくなるということに気づかせてもらえる本だよ。

これから読んでみたい本

図解・いきなり絵がうまくなる本

僕の妻はイラストレーターの仕事をしているんだ。

僕自身は絵を描く機会なんてめったにないけれど、絵が上手い人は心から尊敬しているんだ。

「絵を上手く描けるようになりたいな」と妻に話をしたら、紹介されたのがこの本なんだ。

絵には「コツ」があるから、コツさえ押さえておけば、建物・風景・車・テーブル・イスなど、身の回りにあるものが簡単に描けるようになるらしいよ。

こんな街に「家」を買ってはいけない

タイトルが衝撃的だったから、思わず購入してしまったんだ。

今は賃貸マンションに住んでいるんだけど、そろそろ家を買いたいなと思っていてね。

「マイホームも使い捨ての時代がやってきた」という本のサブタイトルも、気になるんだよね。

機械式時計大全: この1冊を読めば機械式時計の歴史や構造がわかる

腕時計が好きで、今までいろんな時計を使ってきたんだ。

考えてみたら、機械式時計のメンテナンスや有名メーカーくらいは知っているつもりだけど、機械式時計の歴史に目を向けたことがなかったんだ。

もっと機械式時計を楽しむために、この本を読んでみようと思っているよ。

子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ

子どもとのコミュニケーションについて書かれた本が好きなんだ。

親はつい、子どもに高圧的な態度で接したり命令しがちだけれど、子どもから話をしてくれる雰囲気づくりって大切だと思っているんだ。

親が子どもの話を「聴く」だけでなく、子どもが親の話を「聴く」状態がつくり出せるのは、理想的だね。

ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか

ライザップが「結果にコミットしている」ビジネスモデルとは何なのかを解説した本。

結果にコミットするライザップが、本当に目指しているものが何なのか書かれているんだ。

ライザップの具体的なトレーニング方法よりも、急成長するライザップの経営理念や経営方針を知りたい人にオススメの1冊だね。

焚き火の達人

火おこしの超基本から応用テクニックまでを解説した本。

今年は家族で、キャンプや釣りといったアウトドアに行く機会を増やしたいと思っているんだ。

火おこしは、アウトドアの基本だよね。

キャンプやアウトドアの達人・伊澤直人さんが書いた本なんだけど、伊澤さんの本は読み終わるとキャンプに出掛けたくなっちゃう魅力があるんだよね。

まとめ

2017年7月30日(禁)まで開催されている、Kindleストアの「趣味・実用書フェア」。

対象の5,474冊の作品が、期間限定で50%OFF以上で購入できるんだ。

あとでゆっくり読むために、僕は30日までの間、買う本をじっくり吟味してみようと思っているよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です