仕事

職場で良い人間関係を築くために、管理職がすべきたった1つのこと

職場の人間関係

こんにちは、いちもくです。

職場の人間関係が悪いと、仕事もスムーズに進まないと思いませんか?

組織で仕事をしていると避けて通れないのが、人間関係。

特に中間管理職となると、上司と部下の板挟みになることも多いのではないでしょうか?

  • 「チームの人間関係がうまくいかない」
  • 「嫌いな上司でも、我慢して付き合っていかなければならない」
  • 「部下が指示を聞いてくれず、自分だけチームで浮いている気がする」

こんな悩みを抱えている人も多いはず。

仕事の悩みの9割以上は、人間関係によるものです。

職場で良い人間関係を築くことができれば、仕事のストレスを劇的に減らすことも夢ではありません。

では、どうすれば職場で良い人間関係を築くことができるのでしょうか?

その答えはとってもシンプル。

あなたは毎日、職場の人たちにちゃんと挨拶していますか?

 

なぜ、職場の人間関係が良くないのか

相手を自分の思い通りに動かそうとしていないか

コントローラー
  • 「もっとこうしたら、仕事がスムーズに進むのに」
  • 「なんて効率の悪い仕事をしているんだ」

といったように、今までのやり方を否定して、自分の価値観を押し付けようとする管理職は多いものです。

特に管理職になりたての人が犯しやすい間違いが、部下を自分の思い通りに動かそうとすること。

人にはそれぞれの考え方があり、個性を持っています。

仕事に対するモチベーションは人によって違いますし、仕事を進めるスピードや段取りも違います。

「そんなやり方じゃためだ、自分の方が効率的に仕事をこなせる」と思っても、相手のやり方を変えようとしては絶対にダメ。

これまで少しずつ積み重ねてきた、部下の仕事を全否定することになってしまいます。

部下にもプライドがあります。

上司が自分の価値観を押し付けてしまうと、途端に職場の人間関係は悪化してしまいます。

 

相手の嫌なところばかり見ていないか

ミーティング

「どうもあの人は苦手だ」

と思い始めると、不思議と相手の嫌な部分だけが目に入ってきます。

人間関係が悪くなってしまう原因は、相手の嫌なところしか見ていないからなのかもしれません。

たとえ苦手だったり嫌な相手だったとしても、その人の良い部分に目を向けるにはどうすれば良いのか、一度立ち止まって考えてみてはどうでしょう。

大切なのは、あなたの思い込みを捨てること。

ここで言う思い込みとは、「あの人が苦手だ」という思い込みではありません。

「職場の人間関係が良くない」とう思い込みを捨てることが大切なんです。

苦手な個人に意識を向けるのではなく、職場の人間関係を俯瞰することで、相手の良いところを見つけやすくなります。

 

相手のことを知らないのではないか

向かい合う

毎日顔を合わせている職場の人でも、相手の趣味や嗜好を正確に把握している人は少ないはずです。

もしかすると、相手の事を良く知らないからこそ、職場の人間関係が良くないのかもしれません。

これがいわゆる、コミュニケーション不足。

職場には、せっかちな性格の人もいれば、のんびりした性格の人もいるはずです。

プライベートで問題を抱えていて、仕事に集中できない状況の人もいるかもしれません。

相手の性格や状況が分からなければ、ミスやトラブルが発生しても、チームでフォローすることは難しいでしょう。

お互いのことを知れば、自然と親近感が湧いてくるので、円滑に仕事を進めやすくなるはずです。

 

Unlace (アンレース) - オンラインカウンセリング
Unlace (アンレース) – オンラインカウンセリング
開発元:Unlace,Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

