KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄機 K2クラシックプラス(K2CP) レビュー|水圧を自由に調整できる、軽量&コンパクトなおすすめ高圧洗浄機

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は長年関西に住んでいたんだけど、仕事の都合で九州に引っ越したんだ。

今まではマンション暮らしだったけれど、新しく住み始めた家は戸建ての賃貸住宅。

引っ越してすぐ、家の外壁や駐車場の汚れが気になったから、高圧洗浄機を使って汚れを落とすことにしたんだ。

さまざまな種類の高圧洗浄機を比較した上で、購入したのはKARCHER(ケルヒャー)の高圧洗浄器『K2クラシックプラス(K2CP)』。

軽量&コンパクトで、水圧の調整ができる便利な高圧洗浄機だったよ。

 

KARCHER 高圧洗浄機 K2クラシックプラス スペック

 

サイズ 24.3×46.2×17.1cm
本体重量 3.9Kg
電源 100V 50/60Hz共用
常用吐出圧力 6MPa
最大許容圧力 8MPa
常用吐出水量 282L/h
最大吐出水量 330L/h
最高給水温度 最大40度
防水性能 IPX5
騒音音圧 73dB
付属品 高圧ホース(5m) トリガーガン(留め具付き)1個 バリオスプレーランス1本 洗浄剤タンク1個 本体側カップリング

 

使ってみて感じた、KARCHER 高圧洗浄機 K2クラシックプラスの魅力

組立・接続が簡単

高圧洗浄機 K2クラシックプラスは、コンパクトな箱に入っているよ。

箱の中に入っているのは、高圧洗浄機本体、高圧ホース(5m)、トリガーガン(留め具付き)、バリオスプレーランス、洗浄剤タンク、本体側カップリング、取り扱い説明書の7種類なんだ。

組立はとっても簡単。

まずはトリガーガンと高圧ホースを接続するよ。

高圧ホースの先端を、トリガーガンに押し込もう。

留め具が「カチッ」と音がするまではめ込むんだ。

次に、本体に高圧ホースを接続しよう。

上部の接続口にまっすぐ奥まで差し込んでから、ナットをしっかり締めるんだ。

本体下部の給水口には、市販の水道ホースを取り付けるよ。

本体に、付属のカップリングを取り付けてから、水道ホースを取り付けよう。

接続できたら、水道栓を開けて、接続部分から水漏れが無いかチェック。

電源プラグをコンセントに差し込んで、本体のスイッチをONにすれば、すぐに使うことができるんだ。

水道との接続はとっても簡単だから、使いたいときにすぐ使い始める事ができるよ。

 

軽量&コンパクト

引用:Amazon.co.jp

K2クラシックプラスの本体は、重量わずか3.9kg。

コンパクトで軽いから、高圧洗浄する際、ラクに持ち運ぶことができるんだ。

我が家の場合、駐車場や玄関の階段、外壁などを高圧洗浄する際、本体を移動させながら使っているんだ。

ホースの長さは限られているから、洗浄したい場所に合わせて本体を移動させる必要があるんだよね。

K2クラシックプラスは軽くて持ち運びしやすく、コンパクトだから収納する際も場所を取らないんだ。

 

水圧を調整できる

引用:Amazon.co.jp

トリガーガンの先には、標準装備のバリオスプレーランスを取り付けて洗浄するんだ。

バリオスプレーランスは、水圧の調節ができるから、洗浄したい場所やモノに合わせて使うことができるよ。

高圧洗浄機を選ぶ際に、一番重要なのが水圧。

水圧が高ければ高いほど、頑固な汚れも落とすことができるよ。

高圧洗浄機の水圧は、MPs(メガパスカル)という単位で表記されるんだ。

通常、高圧洗浄機のスペック表には、最大吐出圧力と常用吐出圧力の2種類の指標が表示されているよ。

最大吐出圧力とは、製品の最大出力のこと。

常用吐出圧力とは、通常使用時に仕えるパワーのことなんだ。

高圧洗浄機を選ぶ際は、常用吐出圧力を基準にするのがおすすめだよ。

K2クラシックプラスの常用吐出圧力は、6MPa。

トリガーガンに取り付けたバリオスプレーランスを調整して、一番強い水圧で洗浄すれば、外壁やコンクリートなどにこびりついた汚れも、簡単に落とせるんだ。

反対に、水圧を一番弱くすれば、植木鉢の水遣りにも使えるほど、優しい水圧になるよ。

用途に合わせて、水圧を調整できるのはとっても便利だね。

 

