面白いおすすめの有川浩作品8選|大人向けのライトノベルでありながら、女性視点の恋愛物語に思わず胸がキュンとしてしまう良作揃い

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は小説が好きで毎日本を読んでいるんだけど、面白い小説と出会ったら、その作家の作品を続けて読むことが多いんだ。

最近続けて読んだのが、有川浩(ひろ)先生の作品。

映画『阪急電車 片道15分の奇蹟』や『県庁おもてし課』の原作小説を書いた方なんだ。

SF作品から切ない恋愛物語まで、女性ならではの表現で胸が締め付けられるような作品が多いんだ有川浩先生の作品は、読み始めると止まらなくなると思うよ。

 

有川浩作品の魅力

有川浩先生は、高知県出身の1972年生まれ。

園田学園女子大学を卒業後、2003年に『塩の街 wish on my precious』が第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、翌年作家デビューするんだ。

デビュー作から3作続けて、自衛隊と未知の物体・生物との接触をテーマにした、SF色の強い作品を発表したんだ。

その後、2006年には、『図書館戦争』シリーズがスタート。

このシリーズでは、「図書隊」という、架空の軍事組織が登場するなど、初期の作品はミリタリー色が強いのが特徴なんだ。

2008年に発表された『阪急電車』や、翌年の作品『フリーター、家を買う』、2011年発表の『県庁おもてなし課』といった作品も大ヒット。

ドラマや映画など、映像化された作品が多いんだ。

有川先生は、インタビューで自作を大人向けのライトノベルと語っていて、自身をライトノベル作家と自称しているよ。

そんな有川浩先生の作品には、爽やかな恋愛要素が随所にちりばめられていて、読むと思わず胸が締め付けられる作品が多いんだ。

 

面白いおすすめの有川浩作品10選

塩の街

あらすじ

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。

塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。

その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。

世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。

だが、「世界とか、救ってみたくない?」

ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

「自衛隊三部作」と呼ばれる3作品のうち、第1作目の作品で、有川浩先生のデビュー作でもあるんだ。

短編で構成されているから、一気に読み進めることができるよ。

読み始めてすぐは、塩害に襲われる世界というSF要素が強いように感じたんだけど、ストーリが進むにつれ、自衛隊の戦闘機パイロットと女子高生のピュアな恋愛物語に変化していくんだ。

SF要素よりも、恋愛要素を楽しめるライトノベルだね。

読んだ後、塩害の原因や対策、その後の世界について、もう少し詳しく説明があったらなと思ったんだけど、そんなSF要素については、読者の想像力が試される作品なのかもしれないね。

 

図書館戦争

あらすじ

2019年(正化31年)、公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。

高校時代に出会った、図書隊員を名乗る王子様の姿を追い求め、行き過ぎた検問から本を守るための組織・図書隊に入隊した1人の少女がいた。

不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが・・・。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

コミック化や映画化された作品だよ。

オリジナリティにあふれる世界観お作品だから、最初に読んだときはその世界観になかなか入り込めなかったんだ。

でも読み進めると、軍隊のような階級社会の中で、主人公・郁が破天荒な言動を繰り返すことが徐々に気になりはじめるんだ。

本作品で扱われているテーマは、言論の自由や知る権利といったもの。

恋愛要素や主人公の言動に気を取られてしまいがちだけど、作品が本当に伝えたいことは、とても大切なものなのかもしれないね。

 

三匹のおっさん

あらすじ

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、と、かつての悪ガキ3人組が自警団を結成する。

剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。

ご近所に潜む悪を、三匹が斬る。

その活躍はやがて、キヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え始める。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

表紙のイラストを見て「ズッコケ3人組みたいな作品なのかな?」と思ったんだけど、読み終わった後の感想は「これは時代劇の現代版作品なんだ!」に変わったんだ。

おっさん達の活躍が、とにかく痛快な作品だよ。

祐樹と早苗の微笑ましさや恋の行方が気になるのも、魅力の作品だね。

テンポよく読めて、読後に爽やかさが残る良作だよ。

 

シアター!

