佐伯泰英作品のおすすめ6選|迫力満載の剣劇シーンと、人情味あふれる登場人物たちが魅力の時代小説

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は小説が好きで毎日本を読んでいるんだけど、面白い小説と出会ったら、その作家の作品を続けて読むことが多いんだ。

最近続けて読んだのが、佐伯泰英先生の作品。

『密命』シリーズや『秘剣』シリーズなど、佐伯泰英先生の時代小説には数々のヒット作があるんだ。

それだけでなく、過去に発表されたミステリー小説や冒険小説にも、面白い作品がたくさんあるよ。

 

佐伯泰英作品の魅力

佐伯 泰英(さえき やすひで)先生は、福岡県出身の1942年生まれ。

1971年から1974年までスペインに滞在した経験をもとに、『闘牛士エル・コルドベス 1969年の叛乱』『闘牛はなぜ殺されるか』『ゲルニカに死す』といった作品を発表するんだ。

初期の作品は、スペインや南米を舞台にしたものがほとんど。

日本人にはなじみの薄い地域を舞台にしたせいか、なかなか思うように小説が売れなかったんだ。

編集者から「時代小説か官能小説を執筆してはどうか」と勧められたのがきっかけで、時代小説へと転身するよ。

1999年に発表した時代小説『瑠璃の寺』を皮切りに、『密命』シリーズや『秘剣』シリーズなど、ヒット作を連発するようになるんだ。

佐伯先生は、「月刊佐伯」の異名をとるほど執筆スピードが非常に速くて、20日に文庫1冊を書き下ろす程のハイペースで執筆を続けている作家。

佐伯作品の魅力は、リアリティ溢れる迫力満載の剣戟シーンと、登場人物の人情味に溢れたやり取りとのギャップだと思うんだ。

次々と新作が発表されるから、常に最新作を楽しむことができるのも、佐伯作品の魅力だね。

 

陽炎ノ辻 ─ 居眠り磐音江戸双紙1

内容

直心影流の達人、坂崎磐音。

藩内騒動がもとで自藩を離れ、江戸深川六間堀で浪々の日々を送る。

ある日、磐音はふとした縁で両替商の用心棒を引き受けるが、幕府の屋台骨を揺るがす大陰謀に巻き込まれてしまう。

些事にこだわらず春風のように穏やかな磐音が颯爽と悪を斬る、著者渾身の痛快時代小説。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

NHKでドラマ化もされた、ヒット作品だよ。

春先の縁側で日向ぼっこしている猫のような、居眠り剣法の使い手・坂崎磐音が主人公。

誰にでも優しいけれど、剣術がめっぽう強いんだ。

そんな磐音の周囲に集まる人たちは、個性的で人情味あふれる人ばかり。

とても読みやすい文章だから、当時の江戸の情景をリアルにイメージしながら、ストーリーを楽しむことができるんじゃないかな。

ページが進むにつれて、グイグイ惹き込まれていくストーリー展開が魅力の作品。

難しいことを考える必要なく、誰もが楽しめる小説だね。

『居眠り磐音江戸双紙シリーズ』は全部で51巻発行されているんだけど、この『陽炎ノ辻』は、シリーズの記念すべき1巻目の作品なんだ。

スラスラと読み終えることができて、自然と続編を読みたくなると思うよ。

 

寒雷ノ坂─ 居眠り磐音江戸双紙2

内容

江戸深川六間堀、金兵衛長屋で浪々の日々を送る坂崎磐音。

直心影流の達人だが、相も変わらぬ貧乏暮らし。

仕事の口を求めて奔走する磐音に、暇乞いした豊後関前藩との予期せぬ関わりが生じる。

些事にこだわらず、春風駘蕩の如き好漢・磐音が江戸を覆う暗雲を斬り払う、著者渾身の痛快時代小説第二弾。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

『陽炎ノ辻 ─ 居眠り磐音江戸双紙』の続編だよ。

『居眠り磐音江戸双紙』シリーズは、各巻ごとに話がまとまっているから、1巻から読まなくても楽しむことができるんだ。

でも、おすすめはやっぱり巻数に沿って読んでいくことだね。

初期の作品には、その後のストーリーにつながる伏線がたくさんちりばめられているんだ。

全編通して、主人公・坂崎磐音の人柄の良さを感じられる、読後感が爽やかな作品だよ。

 

