推理小説のおすすめ8選|2017年上半期に読んだミステリー小説の中で、特に面白かった作品

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は本が好きで、1か月に50冊くらい読んでいます。

歴史の本が大好きなんですが、推理小説も大好きなんですよね。

2017年1月から6月までに読んだ推理小説を数えたら、全部で97冊ありました。

その中でも、特に面白かった作品を8つ紹介します。

 

折れた竜骨/米澤穂信

この作品は、第64回日本推理作家協会賞受賞ほか、各種ミステリ・ランキング上位を総嘗めにした話題作。

ファンタジー要素もふんだんに含まれている、ミステリー小説です。

上巻と下巻に分かれているのですが、下巻を読む際は時間をつくって、一気に読み進めるのがおすすめです。

下巻の犯人を特定する際の論理詰めの部分は、思わず鳥肌が立ちました。

乱れからくり/泡坂妻夫

日本推理作家協会賞受賞作品。

オモチャ会社の部長が、運転中に隕石に当たって死んでしまうという場面からストーリーは始まります。

葬儀の最中に死ぬ人が出てきて、更に身内に不可解な死が続きます。

読みやすい文章なので、どんどん読み進めることができる本ですね。

最後はシンプルだけど、思わぬ連続殺人トリックが待っていて、思わず唸っちゃいました。

頭のいい作家の描く小説は、最高に面白いですね。

ジェリーフィッシュは凍らない/市川憂人

第26回鮎川哲也賞受賞作の作品。

密室殺人事件の要素や複雑なトリックの部分は、読んでいてワクワクが止まりませんでした。

特殊技術で開発され、航空機の歴史を変えた小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。

航行試験中に、閉鎖状況の艇内でメンバーの一人が死体となって発見されます。

さらに、自動航行システムが暴走し、技術開発メンバーが試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう・・・。

鮎川哲也賞は毎回チェックしていますが、この作品は特に抜きんでている作品だと思います。

薔薇の名前/ウンベルト・エーコ

迷宮構造をもつ文書館を備えた、中世北イタリアの修道院で「ヨハネの黙示録」に従った連続殺人事件が起こるところから、物語が進んでいきます。

殺人の動機や謎の手がかりとなる「アフリカの果て」を巡る暗号を解読する部分は、目が離せないほどスリリングな展開。

推理小説と言うよりも、哲学を題材にした小説と言ってもいいのかもしれません。

フーコーの振り子/ウンベルト・エーコ

『薔薇の名前』から8年後に、エーコが書いた小説。

『薔薇の名前』の方が、ミステリーを楽しめる作品だと思います。

でも、『ダヴィンチ・コード』みたいなスリリングな展開が、早く続きを読みたいっていう気持ちにさせてくれるんですよね。

先の見えない展開で、不死身のサンジェルマン伯爵が登場したり、テンプル騎士団や薔薇十字軍、ユダヤ教に関する知識がふんだんに盛り込まれた、ワクワクが止まらない小説です。

虚無への供物/中井英夫

『ドグラ・マグラ』、『黒死館殺人事件』と並ぶ、日本探偵小説三大奇書と呼ばれる作品です。

個人的に順位をつけるとするならば

1位「ドグラ・マグラ」

2位「虚無への供物」

3位「黒死館殺人事件」

といった感じ。

ドグラ・マグラや黒死館よりも後の時代に書かれた小説なので、文体が読みやすくなっています。

物語の舞台は1954年の日本で、当時の社会情勢や時事問題、宗教が分かりやすく描かれています。

昭和を感じながら、ミステリーを堪能できる作品ですね。

スクランブル/若竹七海

女子高を舞台とした、青春小説とも言える作品。

推理小説として見ると、トリックそのものは単純かもしれません。

でも、登場人物たちの会話や推理を読み進めるうちに、自分も高校生の頃に戻ったような錯覚に陥ってしまうんです。

女子高生特有の、友達関係や力関係がリアルに描かれている作品です。

物語自体は短篇集になっていて、1話ずつ解決される謎があります。

最後に伏線が回収されていくという、王道の面白ストーリーです。

ミステリー小説としても面白いけれど、登場人物たちのリアルな人間関係もとっても面白い本ですね。

Xの悲劇/エラリー・クイーン

ド定番中の定番。

エラリー・クィーンの悲劇シリーズの1作目です。

エラリー・クイーンの四部作は、『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』『レーン最後の事件』と続きますが、やっぱりXの悲劇から順番に読んでいくのがイイと思います。

50年経っても色あせない、王道のミステリーですね。

他にもたくさん面白かった小説はあるんだ

2017年上半期に読んだミステリー小説の中には、他にも面白いものがたくさんありました。

続きは今度紹介しますね。

ではでは。

 

スポンサードリンク