本・映画・音楽

福澤徹三先生のおすすめ作品10選|読後も恐怖の余韻が残る、リアル描写が魅力の作品

福澤徹三

こんにちは、いちもくです。

福澤徹三先生の小説は、読み始めると止まらなくなると思いませんか?

福沢先生は、漫画やドラマにもなった『侠飯』の原作小説を書いた方。

『侠飯』は、読後爽やかな余韻が残る小説ですが、実は福沢先生は恐怖の余韻が残るホラー作品やアウトロー作品も数多く執筆されているんです。

今回は、そんな福澤徹三先生の作品の中から、特におすすめの作品を紹介していきます。

 

福澤徹三作品の魅力

福澤徹三先生は、福岡県出身の1962年生まれ。

高校卒業後は、水商売や日雇い肉体労働、飛び込み営業、アパレル、飲食店店員など、様々な職業を経験されてきました。

その後、デザイナー兼コピーライターとなり、広告代理店勤務や専門学校の講師などを経て、作家デビューを果たします。

2000年に『幻日』(文庫化の際、『再生ボタン』に改題)でデビューし、その後ホラー小説やアウトロー小説を執筆。

数々の文芸賞を受賞する、人気作家となります。

福澤徹三先生の作品は、人物描写が細やかなのが特徴。

読み進めるうちにどんどん人物像が明らかになっていくので、続きが気になって一気に読み進めてしまう人は多いはずです。

 

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

面白いおすすめの福澤徹三作品10選

白日の鴉

製薬会社のMR・友永孝は、電車内で見知らぬ男女に痴漢の疑いをかけられて駅から逃走します。

しかし、新人巡査の新田真人に逮捕されてしまう友永。

無罪を訴えるも、留置場に収監されてしまいます。後日、真人はある出来事から友永の無実を確信し、老弁護士・五味陣介に協力を求めるのですが・・・。

舞台は留置場から拘置所、そして法廷へ。

仕組まれた冤罪との闘いを、テンポ良い徹底した緻密さで描いた警察小説です。

灰色の犬

県警捜査四課のエースだった片桐誠一は、情報漏洩の疑いで左遷されてしまいます。

それから10年後、濡れ衣を晴らす機会が訪れますが、上司から拳銃のやらせ捜査を命じられることに。

そこで片桐は、かつての捜査協力者だった暴力団幹部の刀根剛に協力を求めます。

しかし刀根は、所属していた組を追われる寸前。

さらに誠一の息子・遼平は、職を失い多重債務に苦しんでいました。

巨大組織に狙われた三人は、果たして絶体絶命の窮地を脱出できるのでしょうか。

 

 

忌談

全部で37話のおぞましい話を集めた作品。

上の階に住む同僚の部屋からもれてくる奇妙な物音を聞いたソープ嬢。

とんでもなく怖い映像を見てしまったビデオ店店員。

会う度に顔の変わるキャバクラ嬢。

必ず“出る”から絶対プレイをしないホテルがあるというデリヘル嬢。

思わずページを閉じたくなるような、おぞましいエピソードの数々が掲載されています。

 

 

死に金

金になることなら何にでも手を出し、数億の財産を貯め込んだ矢坂。

そんな八坂が末期癌で倒れたとき、財産を狙う者が次々と病室を訪れます。

矢坂の隠し金はどこにある?

闇金で築いた巨額の遺産をめぐって、5人の人生が交錯する、実話をもとにした衝撃のミステリーです。

 

シャッター通りの死にぞこない

潰れかけたシャッター商店街に、元ヤミ金の男が流れつく。

その男はなんと、3000万円を持ち逃げした犯罪者。

さびれた店と老人だらけの商店街の名は、バンビロード。

でもバンビロードというよりも、ゾンビロードと呼ぶにふさわしいような商店街だったんです。

元ヤミ金の男は、イベント会社の社長と嘘を付き、町おこしに協力しようと努力します。

でも上手くいくはずもなく、ヤクザの大親分に助けを求めてしまったため、事態はますますややこしい方向へ。

爆笑必死のアウトローコメディ作品です。

 

