蓋なし急須 ちゃーみる レビュー|茶葉の広がりと香りを楽しみながら、美味しいお茶を淹れられるおすすめの急須

スポンサードリンク



いちもくです。

僕はお茶が大好きで、仕事で知り合った静岡の牧之原や鹿児島の知覧、福岡の八女のお茶屋さんから、美味しいお茶を購入することが多いんです。

買ったお茶は、自宅で淹れて飲んでいますが、最近は蓋なし急須を使うことが多いんです。

以前は、急須でお茶を淹れる際、蓋を使って蒸らさないと美味しいお茶にならないと思っていました。

でも、蓋なし急須『ちゃーみる』を使い始めてからは、急須の中の茶葉の見た目や香りを楽しみながら、美味しいお茶を淹れる楽しみを知りました。

 

ハイメッシュちゃーみる

 

サイズ 17.5×13×10cm
重量 約250g
容量 約320cc
材質 陶器
原産国 日本

 

使ってみて感じた、ちゃーみるの魅力

蓋が無くても美味しいお茶が淹れられる

引用:Amazon

ちゃーみるを購入するまで、急須には蓋があるのが当たり前だと思っていました。

急須にお湯を入れてしばらくの間、蓋をして蒸らした方が美味しいお茶になると思っていたんです。

でも、蓋がないちゃーみるでお茶を淹れると、茶葉の蒸し具合や開き具合がよく分かるので、ベストなタイミングでお茶を淹れる事が出来るんです。

それに、蓋がないので茶葉が蒸れ過ぎないんですよね。

蒸れ過ぎないので、2煎目、3煎目も美味しく飲めるんです。

 

茶葉の状態を見ながらお茶を淹れられる

引用:Amazon

「ちゃーみる」という商品名は、「蓋がないから、お茶が良く見える」事から付けられた名前です。

蓋が無くて口が大きいので、急須の中の茶葉の状態が一目で分かるのが特徴です。

お湯を注ぐと、徐々に開いていく茶葉の見た目や香りを楽しむことができるんです。

蓋つきの急須だと、茶葉の状態が変化していくのを楽しむことはできませんからね。

 

網目が細かいから、どんなお茶でも淹れられる

引用:Amazon

茶こしは、80メッシュ綾織になっています。

網目が細かいので、深蒸し茶から粉茶まで淹れられます

細かな網で淹れたお茶は、お茶が持つ本来の色や香り、旨味をしっかり感じる事が出来るんです。

 

お茶を淹れやすい

引用:Amazon

ちゃーみるの容量は、約320cc

一度に2~3人分のお茶を淹れる事ができます。

お湯をいっぱいに入れても、お茶を注ぐ際にお湯がこぼれにくいデザインになっているので、子どもでも安心してお茶を淹れる事ができています。

 

洗いやすい

引用:Amazon

ちゃーみるは口が広いので、茶葉を捨てやすく洗いやすいんです。

また、茶葉が急須の中に残りにくいデザインになっています。

蓋が無いだけで、後片付けもかなり楽になります。

 

使ってみて感じた、ちゃーみるの気になる点

茶葉が詰まりやすい

茶こし部分の網目が細かいので、粉茶を淹れる際に茶葉が詰まりやすいんです。

粉茶の場合は、淹れる度に都度ちゃーみるを水洗いした方がいいかもしれません。

2煎目を淹れようとすると、網に細かい茶葉が付着して淹れにくいんです。

 

白は茶渋の色が目立つ

僕は白のちゃーみるを選びましたが、使い続けると茶渋が目立つようになってきました。

内側がだんだんと茶色くなっていくので、時々漂白した方が見た目が綺麗な状態を維持できると思います。

 

さいごに

ちゃーみるを使い始めてからは、急須の中の茶葉の広がり具合や、徐々に濃くなる香りを楽しみながら、お茶を淹れるようになりました。

お茶を淹れるまでのほんの数分間、急須の中で変化していく茶葉をのんびり眺めているだけで、何だか幸せな気持ちになれるんですよね。

僕は白色のちゃーみるを購入しましたが、

 

他にも黒や

 

黄色のちゃーみる

 

模様が描かれたちゃーみるもあります。

 

 

 

お茶を淹れるほんのひとときの間、ちゃーみるの中で開いていく茶葉をのんびり眺めているのは、最高に贅沢な時間だと思いますよ。

ではでは。

スポンサードリンク