水道だけでなく、汲み置きした水でも洗浄できる

引用:Amazon.co.jp

K2クラシックプラスは、水道からホースで給水して使う「水道接続式」と、汲み置きした水を使う「自給式」の2種類の使い方ができるんだ。

我が家の庭には水道があるから、ホースを使って高圧洗浄機に給水しているよ。

近くに水道のない場所で使うのであれば、タンク式がおすすめ。

使いたい場所に合わせて、給水タイプを選ぶのがいいだろうね。

自給式で洗浄する場合は、別売りの自給式ホースとフィルターを用意する必要があるんだ。

 

比較的音が静か

引用:Amazon.co.jp

K2クラシックプラスを使っていると、モーター音が鳴り続けるんだ。

取り扱い説明書に書かれている騒音音圧は、73dB(デジベル)。

他の高圧洗浄機と比べても、音は静かな方だと思うよ。

日常生活で耳にする音の目安として

60dB・・・普通の会話、静かに運転する車内音

70dB・・・電話の呼び出し音、騒々しい街中

80dB・・・電車の車内、ピアノの正面1mで演奏を聴く

とされているんだ。

日中にK2クラシックプラスを使うのであれば、周囲から苦情が来るほどの騒音ではないと思うよ。

我が家の周囲は、同じような戸建の住宅が立ち並ぶエリア。

念のために、僕はできるだけ早朝や夕方は使わないようにしているんだ。

 

遊び感覚で掃除ができる

僕がK2クラシックプラスを準備し始めると、小学生の娘2人がいつも駆け寄ってくるんだ。

外壁やコンクリートの汚れが、どんどん落ちていくのが面白いみたいなんだよね。

娘たちは、Nintendo Switchのスプラトゥーンで遊ぶのが大好きだから、高圧洗浄機をゲーム感覚で使っているみたいだよ。

 

引っ越してすぐは、玄関へ続く階段に汚れが黒くこびりついていたんだ。

娘たちが高圧洗浄機を使って、どんどん汚れを落としてくれたよ。

水遊び感覚で高圧洗浄できるから、暑い夏にはぴったりかもしれないね。

注意したいのは、誤った使い方をすると、怪我をしたり高圧洗浄機本体や外壁などを傷めたりする必要があるということ。

子どもが使いたがった場合は、必ず使い方を説明し、目の届く範囲でしか高圧洗浄させない方がいいだろうね。

 

使ってみて感じた、KARCHER 高圧洗浄機 K2クラシックプラスの気になる点

別途用意しなければならないパーツがある

引用:Amazon.co.jp

K2クラシックプラスを購入しても、それだけでは使えないんだ。

別途、水道と接続させるホースとコネクタ(メス)が必要になるよ。

適応する水道ホースは、内径12mm~15mmの耐圧ホース(糸や針金の入っているもの)。

メスコネクタは、ホームセンターなどで売られている、一般的なホース用コネクタで大丈夫だよ。

ほかにも、蛇口とホースを接続させるためのホースバンドや、マルチコネクターなども必要だろうね。

僕はこの耐圧ホースと

 

メスコネクタ

 

蛇口とホースを接続させるコネクタ

 

そしてコンセントに接続させるための延長コードを、別途購入したんだ。

 

K2クラシックプラスに接続させたい、水道の蛇口形状や、コンセントとの距離を考えた上で、必要パーツを揃える必要があるよ。

 

冬は水抜きをしておかないと、部品が割れる可能性がある

高圧洗浄が終わった後は、必ず水抜きをしておく必要があるよ。

特に冬場は、水抜きをしておかないと、凍結して中の部品が割れてしまうことがあるんだ。

使った後は、必ず水抜きしておくのがおすすめ。

電源を切った後、トリガーガンのレバーを握って、ポンプの残留圧力と残水を抜いておく必要があるよ。

 

さいごに

KARCHER 高圧洗浄機 K2クラシックプラスは、軽くてコンパクトだから、持ち運びしやすく収納にも便利な高圧洗浄機なんだ。

水圧を自由に調整できるから、頑固な汚れ落としから植木の水遣りまで、様々な用途に使うことができるよ。

音が静かだから、近所迷惑にもなりにくい、おすすめの家庭用高圧洗浄機なんだ。

一度使ったら、高圧洗浄機を使って汚れを落とすのが、この上ない快感になると思うよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク