商品レビュー

ブラーバ Braava 380j レビュー|寝ている間に拭き掃除してくれる、便利なロボット掃除機

ブラーバ

こんにちは、いちもくです。

ロボット掃除機を使って、フローリングの床拭きをしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、Braava 380j。

ボタンひとつで、フローリングの床をキレイに拭き掃除してくれます。

毎日雑巾がけしようと思ったら大変ですが、Braava 380jを使えば、いつでも自動で床の拭き掃除ができます。

今回は、僕がBraava 380jを半年間使ってみて感じた、商品の魅力と気になる点を詳しくレビューします。

 

ブラーバ Braava 380j スペック

製品寸法 幅244mm×奥行き216mm×高さ79mm
製品重量 約1.8kg(バッテリー装着時/クリーニングパッドを除く)
電源方式 充電式ニッケル水素電池(充電時間:最大2時間)
最大稼働面積 ドライモード:56畳 ウェットモード:20畳

 

使ってみて感じた、ブラーバ Braava 380jの魅力

使い方がとっても簡単

Braava 380j

Braava 380jは、ボタン1つで簡単に操作できる拭き掃除専用のロボット掃除機です。

セッティングが簡単なので、掃除したいときにすぐに使えるのが魅力。

拭き掃除のセッティングは、ドライモードウェットモードの2種類が選べます。

 

ドライモード

Braava 380j引用:iRobot

ドライモードの場合、専用のパットにシートを取り付けてから使います。

Braava 380j

シートを挟む部分は柔らかいゴムでできており、専用クロスや市販の使い捨てお掃除シートを取り付けることが可能。

Braava 380j

あとは専用パットを本体に装着するだけです。

Braava 380j

専用パットと本体は、マグネットでワンタッチ接続されます。

セットできたら、本体のドライモードボタンを押すだけ。

Braava 380j

たったこれだけで部屋中を掃除してくれるんです。

 

ウェットモード

Braava 380j引用:iRobot

Braava 380jで水拭きする場合、タンクに水を入れて使います。

ウェットクリーニングパッドの給水口キャップを開いて、中に水を入れます。

Braava 380j引用:iRobot

ウェットクリーニングパッドに青のウェットクロスをセットしたら、ブラーバに取り付けます。

セットできたら、本体のウェットモードボタンを押すだけ。

Braava 380j

これでブラーバが部屋中を水拭きしてくれます。

一度給水すれば、約20畳の広さの水拭きが可能です。

 

驚くほどキレイに拭き掃除してくれる

Braava 380j引用:iRobot

僕は普段、ルンバでフローリングのゴミやホコリを掃除した後、ブラーバで拭き掃除しています。

ブラーバを併用するようになってから、ベタベタする皮脂汚れやザラザラした砂汚れを感じることが無くなりました。

ブラーバは、床に1㎏の圧力をかけて拭き掃除してくれます。

この1㎏という圧力は、人が雑巾がけするのとほぼ変わらない圧力。

テーブルやイスの脚の間も、前後に動きながら微調整して進むので、部屋中をキレイに掃除してくれます。

万が一家具などに挟まって動けなくなった場合は、音で知らせてくれるんです。

毎日ブラーバが自動で雑巾がけしてくれるので、フローリングが常にピカピカの状態を維持できています。

 

市販のお掃除シートが使える

Braava 380j

Braava 380jには、ドライクロスとウェットクロスが付属しています。

布製のクロスなので、洗って繰り返し使えるんです。

でも、毎回掃除が終わる度に洗うのは面倒なもの。

だから我が家では、市販の使い捨てお掃除シートを使っています。

Braava 380j

ブラーバには、使い捨てのお掃除シートをセットできます。

Braava 380j

掃除が終わったら、本体から外してポイッと捨てるだけ。

クロスを洗う手間が一切必要ないので、とっても楽なんです。

いくつかの使い捨てお掃除シートを試してみましたが、厚手のシートを使った方が髪の毛やホコリがしっかり取れるようです。

 

