アイリスオーヤマの「超吸引ふとんクリーナーKIC-FAC2」を使ってみて感じた、メリット・デメリット

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

我が家は僕と妻、小学生の娘2人の4人家族なんだけど、みんなベッドで寝ているんだ。

2人の娘は自分の部屋を持っているから、それぞれの部屋にベッドを置いているよ。

ベッドは布団と違って、天日干しするのが難しいから、定期的にふとんクリーナーを使ってお手入れするようにしているんだ。

布団クリーナーを使えば、花粉・ダニ・ハウスダストなどを取り除けるから、毎日快適に寝られるようになるよ。

さまざまなふとんクリーナーが販売されているけれど、僕が使っているのはアイリスオーヤマのKIC-FAC2。

パワフルな吸引力と見やすいダニちりセンサーが魅力のふとんクリーナーなんだ。

 

超吸引ふとんクリーナー KIC-FAC2 スペック

外型寸法(使用時) 幅250mm×奥行459mm×高さ212mm
外形寸法(収納時) 幅250mm×奥行144mm×高さ403mm
重量 約1.6kg
集塵容量 0.2L
振動回数 約6,000回/分
パワー 3段階(弱・標準・ターボ)

 

使ってみて感じた、超吸引ふとんクリーナー KIC-FAC2の魅力

とにかく吸引力がスゴイ

KIC-FAC2は、商品名に「超吸引」という文字が入っている通り、とにかく吸引力に優れているんだ。

ヘッド部分に搭載されているのは、縦回転のサイクロン気流を生み出す「サイクロンストリームヘッド」。

そして本体内部では横回転のサイクロン気流が生み出されるんだ。

2つのサイクロン気流で、ハウスダストを強力に巻き上げて吸い取ってくれるよ。

ほかにも、KIC-FAC2には幅20センチの超ワイドたたきパッドが搭載されているんだ。

1分間に6,000回の高速たたきで、ふとんの繊維の間に潜り込んだハウスダストを浮き上がらせてくれるよ。

この「吸引」と「たたき」の相乗効果によって、ふとんの奥にあるハウスダストもしっかり吸い込んでくれるんだ。

ハウスダストの除去率は、98%以上。

定期的にKIC-FAC2でふとんをクリーニングしておけば、毎日気持ちよく寝ることができるよ。

 

吸引力を3段階に調整できる

吸引力の強すぎるふとんクリーナーを使うと、布団によっては吸い付いてスムーズに掃除できない場合もあるんだ。

このKIC-FAC2は、吸引力を3段階に調整できるようになっているよ。

我が家の場合、掛け布団はたたきなしの「弱」で、ベッドのマットレスはたたきありの「標準」や「ターボ」で掃除しているんだ。

マットレスのように厚みのある場所を掃除する場合は、吸引力のある「ターボ」がおすすめ。

「標準」で全体をクリーニングした後、改めて「ターボ」でクリーニングしてみたことがあるんだけど、吸い込みきれなかったハウスダストが吸引できていたんだ。

布団によっては、「ターボ」では吸引力が強すぎて吸い付いてしまい、スムーズに動かせない場合があるんだよね。

布団に合わせて吸引力を調整するのがおすすめだよ。

 

綺麗になったらイルミネーションで知らせてくれる

引用:Amazon.co.jp

本体に搭載されている高感度ダニちりセンサーは、検出したハウスダストの量をイルミネーションで知らせてくれるよ。

ハウスダストの量が多いと、赤く光るんだ。

掃除を続けると、イルミネーションが赤から黄色へ、そして緑に変化していくよ。

キレイになったことをKIC-FAC2が知らせてくれるから、効率よく掃除できるんだ。

 

温風機能でいつでもふとんがフワフワ

引用:Amazon.co.jp

KIC-FAC2には、温風機能が搭載されているんだ。

温風をふとんに当てることで、天日干ししたようなふっくらした仕上がりになるよ。

定期的に温風を当てれば、ダニが繁殖しにくい環境をつくれるんだ。

 

使ってみて感じた、超吸引ふとんクリーナー KIC-FAC2の気になる点

コードレスではない

KIC-FAC2を使う際は、コンセントにプラグを接続する必要があるんだ。

コードの長さは4m。

我が家では問題なく使えているけれど、布団やベッドの位置によってはコードの長さが足りない場合があるかもしれないよ。

コードレスでない分、パワーはあるんだけれど、布団やベッドの配置によっては延長コードを利用する必要があるかもしれないね。

 

ダストカップは絶対に水洗いするのがおすすめ

引用:Amazon.co.jp

ダストカップは、取り外して水洗いすることができるんだ。

僕は使い始めの頃、ゴミ箱の上でダストカップを取り外して溜まったゴミを捨てていたんだ。

でも、この方法だと細かなハウスダストが周囲に飛び散ってしまうんだよね。

だから最近は、ダストカップを取り外したら水洗いするようにしているんだ。

細かなホコリが飛び散らないから、ダストカップは水洗いするのがおすすめだよ。

 

さいごに

アイリスオーヤマの「超吸引ふとんクリーナー KIC-FAC2」は、軽くてパワフルな布団クリーナーなんだ。

「叩き出し」と「吸引」の2つの機能で、ハウスダストをしっかり吸い込んでくれるよ。

細かなハウスダストを吸い込むだけでなく、温風機能でダニが繁殖しにくい環境を作ってくれるのも嬉しいね。

ベッドや布団だけでなく、ソファや車のシートの掃除にもおすすめだよ。

じゃ、またね。

 

ルンバを買うならおすすめはコレ!|現行機種を比較して分かった、各シリーズの魅力とは

2019年2月7日

ブラーバ Braava 380j レビュー|拭き掃除専用のロボット掃除機を使ってみて感じた、メリットとデメリット

2019年2月5日

コードレススティック掃除機のおすすめ8選|サイクロン式と紙パック式のメリット・デメリット

2019年1月26日

ドラム式洗濯乾燥機のおすすめ8選|ライフスタイルに合った洗濯機の選び方とは

2019年1月21日
 

スポンサードリンク