本・映画・音楽

湊かなえ先生のおすすめ作品7選|イヤミスから感動作まで

湊かなえ

こんにちは、いちもくです。

「告白」や「夜行観覧車」など、ドラマ化や映画化された作品も多い湊かなえ先生の小説。

ドラマや映画は知っているけれど、原作は読んだことがないという人も多いのではないでしょうか?

湊かなえ先生はイヤミスの女王とも呼ばれ、ミステリー小説ファンからは絶大な人気を誇っている大ベストセラー作家なんです。

今回は、毎月50冊以上本を読んでいる僕が、はじめて湊かなえ先生の小説をむ人におすすめの作品を紹介していきます。

 

湊かなえ作品の魅力

湊かなえ先生は、広島県出身の1973年生まれ。

子どもの頃から空想好きで、小中学生の頃は江戸川乱歩や赤川次郎の作品が好きだったそうです

大学卒業後は、アパレルメーカーに就職後、青年海外協力隊隊員として、トンガに赴任します。

トンガでは、家庭科教師として栄養指導に2年間携わることに。

日本へ帰国後、兵庫県の淡路島で家庭科の非常勤講師に就任します。

結婚後、2004年から脚本や川柳の創作を開始。

2007年には『聖職者』で第29回小説推理新人賞を受賞し、小説家デビューします。

2009年に発表した『告白』は、第6回本屋大賞を受賞。

2010年に『告白』は映画化され、書籍の売り上げは累計300万部を超える大ベストセラーとなりました。

湊かなえ先生の作品は、読んだら嫌な気持ちになるミステリー小説「イヤミス」と呼ばれる作風のものが多いのが特徴。

ファンからは、イヤミスの女王とも呼ばれています。

しかし、全ての作品がイヤミスな作風というわけではありません。

読み始めたら止まらないミステリーの数々は、多くのファンを惹きつけてやまないんです。

 

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

告白

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、物語が始まります。

語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、物語が進むにつれて事件の全体像が浮き彫りになっていきます。

衝撃的なラストを巡り物議を醸した、湊かなえ先生のデビュー作です。

 

少女

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀。

自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思い始めます。

一方、自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考えるようになります。

ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く。

そう、それは死の瞬間に立ち合うために。

高校2年の少女たちの、衝撃的な夏休みを描く長編ミステリーです。

 

Nのために

超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見されます。

現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。

それぞれの証言は、次第に驚くべき真実を明らかにしていきます。

なぜ夫妻は死んだのか?

それぞれが想いを寄せるNとは誰なのか?

切なさに満ちた純愛ミステリー小説です。

 

夜行観覧車

高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。

遺されたこどもたちは、いったいどのように生きていくのか。

その家族と向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相を明らかにしていきます。

最後まで読み進めれば、作品タイトルに込められた意味が分かるはずです。

 

往復書簡

手紙をテーマにした、3つのストーリー。

手紙だからつける嘘があります。

そして、手紙だから許せる罪もあります。

手紙だから、できる告白があります。

過去の残酷な事件の真相が、手紙のやりとりで徐々に明らかになることに。

衝撃の結末と温かい感動が待つ、書簡形式の連作ミステリです。

 

白ゆき姫殺人事件

化粧品会社の美人社員が、黒こげの遺体で発見されました。

ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始めます。

人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。

ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方に。

匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。

噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。

映画化もされた傑作長編ミステリーです。

 

ユートピア

太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。

先祖代々からの住人と新たな入居者が混在するその町で生まれ育った久美香は、幼稚園の頃に交通事故に遭い、小学生になっても車椅子生活を送っていました。

一方、陶芸家のすみれは、久美香を広告塔に車椅子利用者を支援するブランドの立ち上げを思いつきます。

初めは順調でしたが、ある噂がネット上で流れ始めたことで、徐々に歯車が狂い始めることに。

3人の女性たちが織りなす、ドロドロとした人間模様は非常にリアルで、その世界観に引き込まれていきます。

 

さいごに

「告白」や「夜行観覧車」など、ドラマ化や映画化された作品も多い湊かなえ先生の小説。

ドラマや映画は知っているけれど、原作は読んだことがないという人も多いのではないでしょうか?

イヤミスの女王とも呼ばれ、ミステリー小説ファンからは絶大な人気を誇っているベストセラー作家です。

でも、湊かなえ先生の魅力はイヤミスだけではありません。

爽やかさを堪能できる作品もたくさんあるので、一度読み始めたら止まらなくなると思いますよ。

それじゃ、またね。

 

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

iPhone XS耐衝撃ケース
iPhone XS 用耐衝撃ケースのおすすめ8選こんにちは、いちもくです。 大切なiPhone XSをうっかり落としてしまったら・・・そんなこと想像したくないですよね。 傷...
福澤徹三
福澤徹三先生のおすすめ作品10選|読後も恐怖の余韻が残る、リアル描写が魅力の作品こんにちは、いちもくです。 福澤徹三先生の小説は、読み始めると止まらなくなると思いませんか? 福沢先生は、漫画やドラマにもな...
佐伯泰英作品
佐伯泰英先生のおすすめ時代小説6選|迫力満載の剣劇シーンと、人情味あふれる登場人物が魅力的こんにちは、いちもくです。 人間味あふれる作風が魅力の、佐伯泰英先生の作品。 大人気の「密命」シリーズや「居眠り磐音 江戸双...
池上彰
池上彰のおすすめ本7選|世の中の出来事を分かりやすく学べるこんにちは、いちもくです。 世界や日本の社会情勢に疎いと、思わぬところで恥をかいてしまうかもしれないと思いませんか? 社会人...