選び方

USB Type-C用ハブの選び方|使いやすいType-C用ハブを選ぶポイントとは

やあ、いちもくだよ。

僕は普段、外出先でMacBookやASUS Chromebook C302CAを使って、ブログを更新したり仕事の資料を作成することが多いんだ。

作業内容によっては、タッチパッドではなく、マウスやテンキーを使った方が作業しやすいことも多いんだよね。

だから僕は、MacBookやC302CAにUSBハブをつなげて、周辺機器を接続しているんだ。

僕の使っているMacBookやC302CAに、搭載されているUSBポートはType-C。

これまで使っていたUSB接続の周辺機器とは、異なる挿入口の形状だから、変換コネクタなどを使わないと接続できないんだ。

数種類の周辺機器を同時に使うことが多いから、僕はUSB Type-C用ハブを持ち歩いているよ。

ハブを使えば、今まで使っていた周辺機器をまとめて接続できるから、とっても便利だよ。

 

USB Type-Cとは

接続の向きを気にせず使える


これまでのUSBは、挿入する向きが決まっていたんだ。

でも、USB Type-Cの場合は、上下関係なく挿入して使えるようになっているんだよね。

iPhone のライトニングケーブルのように使えるから、薄暗い場所でも向きを気にせず接続できるのが魅力なんだ。

 

入力・出力の区別がない


プリンターをパソコンに接続して使う場合、ケーブルの入力端子と出力端子は異なる形状をしているんだ。

でも、Type-Cの場合は、端子ごとに入力・出力の区別がないんだよね。

両端の端子形状がType-Cであれば、接続機器に関係なく、ケーブルのどちらの端子を挿入しても機能するんだ。

 

充電・映像出力・データ通信がケーブル1本でできる


これまでは、充電する場合はACアダプタ、映像を出力する場合はHDMI端子を使って出力、データ通信する場合はUSBと、用途に合わせて異なる端子を使う必要があったんだ。

でも、Type-Cは充電や映像出力、データ通信の全てに対応しているんだよね。

持ち運ぶケーブルを少なくすることができるんだ。

それに、パソコン本体はそれぞれの入出力端子を搭載する必要が無くなるから、スリムで使いやすいシンプルなデザインになるんだよね。

 

USB Type-C用ハブを選ぶポイント

搭載されているポートの種類で選ぶ


Type-C用に限らず、ハブを選ぶ際に一番大切なのは、自分が使いたいポートが搭載されているかどうか。

僕は普段、マウスやテンキーを持ち歩くことが多いから、USBポートが搭載されているものを選んでいるよ。

他にも、プレゼンでモニターやプロジェクターにパソコンを接続させる機会もあるから、VGAやHDMIポートも欲しいんだよね。

SDカードを使う機会があれば、SDカードリーダー付きのハブを選んだり、LANケーブルを使ってネットに接続させたい場合は、LANポートが搭載されたハブを選ぶのがおすすめだよ。

自分が使いたいポートが搭載されているかどうかは、ハブを選ぶ際に必ずチェックしておきたいポイントだね。

 

ポートにUSB Type-Cがあるハブを選ぶ


ハブにType-Cポートがあれば、充電ケーブルを接続することができるんだ。

僕の使っているMacBookは、本体にType-Cポートが1つしか付いていないんだよね。

だからポートに周辺機器を直接接続してしまうと、充電しながら使うことができないんだ。

長時間作業するときのために、Type-Cポートが搭載されたハブを選ぶのがおすすめだよ。

 

ケーブルの長さで選ぶ


ハブのケーブルの長さは、あまり長過ぎないものが使いやすいよ。

デスクなどの作業環境が広ければ、長いケーブルのハブでもいいかもしれないけれど、狭い場所だと邪魔になってしまうんだよね。

10センチ程度のケーブルであれば、作業の邪魔になりにくいと思うよ。

 

おすすめのUSB Type-C用ハブ

Satechi スリム アルミニウム Type-C マルチポート アダプター FBA ST-CMAM

ポート USB 3.0ポートx2, USB-C充電ポート, 4K HDMIポート

 

スリムでコンパクトなハブ。

本体は艶消しアルミニウムが使われているから、Apple商品との相性が抜群なんだ。

4K HDMI (30Hz) ポートを使えば、パソコンから4Kモニターに映像を出力することができるよ。

USB-C充電パススルーポートに充電ケーブルを挿入すれば、他のUSBポートを使いながらパソコン本体を充電することができるんだ。

 

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ AK-A83310A1

ポート USB3.0ポート×3、HDMIポート×1、イーサネットポート×1

 

3つのUSB3.0ポート、HDMIポート、インターネット接続が可能なイーサネットポート、これらをすべて搭載したハブ。

イーサネット接続から、最大速度1Gbpsの安定したインターネット回線にアクセスすることができるよ。

鮮やかな4K動画の配信や、5Gbpsの高速データ転送も可能なハブなんだ。

 

Satechi マルチハブ シルバー 0879961006112

ポート Type-C充電ポート、4K (30Hz)HDMIビデオ出力、ギガビット LANポート、SD/Micro SDカードスロット、USB 3.0ポート×3

 

たった1つのType-Cポートから、4K (30Hz)HDMIビデオ出力、ギガビット LANポート、SD/Micro SDカードスロット、USB 3.0ポートを増設することができるハブ。