すじぼり

第10回大藪春彦賞受賞作。

将来が見えないことに苛立ちを感じていた亮。

ひょんなことから、やくざの組事務所に出入りすることになります。

でもそこは、個性豊かな面々がとぐろをまく強烈な世界でした。

任侠の世界に生きる男たちに少しずつ心ひかれていく亮でしたが、時代に取り残された昔ながらの組には、最大の危機が訪れようとしていました。

 

再生ボタン

10編の恐怖小説が収録された作品。

教師と学生たちがキャンプ地で、とっておきの怪談話を披露しあった末に起きた悲劇を綴る「怪の再生」。

さえない中年男が帰宅途中に美女と出会い、夜な夜な夢現の狭間で情事に耽る「幻日」。

得体の知れない黒い影にすがり、期限付きの命を手に入れた男の”生への執着”を描く「お迎え」。
リアリティのある表現が、不気味さと恐怖を演出してくれます。

 

侠飯

就職活動中の大学生が暮らす6畳のワンルームに転がり込んできたヤクザは、妙に「食」にウルサイ男でした。

就職活動中の大学生・若水良太は、ヤクザどうしの銃撃戦に巻きこまれてしまいます。

結果、組長の柳刃竜一が部屋に居座ることに。

居候の柳刃はお取寄せが趣味で、キッチンを占領しては料理を作り続ける毎日。

そこに同級生たちも加わって、事態は予想外の方向へ。

むさい男ふたりが狭い6畳間で繰り広げる、任侠グルメ小説です。

 

東京難民

私立大学に通う時枝修は、ある日学費の未払いを理由に大学を除籍されてしまいます。

同時に両親からの仕送りが途絶え、実家との連絡もつかなくなってしまうという悲劇。

なにが起きたのかわからぬまま、修はやむなく自活をはじめますが、夢をかなえるはずの大都会には、底なしの貧困と孤独の荒野が広がっているだけでした。

平凡な大学生の転落と放浪を通じて、格差社会の傷口をえぐる青春巨篇小説です。

 

 

自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術

富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなる時代。

年収200万円以下の給与所得者は、すでに1000万人を超えています。

拡大する賃金格差は、能力でも労働時間でもなく、「入った企業の差」。

こんな世の中であれば、仕事にやる気がでなくてあたりまえなのかもしれません。

格差社会のなかで「就職」をどうとらえ、どう活かすべきなのか?

マニュアル的発想に頼らない、親子で考える就職哲学を解説した本です。

 

さいごに

福澤徹三先生の小説は、読み始めると止まらなくなると思いませんか?

福沢先生は、漫画やドラマにもなった『侠飯』の原作小説を書いた方。

『侠飯』は、読後爽やかな余韻が残る小説ですが、実は福沢先生は恐怖の余韻が残るホラー作品やアウトロー作品も数多く執筆されているんです。

普段の生活では体験することができない刺激を、作品を読む事で存分に味わえますよ。

それじゃ、またね。

 

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

おすすめの料理エッセイ
料理エッセイのおすすめ9選|料理を文字で味わえる?こんにちは、いちもくです。 食べるのは大好きだけど、料理を作るのも大好きという人は多いのではないでしょうか? そんな人におす...
飲み物をテーマにしたマンガ
飲み物をテーマにした漫画のおすすめ9選|料理に合わせるドリンク選びの参考にこんにちは、いちもくです。 飲み物をテーマにしたマンガは、面白いだけでなく役に立つ作品が多いのをご存じですか? ストーリーの...
しあわせゴハン
【書評】しあわせゴハン|セリフがないのに、胸が締め付けられるほど感動できるグルメ漫画こんにちは、いちもくです。 グルメ漫画の魅力と言えば、なんといっても美味しそうな料理。 美味しそうな料理を食べる人の表情や、...
佐伯泰英作品
佐伯泰英先生のおすすめ時代小説6選|迫力満載の剣劇シーンと、人情味あふれる登場人物が魅力的こんにちは、いちもくです。 人間味あふれる作風が魅力の、佐伯泰英先生の作品。 大人気の「密命」シリーズや「居眠り磐音 江戸双...