アイリスオーヤマ フライパン 鍋 6点 セット H-IS-SE6 レビュー|IH対応の、ダイヤモンドコーティングが施された焦げ付きにくいおすすめの鍋・フライパンセット。

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は料理が好きで、週末に小学生の娘と一緒に料理をすることが多いんだ。

普段使っているティファールの鍋・フライパンセットが古くなってきたから、最近新しいセットを買い直してみたんだよね。

新しく買ったのは、アイリスオーヤマのフライパン 鍋 6点セット。

IHに対応していて、取っ手が取れるおすすめのセットだったよ。

 

アイリスオーヤマ フライパン 鍋 6点 セット H-IS-SE6 スペック

 

本体サイズ フライパン26cm、フライパン20cm、なべ20cm、シリコン縁ガラスふた20cm、PEシールふた20cm
本体材質 アルミニウム合金(内側ダイヤモンドコーティング 外側焼付塗装加工)
はり底材質 ステンレス鋼
ガラスふた材質 強化ガラス、シリコン
シールふた材質 ポリエチレン
マルチハンドル材質 ガラス入りナイロン、フェノール樹脂、ステンレス鋼、シリコン樹脂
満水容量 フライパン26cm 2.7L、フライパン20cm 1.1L、なべ20cm 2.6L

 

使ってみて感じた、アイリスオーヤマ フライパン 鍋 6点 セット H-IS-SE6の魅力

食材がこびりつきにくい「ダイヤモンドコーティング」

H-IS-SE6セットは、フッ素樹脂の中に人工ダイヤモンドの粉をまぶした「ダイヤモンドコーティング」が施されているんだ。

こびりつきにくく、丈夫で長持ちするんだよね。

こびりつきにくいだけでなく、傷がつきにくく、コーティングがはがれにくくなっているよ。

メーカーが行った、調理面耐摩耗試験30万回をクリアしているから、簡単に劣化することなく使い続けられるんだ。

 

軽くて扱いやすい

26センチサイズのフライパンの重量は、707g。

これにマルチハンドル200gを取り付けても、1kg以下の重量なんだ。

僕は小学生の娘と一緒に料理をすることが多いから、子どもにも扱いやすい重さのセットが欲しかったんだよね。

軽さの秘密は、鍋やフライパンの側面が薄く加工されているからなんだ。

側面は薄いけれど、底面は厚みがあるから、熱に強くて丈夫なんだ。

 

オーブンを使った調理もできる

H-IS-SE6は、IH調理やガス火に対応したセットなんだ。

それだけでなく、オーブンでの調理にも対応しているんだよね。

オーブンを使って、ケーキやキッシュをつくったりすることもできるから、料理の幅がグッと広がると思うよ。

 

取っ手が取り外せる

僕はこれまで、ティファールの鍋・フライパンセットを3回買い替えてきたんだけど、このH-IS-SE6セットも取っ手が取り外せるようになっているんだ。

取っ手が取り外せると、片付けの際、汚れを綺麗に洗い流せて便利だよ。

それに鍋やフライパンを重ねて収納できるから、コンパクトなスペースに収納できるのも魅力なんだ。

 

深さがあって調理しやすい

H-IS-SE6セットのフライパンは、ティファールのフライパンに比べて深さがあるのが魅力なんだ。

炒め物をしていても、食材がこぼれにくくて便利だよ。

僕はフライパンを使って、カレーやシチューをつくることもあるんだ。

深さがあるから、26cmのフライパンを使えば、4人分のカレーやシチューをつくることができるんだ。

鍋のサイズは20cmだから、26cmのフライパンを使う方が熱の伝わりがよくて、短時間で調理できるんだよね。

 

使ってみて感じた、アイリスオーヤマ フライパン 鍋 6点 セット H-IS-SE6の気になる点

PEシールふたの出番が少ない

H-IS-SE6セットには、PEシールふたが1枚ついているんだ。

このふたは、調理の際に使用するんじゃなくて、料理を保存するときに使うためのふたなんだよね。

PEシールふたを使えば、鍋やフライパンに食材を入れたまま、冷蔵庫に保存できるんだ。

でも、我が家の場合はつくった料理を鍋やフライパンのまま保存する機会がほとんど無いんだ。

その都度食べきってしまうから、PEシールふたを使って保存する機会がほとんど無いんだよね。

 

火力は中火以下で使う必要がある

同封の説明書には

必ず中火以下でご使用ください

必ず油をひいてご使用ください

急激な冷却は避けてください

という3つの注意書きが書かれているんだ。

我が家はガスコンロを使っているんだけど、できるだけ中火か弱火で調理するように気を付けているよ。

H-IS-SE6は熱伝導率がいいから、中火でもすぐに調理に適した温度になるんだ。

注意したいのは、IHを使う場合。

H-IS-SE6はIH調理に対応しているんだけど、IHの場合は温まるまで時間がかかる場合が多いんだ。

急いでお湯を沸かしたいと思っても、時間がかかってしまうことがあるかもしれないね。

ダイヤモンドコーティングを長持ちさせるためにも、注意書きのポイントは気をつけながら使う方がいいと思うよ。

 

取っ手の取り外しは2アクション必要

僕はこれまでティファールの鍋・フライパンセットを使っていたんだけど、ティファールとの大きな違いは取っ手の取り外し方なんだ。

H-IS-SE6の取っ手は、ボタンを押した後レバーを左右に動かす必要があるんだよね。

ボタンは、少し強めに押さないと反応しないんだ。

取っ手が簡単に取れないよう設計されているから、鍋のままテーブルに料理を持ち運ぶ際には安心だよ。

 

さいごに

僕はこれまでティファールの鍋・フライパンセットを使い続けてきたんだけど、ティファールは取っ手が取り外せてコンパクトに収納できるのが魅力だったんだ。

でも、今回購入したのは、アイリスオーヤマのH-IS-SE6セット。

H-IS-SE6も、取っ手が取り外せるのが魅力だよ。

それだけでなく、ダイヤモンドコーティングで食材がこびりつきにくいし、取っ手がしっかり固定できるのも嬉しいね。

何よりも、ティファールの同等セットよりも値段が安いのも魅力的。

H-IS-SE6は、安くても丈夫で長持ちする、おすすめの鍋・フライパンセットだったよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク