dTV レビュー|作品のダウンロードや倍速再生ができる、おすすめの定額動画配信サービス

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は映画やドラマが大好きで、休日にレンタルショップにDVDを借りに行くことが多かったんだ。

でも、4年前からdTV(当時はdビデオ)を利用しはじめてからは、自宅だけでなく外出先でもスマホやタブレットで動画を観るようになったんだよね。

dTVえは12万本以上の動画が視聴できるんだけど、作品をダウンロードしてオフライン再生することもできる、魅力的なサービスなんだ。

4年間dTVを使い続けて僕が感じた、dTVのメリットとデメリットを紹介するね。

 

dTVとは

dTVは、NTTドコモが運営している動画配信サービスだよ。

2015年4月21日までは、dビデオ powered by BeeTVという名前で運営されていたんだ。

dビデオは、NTTドコモのスマホやタブレットのユーザーしか契約できないサービスだったんだよね。

2015年にdTVとなってから、NTTドコモのユーザーでなくても、誰でも契約できるようになったんだ。

 

利用料金

月額利用料 500円(税別)
無料おためし期間 31日間

 

使ってみて感じた、dTVの魅力

税別月額500円で、全ての動画を視聴できる




dTVの月額利用料は、税別500円

これは、数ある動画配信サービスの中でも、最安値に近い金額なんだ。

主な定額動画配信サービスの月額料金を比較すると

Amazonプライム・ビデオ 400円
dTV 500円
Hulu 933円
TSUTAYA TV 933円
U-NEXT 1990円

 

dTVの月額料金500円は、他の動画配信サービスと比べてもお得感がある料金設定だね。

 

12万作品以上が見放題




dTVの魅力は、12万作品以上のラインナップが用意されているところ。

ジャンルはニュース、洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、ガールズ、キッズ、教養・バラエティ、音楽、ショートショート、など、とにかく幅広いんだ。

ほかの動画配信サービスと比べると、音楽作品が充実しているのも特徴だね。

様々なアーティストのミュージッククリップや、ライブ映像が用意されているよ。

カラオケ映像もたくさん用意されているから、1人でカラオケの練習をしたい人にとっては、おすすめの動画配信サービスかもしれないね。

 

動画をダウンロードできる

dTVは、観たい動画をダウンロードすることができるんだ。

だから僕は、観たい作品を自宅のWi-Fi環境でダウンロードしておいて、外出先でオフライン再生して楽しんでいるよ。

動画をダウンロードする際に、画質を選ぶこともできるんだ。

  1. 普通
  2. きれい
  3. すごくきれい
  4. HD

の4種類から画質を選べるから、デバイスのストレージ容量に応じて、動画の画質を選ぶことができるのは魅力だね。

 

倍速再生ができる

僕がdTVを利用していて一番魅力的に感じるのが、動画の倍速再生ができるということ。

これはdTVアプリを利用する場合のみ使える機能なんだ。

dTV -映画、ドラマ、アニメならディーティービー-
dTV -映画、ドラマ、アニメならディーティービー-
無料
posted with アプリーチ

 

再生速度は

  1. 標準
  2. 1.5倍速
  3. 2倍速

の3種類から選ぶことができるよ。

定額動画配信サービスで、再生速度を変更できる機能が付いているのは、とっても珍しいんだ。

僕は映画やドラマを観る際は、大画面テレビで標準再生しながらじっくり楽しんで、バラエティ番組を観る際は、タブレットで2倍速再生してサクサク楽しんでいるんだ。

この倍速再生機能は、うまく利用すればとても便利な機能だよ。

 

4K、VRに対応している

dTVの作品の中には、4K画質に対応した作品が公開されているんだ。

作品数は限られているけれど、大画面で美しい画質で映画やドラマを楽しめるのは魅力的だね。

4Kで再生するためには、対応端末を準備する必要があるよ。

dTV対応機種一覧|4K再生対応デバイス

僕はAmazon Fire TVを使って4K再生しているんだ。

 

それと、dTVにはVR動画も用意されているよ。

まだまだ作品数は少ないけれど、これから増えることを期待したいところ。

VR動画を視聴するためには、dTV VRアプリが必要になるよ。

dTV VR
dTV VR
無料
posted with アプリーチ

 

 

有名アーティストのPVが充実している

dTVの魅力は、国内外の有名アーティストのPVが充実しているところ。

最新のアーティストのPVだけでなく、かなり昔のPVも揃っているから、世代を問わず音楽を楽しむことができるよ。

音楽のプレイリストも充実していて、年代別のヒット曲もずらりと用意されているから、作業のBGMにも使えてとっても便利なんだ。

 

使ってみて感じた、dTVの気になる点

観たい映画やドラマが少ない




dTVに公開されている作品は、他の動画配信サービスに比べて、ミュージックビデオやカラオケが充実している気がするんだ。

こうした作品も1作品としてカウントされて、合計12万作品以上の作品ラインナップになっているんだよね。

映画やドラマも数多く公開されているんだけど、僕が観たい作品はHuluやAmazonプライム・ビデオに比べて、少なめ。

僕は海外ドラマが好きなんだけど、dTVの場合は、シリーズの一部だけが見放題となっていて、残りは有料レンタルしなければならない場合が多いんだ。

 

対応端末が少ない

dTVは、視聴できる対応端末が少ないんだよね。

スマホやタブレットで視聴することを前提としたサービスなのかもしれないね。

ゲーム機にはほぼ未対応なんだ。

dTV対応機種一覧

 

高画質の動画が少ない

自宅の大画面テレビでdTVを再生すると、画質の悪さが気になるんだ。

dTVの作品には、4KやVRに対応しているものもあるんだけど、観たい作品はSD画質のものが多いんだよね。

スマホやタブレットで観る分には気にならないけれど、大画面でSD画質の作品を再生すると、画質の悪さが気になって、内容に集中しにくいんだ。

 

レンタルした作品は、再生開始から48時間しか観ることができない




dTVには有料のレンタル作品もたくさん用意されているんだけど、再生する際は注意が必要なんだ。

レンタルできる期間は、レンタルしてから30日間のみ。

一度再生を始めたら、48時間で観れなくなってしまうんだ。

作品を有料でレンタルした場合は、一気に観てしまう方がいいかもしれないね。

 

支払い方法が限定されている

NTTドコモのユーザーであれば、dTVの月額料金はドコモケータイ払いクレジットカード払いが選択できるんだ。

NTTドコモのユーザー以外は、支払い方法はクレジットカード払いしか選択できないんだ。

銀行振り込みやPayPalを選択することはできないから、契約の際はクレジットカードを準備しておいた方がいいだろうね。

 

さいごに

dTVは、31日間の無料おためし期間がよういされているんだ。

31日間の無料期間を使って、いろんな作品を観てみるのがおすすめだね。

僕はいくつかの定額動画配信サービスを利用しているけれど、dTVを利用するのはオリジナルドラマやミュージックビデオの鑑賞がほとんど。

カラオケやミュージックビデオ、プレイリストが充実しているから、音楽好きな人も満足いく内容になっていると思うよ。

申し込むかどうか迷っている人は、まずは31日間無料でサービスを試してみるのがいいだろうね。

きっと、いろんな面白い作品に出会えると思うよ。

じゃ、またね。



スポンサードリンク