職場で良い人間関係を築ける人とは

team

「あの人は、人付き合いがうまいな」

と言われる人がいます。

人付き合いのうまい人とは、いったいどんな人なのでしょうか。

上司に媚びへつらっている人を見て、

「さすが、人付き合いがうまいなぁ」

なんて感心する人は少ないでしょう。

感心するどころか、

「あそこまでして、上司に気に入られようなんて思わない」

なんて反発する人も多いはず。

人付き合いのうまい人は、必要以上に相手に媚びません。

毎日、些細なことを実践しているだけなんです。

 

人付き合いのうまい人が実践していること

挨拶されて嫌な人はいない

握手

笑顔で挨拶されて、嫌な気持ちになる人はまずいません。

挨拶は、相手に好意を伝えるための大切な手段です。

職場で一緒に過ごす相手であれば、挨拶は絶対に欠かせないものです。

そんな挨拶についても、人付き合いのうまい人は相手の喜ぶコツを知っています。

それは、「先手」「笑顔」「名前」の3つ。

  1. 挨拶は、相手より「先」に自分からする。
  2. 挨拶する際は、必ず「笑顔」で。
  3. そして挨拶する前に、相手の「名前」を呼ぶ。

「〇〇さん、おはようございます」

と笑顔で挨拶されたら、嬉しくありませんか?

名前を呼ばれたら、自然と「おはよう」と挨拶を返したくなるものです。

 

笑顔の力を知っている

smile

深刻な顔をして「お願いがあるんですが・・・」なんて言われると、いったい何を言われるんだろうと身構えてしまいます。

反対に、人懐っこい笑顔で頼みごとをされると、なかなか断りにくいもの。

何気ない会話をするときでも、笑顔で話をする相手とは居心地が良いものです。

笑顔は、「あなたといると楽しい」という気持ちの表れなのかもしれません。

一緒にいて気持ちが明るくなる人の周囲には、自然と人が集まってきます。

人付き合いのうまい人は、笑顔の魅力を知っている人です。

 

声量の大切さを知っている

スピーチ

人付き合いのうまい人は、基本的に声が大きい人です。

ボソボソと小声で話す人で、人付き合いのうまい人はあまり見たことがありません。

声が小さいと、それだけで自信が無いように見られがちです。

小さな声で話をすると、内容が聞き取りにくいので相手にストレスを与えてしまいます。

大きな声で話すのは、人付き合いで重要なポイントです。

 

仕事は1人ではできないもの

チーム

一人でできる仕事には限界があります。

チームで協力しながら仕事ができれば、大きな仕事もこなしやすいもの。

職場で良い人間関係を築くことは、質の高い仕事を進めるために必要不可欠なんです。

まずは、今なぜ職場の人間関係が良くないのかを把握することが大切。

その上で、「先手」「笑顔」「名前」を意識した挨拶の機会を増やしていけば、チームの雰囲気は見違えるほど変化するはずです。

それじゃ、またね。

 

Unlace (アンレース) - オンラインカウンセリング
Unlace (アンレース) – オンラインカウンセリング
開発元:Unlace,Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

間違いだらけの人脈づくり
間違いだらけの「人脈づくり」はもうやめにしないかこんにちは、いちもくです。 仕事をする上では、人脈づくりが何よりも大切だと考える人は多いのではないでしょうか? でも、 ...
ロングセラー商品
100年以上売れ続ける「超ロングセラー商品」20選|すべてのロングセラー商品に共通している、たった1つのことこんにちは、いちもくです。 普段あまり気にしないけれど、店頭や広告などでよく見かける、日本人なら誰でも知っている商品ってありますよ...
責任からの逃げ
「まだ私には・・・」とか「忙しい」という言葉は、単なる責任逃れでしかないこんにちは、いちもくです。 新しい仕事を任されたとき、あなたはどんな反応をしていますか? 「面白そうですね、全力で頑張ってみ...
次の仕事
ルーティンワークは「今の仕事」、リーダーが考えるべきは「次の仕事」。こんにちは、いちもくです。 どんな仕事でも、毎回決まりきった手順で繰り返し行うものがあると思いませんか? 例えば、書類を整理...