NorthStarキューブがあれば、広い場所もしっかり掃除できる

Braava 380j

Braava 380jには、「NorthStarキューブ」というアイテムが付属しています。

NorthStar(ノーススター)、すなわち「北極星」のように、部屋の中でブラーバの目標となるポイントに設定できます。

Braava 380j

電源ボタンを押せば、赤外線信号を発信してブラーバを誘導してくれます。

NorthStarキューブを使わなくてもブラーバは使えますが、設置することでより正確に部屋の隅々まで掃除できるようになります。

設置する場所は、テーブルなど平らな場所がおすすめ。

Braava 380j

NorthStarキューブを使えば、広い範囲を拭き残しなく掃除してもらえるます。

 

運転音が静かだから夜でも掃除できる

Braava 380j

僕はルンバも使っていますが、ルンバの運転音は結構大きいもの。

深夜に動かすのは抵抗がある運転音なんです。

そんなルンバと比較すると、ブラーバの運転音は驚くほど静か。

あまりにも静かなので、気が付いたら足元にあった、なんてことも結構多いんです。

深夜でも、近所を気にすることなく使えるのが魅力です。

 

コンパクトで収納に便利

Braava 380j引用:iRobot

Braava 380jのサイズは、幅244mm×奥行き216mm×高さ79mm。

テーブルや椅子の間など、狭い場所にもスイスイ入ります。

コンパクトなサイズなので、収納するのも便利。

専用の充電スタンドが付属しているので、使い終わった後はスタンドに載せておくだけでいいんです。

スタンドを使えば、ブラーバを立てた状態で充電できるので、家具の隙間に収納しておくこともできます。

 

使ってみて感じた、ブラーバ Braava 380jの気になる点

大きなゴミは拾えない

Braava 380j引用:iRobot

Braava 380jは、拭き掃除専用のロボット掃除機です。

だから床に落ちているゴミやホコリは、吸い取ってくれません。

ブラーバを使う前に、大きなゴミやホコリは掃除機で吸い取っておく必要があります。

 

畳やカーペットの部屋は使えない

Braava 380j引用:iRobot

ブラーバは、

  • フローリング
  • タイル
  • クッションフロア

などで使える、拭き掃除専用ロボット掃除機です。

畳やカーペットが敷いてある部屋では、ブラーバは使えません。

マンションなど、フローリングスペースが広い場所でないと、ブラーバの性能は十分に発揮できないかもしれません。

 

さいごに

Braava 380jは、カラ拭き・水拭きの両方に対応している、拭き掃除専用のロボット掃除機です。

運転音が静かなので、深夜や早朝でも気兼ねなく動かせます。

おすすめの使い方は、ルンバとブラーバを併用する方法。

ルンバで大きなゴミを吸い取った後、ブラーバを使えば、床がピカピカになります。

一度使い始めると、その便利さに手放せなくなりますよ。

それじゃ、またね。

あわせて読みたい
サイクロン掃除機
サイクロン掃除機 SY-054 レビュー|充電する必要がない、吸引力に優れたスティック型掃除機こんにちは、いちもくです。 スティック型掃除機が欲しいけれど、充電が面倒だからコード式タイプがいいという人は多いのではないでしょう...
あわせて読みたい
ダイソンV6 slim
ダイソン V6 Slim SV07 レビュー|排気が驚くほどキレイ!吸引力抜群のスティック型掃除機こんにちは、いちもくです。 ダイソンの掃除機を使ってみたいけれど、コスパと吸引力に優れた機種がどれなのか良く分からないという人は多...
あわせて読みたい
es-w111
シャープ ES-W111 レビュー|乾燥フィルタ-を自動でお掃除してくれるドラム式洗濯乾燥機こんにちは、いちもくです。 そろそろドラム式洗濯乾燥機を買い替えたいけれど、乾燥フィルターのお掃除が楽な機種が欲しいと考えている人...
あわせて読みたい
ふとんクリーナー
アイリスオーヤマ ふとんクリーナー KIC-FAC2 レビュー|ハウスダスト除去率98%以上!たたいて吸い込むふとんクリーナーこんにちは、いちもくです。 ベッドのマットレスを天日干ししたいけれど、重たいし干すためのスペースが確保できなくて困っていませんか?...