楽天カードを1年間使ってみて感じた、楽天カードのメリット・デメリット

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は営業の仕事をしているのですが、週に2泊から3泊の出張に行く機会が多いんです。

出張で利用するホテルの予約は、楽天トラベルを使って予約しています。

ホテル代金の支払いは、いつも楽天カードを使っているんです。

楽天カードをうまく使えば、楽天スーパーポイントが貯まってとてもお得ですよ。

 

楽天カードとは




楽天カードは、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードです。

国際ブランドはJCB、MaserCard、VISAの3種類から選べます。

楽天カードの最大の魅力は、100円の利用につき1ポイントずつ貯まる楽天スーパーポイントです。

 

基本情報

年会費 無料
発行手数料 無料
年齢制限 18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド JCB、MasterCard、VISA
ポイント名 楽天スーパーポイント
ポイント還元率 1%(最大8%)
締日 月末
支払日 翌月27日
家族カード発行可能枚数 5枚

 

使ってみて感じた、楽天カードの魅力

普段の買い物で楽天スーパーポイントが貯まる

楽天カードの国際ブランドは、JCB、MasterCard、VISAの3種類。

クレジット機能を使って買い物すれば、どこで利用しても楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まるります

僕はコンビニでちょっとした買い物をする際や、スーパーで食料品を買う際、飲食店での支払いで、楽天カードを使うようにしています。

他にも、携帯電話や公共料金の支払いでも、楽天スーパーポイントが付与されます。

普段の買い物で、楽天カードを利用するだけでポイントが貯まるのは魅力的ですね。

 

楽天市場で利用すれば、楽天スーパーポイントは最大8倍になる

通常100円につき1ポイント付与される楽天スーパーポイントは、楽天市場を利用した際、最大で8倍の8ポイント貯める事ができます。

これは、スーパーポイントアッププログラムというキャンペーンが適用されることで、ポイントが増えるからです。

スーパーポイントアッププログラムが適用されると

楽天市場での利用ポイントは、100円につき1ポイント。

これに楽天カードの利用ポイントが追加されて、100円につき1ポイント。

更に楽天市場での楽天カード利用ポイントが追加されて、100円につき2ポイント。

楽天市場アプリを利用して、月に1回以上買い物することで、100円につき1ポイント。

楽天プレミアムカードか楽天ゴールドカードを利用することで、100円につき1ポイント。

楽天モバイルを利用することで、100円につき1ポイント。

楽天ブックスを利用することで、100円につき1ポイント。

これによって、100円につき最大8ポイントが付与されます。

楽天市場をよく利用する人には、とってもお得なシステムです。

 

新規発行でボーナスポイントがもらえる

TVCMやネット広告で、楽天カードの新規発行キャンペーンを一度は目にしたことがあると思います。

キャンペーンの時期にもよりますが、楽天カードを新規発行すると、5000ポイントから8000ポイントのボーナスポイントを貰えます。

ポイントは1ポイント1円で利用することができるので、最低でも5000円分の買い物に利用できるのは嬉しいですね。

注意しなければならないのは、この新規発行ポイントは、自動的に付与されるものではないということです。

申請手続きが必要なので、楽天カード新規発行後、必ず手続きをしておく必要があります。

 

審査が早い

楽天カードの申し込みは、インターネットを利用するのが便利です。

Web審査が早くて、審査後最短で3日ほどでカードが手元に届きます。

僕も公式サイトで楽天カードを申し込みました。

必要事項を入力して申し込みボタンを押したら、申し込み受け付け終了メールが届くのとほぼ同時に、審査承認メールも届きました。

 

クレジット機能だけでなく、ポイントカードや電子マネー機能も付いている

楽天カードには、クレジットカードの機能が付いているだけでなく、楽天ポイントカード楽天Edyを付帯することができます。

だから1枚のカードを持っていれば、3つの支払い方法を選ぶことができるんです。

楽天カード 楽天ポイントカード 楽天Edy
機能 クレジットカード ポイントカード 電子マネー
付与ポイント 100円につき1ポイント 100円につき1ポイント 200円につき1ポイント
発行料 無料 無料 300円
年会費 無料 無料 無料

 

海外旅行傷害保険が充実している

楽天カードは年会費無料のカードですが、海外旅行傷害保険が充実しています。

年会費無料のクレジットカードの場合、海外旅行傷害保険の病気や怪我に対する補償は、大抵100万円。

楽天カードの場合、倍の200万円まで保証してくれることになっています。

僕は年に数回海外に出張することがあるので、病気や怪我に対する補償が充実しているのは凄く助かります。

 

楽天カードのアプリが使いやすい

スマホで利用できる、楽天カードのアプリがとても使いやすいんです。

僕はいつも、利用明細をチェックするのに利用しています。

アプリを使えば、過去の利用明細が約1年分チェックできるんです。

利用明細のチェック以外にも、キャンペーン情報が公開されていたり、地図上から楽天カードをお得に利用できるお店を探すこともできます。

アプリは無料で利用できます。

 

楽天カード
楽天カード
無料
posted with アプリーチ



使ってみて感じた、楽天カードの気になる点

楽天サービスを利用しない人には、メリットが少ない

僕はネットショッピングやビジネスホテルの予約で、楽天市場楽天トラベルを利用する機会が多いんです。

楽天のサービスを利用する機会が多ければ、楽天スーパーポイントを効率よく貯める事ができます。

貯めたポイントは、楽天で買い物する際に利用できます。

楽天のサービスを利用する機会が多い人には、楽天スーパーポイントは魅力的ですが、楽天サービスを利用する機会が少ない人にとっては、さほどメリットがないかもしれません。

 

ETCカードの発行は有料

楽天カードは、ETCカードを申し込むことができます。

ETCカードを発行する場合は、年会費500円(税別)が必要です。

年会費はかかりますが、ETCカードを利用した場合も、100円に付き1ポイントがもらえます。

ETCカードの年会費が無料になる条件も用意されています。

楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド、プラチナの場合は、年会費が初年度のみ無料となります。

 

海外旅行傷害保険は、利用付帯

楽天カードには、海外旅行中の病気や怪我、賠償責任などを保証してくれる海外旅行傷害保険が付帯しています。

注意したいのが、楽天カードの海外旅行傷害保険は、利用付帯ということ。

クレジットカードの海外旅行保険には、利用付帯自動付帯の2種類があります。

自動付帯は、カードを持っているだけで適用されるもので、利用付帯は、海外旅行中にカードを利用しなければ保険が適用されないものです。

詳細は公式サイトで必ず確認しておくことをおすすめします。

こんな人におすすめ

  1. 楽天市場を頻繁に利用する人
  2. 日常的に楽天スーパーポイントを貯めたい人
  3. 楽天の関連サービスを利用する機会が多い人
  4. クレジットカードと電子マネー、楽天ポイントカードを一緒に持ち歩きたい人

 

さいごに

クレジットカードによっては、空港ラウンジを利用できるゴールドカードなど、特典が豊富なカードもたくさんあります。

でもこの楽天カードは、普段の生活で使いやすく、ポイントも貯まりやすいお得なカードになっています。

発行手数料や年会費のかからない楽天カード。

普段使いに最適な、便利なクレジットカードですよ。

ではでは。

 

スポンサードリンク