御鑓拝借 酔いどれ小籐次(一)決定版

内容

豊後国森藩から奉公を解かれ、浪々の身となった赤目小籐次、49歳。

彼には胸に秘する決意があった。

旧主・久留島通嘉の受けた恥辱をすすぐこと。

相手は大名四藩。

備中次直二尺一寸三分を手に、小籐次独りの闘いが今、幕を開ける。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

主人公の赤目小籐次は、物語が始まった時点で49歳。

江戸時代の平均寿命は45歳くらいとされているから、当時としてはかなりの高齢の主人公だね。

赤目小籐次は、背が低く「もくず蟹」と評されるような、風采の上がらない男として描かれているんだ。

佐伯泰英作品では、若くてスラリと背の高い主人公が登場することが多いんだけど、この『酔いどれ小籐次』シリーズは全く正反対だね。

でも、ページをめくるたびに、人間味あふれる小籐次の魅力に惹き込まれていくんだ。

たった1人で、大名4家を相手に主君・久留島通嘉の雪辱を果たしていく姿は、まさに痛快そのものだよ。

 

密命〈巻之一〉見参!寒月霞斬り

内容

6万冊の蔵書を誇る豊後相良藩に、切支丹本所持の嫌疑がかけられた。

時あたかも五代将軍綱吉が没した直後。

新将軍宣下までに大名の粛清を行なうのが幕府の常套手段であった。

藩主から密命を帯びた直心影流の達人金杉惣三郎は、江戸に潜入し切支丹本究明に当たる。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

『居眠り磐音』シリーズと同じく、豊後の小藩が舞台の作品だよ。

この作品が、佐伯泰英先生初の時代小説なんだ。

最近の作品に比べると、若干読みにくさや文章の硬さが気になる箇所があるんだけど、内容は義理人情、恋、陰謀、剣豪の活躍と、いろんな要素が盛り込まれたボリューム満点のストーリーなんだ。

この『密命』シリーズは、全部で26巻。

いずれも飽きることなくサクサク読める名作ばかりだよ。

 

流離 吉原裏同心

内容

安永五年、豊後岡藩の馬廻役神守幹次郎は、納戸頭の妻汀女と逐電した。

幼馴染みの二人は追っ手を避け、当てのない流浪の旅を続ける。

やがて江戸に出た幹次郎は、吉原遊廓・四郎兵衛会所の名主に剣の腕を買われ、用心棒となる。

ある日、彼は遊女が読んだ俳句から吉原炎上を企む無頼集団を突き止める。

その裏には、心中事件に纏わる悲劇が。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

全部で25巻発行されている、長編シリーズの第1作目。

神守幹次郎と妻の汀女が、吉原で暮らすようになった理由が描かれている作品なんだ。

『吉原裏同心』シリーズを読む上では、絶対に外せない1冊だね。

江戸時代の吉原の、華やかな表の面と裏の事情を興味深く知ることができる作品だよ。

 

橘花の仇 鎌倉河岸捕物控

内容

江戸鎌倉河岸にある酒問屋の看板娘・しほ。

ある日、武州浪人であり唯一の肉親である父が斬殺されるという事件が起きる。

相手の御家人は特にお構いなしとなった上、事件の原因となった橘の鉢を売り物に商売を始めると聞いたしほの胸に無念の炎が宿るのだった。

しほを慕う政次、亮吉、彦四郎や、金座裏の岡っ引き宗五郎親分との人情味あふれる交流を通じて、江戸の町に繰り広げられる事件の数々を描く連作時代長篇。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

主人公は、鎌倉河岸の酒問屋「豊島屋」の看板娘・しほに想いを寄せる10代の若者。

佐伯泰英作品の他の作品と比べても、登場人物が若いのが特徴だね。

剣劇を楽しむというよりも、江戸の下町の人情味あふれる生活感を味わいたい人にオススメの作品かもしれないよ。

 

さいごに

佐伯泰英先生の作品は、テレビドラマや漫画化されたものもたくさんあるんだ。

『居眠り磐音江戸双紙』シリーズは、2007年にNHKでドラマ放映されたし、2008年にはテレビ東京で『密命 寒月霞斬り』、NHKでも『陽炎の辻』の続編がドラマ化されたんだ。

『鎌倉河岸捕物控』シリーズも、2010年にNHKでドラマ化されていたんだよね。

そして『居眠り磐音 江戸双紙』の漫画版が、A-ZEROで連載されているよ。

リアリティ溢れる迫力満載の剣戟シーンや、登場人物たちが人情味に溢れたやりとりをするシーンが魅力の、佐伯泰英先生の作品の数々。

読みやすくて面白い、おすすめの時代小説ばかりだよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください