BRIDGESTONE(ブリヂストン)スマートポンプ SG[PM-501]レビュー|ポンピングが軽くて使いやすい、おすすめの空気入れ

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

10年以上使っていた、金属製の自転車用空気入れが壊れてしまったから、新しい空気入れを購入したんだ。

購入したのは、BRIDGESTONEのスマートポンプ SG[PM-501]。

樹脂製だから、軽くて持ち運びしやすい上、ポンピングがとっても楽な空気入れだったんだ。

 

スペック

本体全長 61cm
ホース全長 73cm
本体材質 プラスチック
ホース材質 ゴム
カラー ブラック、レッド、イエロー

 

使ってみて感じた、PM-501の魅力

とにかく軽い

僕がこれまでに使っていた自転車用空気入れは、金属製だったんだ。

本体の横に、小さな補助タンクが付いているタイプのものだったんだよね。

そんな金属製の空気入れに比べると、PM-501はプラスチックでできているから、とっても軽いんだ。

軽いのは、本体重量だけじゃないよ。

空気を入れる際のポンピングも、軽い力でできちゃうんだ。

このPM-501を使って、小学生の娘でもスイスイ空気を入れているよ。

5気圧まで充填可能な圧力があるから、ポンピングがとっても軽いんだ。

 

小径車にも使える

PM-501は、子ども用の自転車や一輪車など、タイヤ径の小さな自転車にも使える設計になっているんだ。

小径タイヤに使えるのは、英式専用のオリジナルトンボロが付いているから。

狭い空間でも、バルブにガッチリと装着できるんだ。

 

ボール用ノズル、浮き輪用ノズルの2種類が付属している

PM-501には、ボール用ノズル浮き輪用ノズルが付いているよ。

ホースには、2つのノズルを収納できる部分が用意されているんだ。

僕は付属のノズルを使って、ビニールプールやバスケットボール、新体操ボールの空気入れに使っているよ。

ポンピングが軽いから、大きなビニールプールもさほど時間をかけずに膨らませることができるんだ。

 

ホースが長い

PM-501のホースの長さは、73cm。

自転車に空気を入れる場合、バルブがタイヤの上の位置にあっても、難なく届く長さなんだ。

僕はいつも、PM-501を自転車のペダル辺りに置いて、前後のタイヤにホースを伸ばして使っているよ。

長いホースを収納する際は、ハンドル中央部分に溝があるから、折り返して固定することができるんだ。

持ち運びの際、ホースが邪魔にならない設計が嬉しいね。

 

使ってみて感じた、PM-501の気になる点

仏式・米式バルブには対応していない

日本で発売されている自転車のバルブは、英式バルブ以外にも仏式・米式があるんだ。

仏式バルブは、細長い形状をしているのが特徴だよ。

主にロードバイクなどで使われていることが多いんだ。

米式バルブは、太くて丈夫なのが特徴。

マウンテンバイクBMXで使われていることが多いバルブなんだ。

PM-501は、仏式や米式のバルブには対応しておらず、英式バルブにのみ使えるんだ。

英式バルブは、子ども用自転車やママチャリなどで使われているバルブだよ。

使用する自転車のバルブ形状を必ず確認した上で、空気入れを購入する方がいいだろうね。

 

軽いから、ついつい空気を入れすぎてしまう

PM-501は軽くて使いやすいから、ついつい空気を入れすぎてしまいがちなんだ。

我が家では、小学生の娘が自分の自転車に空気を入れることが多いんだけど、空気を入れすぎてしまうことがあるんだ。

タイヤに空気を入れすぎると、パンクする可能性もあるから注意が必要だね。

 

さいごに

自転車用の空気入れとして購入したPM-501なんだけど、浮き輪やビニールプールを膨らませるのに使も使っているよ。

ポンピングが軽いから、大きな浮き輪を膨らませるのも、さほどストレスを感じないんだ。

軽くて持ち運びが楽だから、サイクリングや夏のレジャーでも大活躍しているよ。

 

10年前の空気入れと比べると、段違いの性能を持った逸品だね。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です