あらすじ

小劇団「シアターフラッグ」は、ファンも多いが解散の危機が迫っていた。

そう、お金がないのだ。

その負債額はなんと300万円。

悩んだ主催の春川巧は、兄の司に泣きつく。

司は巧にお金を貸す代わりに、「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。

新星プロ声優・羽田千歳が加わり、一癖も二癖もある劇団員は10名になる。

鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが・・・。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

読み終わった後、「自分も頑張らなきゃな」と、前向きな気持ちになれる1冊だよ。

実際の劇団も、こんなふうにお金に苦労している場合が多いんじゃないかな。

「楽しかったら、それでいいじゃない」

というサークルのノリで公演を続けていても、すぐに行き詰ってしまうものなのかもしれないね。

そんなときに、厳しいダメ出しをズバリと出してくれる第三者の存在は、とても貴重なんだと思うよ。

「演劇が好き」なだけではダメだけれど、好きじゃなければ一生懸命に劇団を存続させていこうとは思えないからね。

こんな仲間と一緒に演劇ができるって、とても幸せな事なんじゃないかな。

 

阪急電車

あらすじ

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった。

片道わずか15分のローカル線で起きる、小さな奇跡の数々。

乗り合わせただけの乗客の人生が、少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。

恋の始まり、別れの兆し、途中下車。

人数分のドラマを乗せた電車は、どこまでもは続かない線路を走っていく。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

僕は兵庫県に住んでいるんだけど、自宅の最寄駅は、この作品にも登場する西宮北口駅なんだ。

だからこの作品は、有川浩先生の中でも特に大好きな作品なんだよね。

1つの駅を通過するまでの物語は、それぞれ独立した短編のようでいて、最後にクロスリンクしているんだ。

往路では「人との別れ」が生まれ、そして復路で「人との出会い」や「恋の始まり」が生まれる、阪急電鉄今津線。

読むとほっこり幸せになれる作品なんだ。

 

フリーター、家を買う。

あらすじ

就職先を3か月で辞めて以来、自堕落気ままに親のすねをかじって暮らす「甘ったれ25歳」。

母の病を機に、一念発起する。

バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために奔走する。

本当にやりたい仕事は? やりがいとは? 自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の再生を描く物語。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

2010年、テレビドラマとして映像化された作品。

題名だけを見ると、フリーターが家を買う物語のようだけど、実際は少し違うんだ。

主人公が自分や家族の病気を乗り越えながら、社会人として成長していく過程を描いたものだよ。

先が読みにくい展開や、登場人物の成長過程を存分に楽しめる小説だね。

 

県庁おもてなし課

あらすじ

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。

若手職員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。

しかし吉門からは、矢継ぎ早にダメ出しの嵐。

どうすれば「お役所仕事」から抜け出して、地元に観光客を呼べるのか。

悩みながらもふるさとに元気を取り戻すべく、奮闘する掛水とおもてなし課の奮闘記。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

有川先生の出身地、高知県をモデルに描かれた作品だよ。

どこまでが創作で、どこからが実際の出来事なのかと、思わず小説であることを忘れて惹き込まれてしまう作品だね。

典型的なお役所仕事しかできなかった主人公たちが、少しずつ成長していく過程が魅力的なんだ。

与えられたことや目の前のことを「作業」としてこなすだけだったのが、自ら考えて改善していく「仕事」に昇華していく。

どんな組織でも、忘れてはいけない大切な何かが、作品に込められていると思うよ。

 

ヒア・カムズ・ザ・サン

あらすじ

編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。

手に触れたものに残る記憶が見えてしまうのだ。

ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再開することに。

彼は米国で脚本家として名声を得ているはずだったが、真也あ見た真実は・・・。

引用:「BOOK」データベース

 

感想

この作品を読んで、昔週刊少年マガジンで『サイコメトラーEIJI』って作品があったのを思い出したんだ。

どちらも「手に触れたものに残る記憶が見える」って特殊能力を持った主人公が登場する作品なんだよね。

このヒア・カムズ・ザ・サンは、7行のあらすじからつくられた2つの作品で構成されているんだ。

最初の作品の方が、深みがあって面白いと感じたよ。

父親って、どこの家庭でも誤解されたり、うまく想いが伝わらない不器用な存在なのかもしれないな。

読み進めながら、そんなことを考えてしまう作品だよ。

 

さいごに

有川浩先生の作品は、SF要素やミリタリー要素のある作品も多いんだけど、いずれにも胸が締め付けられるような恋愛要素や人情物語が含まれているんだ。

読むと思わず、胸が締め付けられるような良作が多いんだよね。

オリジナリティあふれる独特の世界観の作品もあるけれど、僕が好きなのはありふれた日常に起こってもおかしくないような、男女の出会いや主人公の成長物語

等身大の主人公に感情移入できる作品も多いから、「もしも自分が主人公の立場だったら」と想像しながらのめり込めるストーリーもたくさんあるんだ。

読後に爽やかな気持ちになったり、明日から頑張ろうと思える作品もたくさんあるから、モチベーションを上げるのにもピッタリなんだよね。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です