艶消しアルミとで、スリムなデザインが特徴的だね。

4K対応のパソコンで使えば、4K対応モニターに接続するだけで、高画質の映像を楽しむことができるよ。

LANケーブルを使ってインターネット接続することもできるから、高速で安定したネット環境を確立することもできるんだ。

 

USB C ハブ Type-c Hub Dootoper GN30H

ポート USB 3.0ポート×3、HDMI ポート、ネットワークポート、SD カードリーダー、 Micro SDカードリーダ、Type-C インターフェイス

 

様々な周辺機器に接続可能なポート類を搭載したハブ。

2つの高速USB3.0ポートを使えば、最大5Gbpsでのデータ通信が可能。

HDMI出力ポートは4K 30HZ対応だから、HDMIに対応したディスプレイに投影することができるんだ。

アルミコーティングされた、シンプルなデザインのハブだよ。

 

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ AK-A7516011

ポート USB 3.0×4

 

USBポートが4つ付いたハブ。

最大5Gbpsの高速データ転送が可能だから、HD動画でも数秒で転送することができるよ。

約30グラムと軽量だから、持ち運びも楽なんだ。

強化設計されたケーブルと耐熱端子が使われているから、堅牢性にも優れているよ。

 

LENTION 3ポートUSB-Cハブ PD充電機能搭載 CB-TP-C13-GRY

ポート USB3.0、USB2.0×2、充電専用Type-C

 

アルミ素材でできたハブ。

サンドブラスト仕上げが施されているから、MacBookと相性の良いデザインなんだ。

充電中にもさまざまなUSB端末を同時に動作させられるんだ。

USB3.0ポートを使えば、高速データ転送が可能。

2つ搭載されたUSB2.0ポートも、マウスやキーボードなどの周辺機器を同時に動作させることができるよ。

 

Wavlink USB C Hub Type C adapter USB Cハブ

ポート 4K HDMI×1、Type-C Power、USB 3.0×2、Micro SD、Type-C

 

MacBook Proに、2つ並んだType-C Maleを接続すれば、ぐらつかず安定してハブを接続することができるんだ。

MacBook Proとほぼ同じ厚みだから、デザインを損なわずにハブを使うことができるよ。

対応機種は、2015/2016/2017 MacBook Pro 13インチと15インチ。

使える機種が限られているから、注意が必要だね。

 

HooToo USB Type C ハブ HT-UC001JP

ポート USB 3.0ポートx3、SDカードリーダー、HDMIポート、USB Type-C充電ポート

 

充電可能なType-Cポートが搭載されているから、周辺機器を接続した状態でも給電が可能だよ。

HDMIポートを使えば、4K UHDビデオを直接に他のスクリーンに投影することができるんだ。

SDカードリーダーは、最大2TBまで対応。

SD/SDHC/SDXCを使うことができるよ。

 

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ ST-CMBPM

ポート Thunderbolt 3ポート、4k HDMI (30Hz)ビデオ出力、USB-Cデータ転送ポート、USB3.0ポート×2、SD/Microカードリーダー

 

艶消しアルミニウム仕上げのハブ。

MacBook Proに、2つ並んだType-C Maleを接続すれば、ぐらつかず安定してハブを接続することができるんだ。

充電と同時に、40Gbp/sの高速データ転送が可能だよ。

 

raycue USB Type-c ハブ

ポート HDMI ポート×1、USB 3.0 ポート×2、PDポート×1

 

PD急速充電ポートが搭載されているから、ハブを使用しながらパソコンに給電することが可能。

外部のディスプレイへ出力できるHDMIポートを使えば、テレビやプロジェクターなどに映像を出力することができるんだ。

端子部には、金メッキプラグを採用。

サビなどの劣化や接触抵抗を抑えてくれるから、信号干渉に強く、耐久性と安定性に優れているんだ。

 

さいごに

USB Type-Cが搭載されたパソコンは徐々に増えてきているけれど、これまで使ってきたUSBタイプの周辺機器を使う場合は、ハブやアダプタを使う必要があるんだ。

今後はType-C端子が搭載された周辺機器が増えてくると思うけど、まだまだ少ないのが現状。

Type-C用ハブを使えば、使いやすい周辺機器をまとめて接続できて便利だよ。

じゃ、またね。

 

 

あわせて読みたい
USB Type-C用映像出力アダプターの選び方|使いやすいType-C用映像出力アダプターとはやあ、いちもくだよ。 僕は普段、外出先でMacBookやASUS Chromebook C302CAを使って、ブログを更新したり仕...
あわせて読みたい
USB Type-C用カードリーダーの選び方|使いやすいType-C用カードリーダーを選ぶポイントやあ、いちもくだよ。 僕は普段、外出先でMacBookやASUS Chromebook C302CAを使って、ブログを更新したり仕...
あわせて読みたい
外付けブルーレイドライブの選び方5つのポイントやあ、いちもくだよ。 僕は営業の仕事をしているんだけど、外出先にパソコンを持ち歩くことが多いんだ。 パソコンは、持ち歩きやす...
あわせて読みたい
外付けDVDドライブの選び方5つのポイントやあ、いちもくだよ。 僕は営業の仕事をしているんだけど、外出先にパソコンを持ち歩くことが多いんだ。 パソコンは、持ち歩きやす...