前畑㈱ 艶紅 亀甲土瓶茶器セット レビュー|伝統的でありながら、モダンなデザインで使いやすいおすすめの茶器

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、岐阜県や静岡県で仕事をする機会が多いんだ。

会社は大阪にあるんだけど、仕事の内容次第で全国各地に出張することが多くてね。

静岡に行った際は、美味しいお茶を買って帰ることが多いんだ。

美味しいお茶は、ちゃんとした茶器で淹れると、美味しさが何倍にも膨らむ気がするんだよね。

そんなわけで最近、美濃焼の老舗・前畑㈱の茶器を購入したんだ。

見た目も手触りも最高な、素敵な茶器だったよ。

 

艶紅 亀甲土瓶茶器セット

 

セット内容 土瓶×1 汲出し×5
土瓶サイズ W18×D14×H11cm 900ml
汲出しサイズ φ8.5×H7cm 240ml
化粧箱サイズ 29×23.5×11cm
材質 磁器
対応 電子レンジ・食器洗浄機(磁器のみ)

 

艶紅とは

艶紅の読み方は、つやべにもしくはひかりべに

紅花の色素を、梅酢で分離した色素の事なんだ。

昔から口紅や頬紅として使われていたもので、特に上質のものは京都で精製されていたから京紅とも呼ばれているよ。

そんなその鮮やかで深みのある 赤色を、独自の技術で表現したのが、前畑㈱の艶紅シリーズなんだ。

 

普段使いにピッタリの美濃焼

岐阜県の土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市でつくられる陶磁器のことを、美濃焼と呼ぶんだ。

岐阜県の東濃地域は、日本の陶磁器の生産量の半分を占めている、陶磁器の一大生産拠点だよ。

美濃焼の歴史は古く、縄文時代の頃から焼きものがつくられていて、平安時代には須恵器などの焼きものの産地になっていたんだ。

艶紅 亀甲土瓶茶器セットは、そんな古き良き美濃焼の伝統を継承しながら、現代の生活スタイルや美的感覚に合わせたつくりになっているよ。

ちょっぴり値段は張るけれど、毎日手にして長く使うことを考えたら、安い買い物だと思ったんだ。

 

艶紅 亀甲土瓶茶器セット内容

現地で購入しても、通販で購入しても内容は同じ。

高級感あふれる化粧箱に入っているよ。

 

化粧箱を開けると、中には土瓶と汲出しが丁寧に包まれた状態で入っているんだ。

 

艶紅を紹介した説明書。

 

土瓶は、蓋や取っ手が別々に入っているよ。

 

大きさの割には、しっかりとした重さを感じるんだ。

内容量は900ml。

4~5人分のお茶を淹れるのにちょうどいい大きさだね。

 

セットになっているのが、亀甲模様が美しい汲出し。

 

1セットに5つ入っているよ。

 

使ってみて感じた、艶紅 亀甲土瓶茶器セットの魅力

老若男女を問わず普段使いできるデザイン

艶紅 亀甲土瓶茶器セットの一番の魅力は、デザインにあると思っているんだ。

艶紅という、鮮やかで深みのある赤を使っているんだけど、古臭くもないし、嫌味でもないんだよね。

我が家には小学生の娘が2人いるんだけど、普段の食事の際、艶紅 亀甲土瓶茶器セットでお茶を淹れると、ゆっくり味わってお茶を飲んでいるんだ。

娘は何も言わないけれど、艶紅の赤がお気に入りみたいなんだ。

 

手触りと重さが絶妙

焼きものは、陶磁器と呼ばれるように、陶器と磁器の2種類があるんだ。

ほかにも、土器やせっ器なんてものもあるんだけど、僕たちが普段使っているのは、陶器と磁器が多いんだ。

陶器は土を原料としていて、磁器は石を原料としているから、磁器の方が丈夫なんだ。

艶紅 亀甲土瓶茶器セットは磁器だから、普段使いにぴったりなんだ。

絶妙な手触りと重さだから、お茶の美味しさを存分に楽しめると思うよ。

何より、毎日使っても飽きないのが嬉しいね。

 

こんな人におすすめ

  1. 4~5人家族向けの茶器を探している人
  2. 普段使いに最適な、軽くて耐久性のある焼きものの茶器が欲しい人
  3. 老若男女問わず使えるデザインの茶器が欲しい人
  4. 汚れやにおいの付きにくい茶器が欲しい人

 

さいごに

磁器は陶器と同じく、うっかり落としてしまうと割れてしまうものだけれど、丁寧に扱えば何年も使える焼きものなんだ。

紙コップやプラスチックの湯呑みも便利かもしれないけれど、陶磁器の茶器が1セットあるだけで、食卓が一気に引き締まると思うよ。

手軽な値段で、何年も使える艶紅 亀甲土瓶茶器セット。

 

伝統を感じながらも、モダンなデザインが魅力的だね。

我が家では、食事の際欠かせないアイテムになっているよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です