【書評】『「一見さんお断り」の勝ち残り経営~京都花街お茶屋を350年繁栄させてきた手法に学ぶ~』

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

今日は会社からの帰り道、書店に寄ったんだ。

そこでインパクトのあるタイトルの本を見つけたから、思わず買ってしまったんだ。

タイトルはインパクトあるものだったけれど、内容はじっくり考えさせられるものが多い本だったよ。

 

本の概要

f:id:ichimokusan:20170725230621j:plain

「一見さん」という言葉は、あるお店に初めて訪れた人の事を指すんだ。

「一見さんお断り」というと、今までお店を訪れたことがない初めての人が、入店を断られることを意味しているよ。

そんなお店に入るためには、お店の馴染み客に紹介してもらうか、一緒に訪れる必要があるんだ。

一見さんお断りは、京都で古くから営まれている料亭やお茶屋などに多くあるみたいだね。

でもこれは、店側からしたら、売り上げのチャンスを逃すことになるから、マイナス面を持っているルールだよね。

不思議なことに、そんなルールを350年以上守り続けて、経済規模が少しずつ拡大しているのが、京都花街のお茶屋なんだ。

本の著者は、公認会計士・税理士の仕事をしている方なんだけど、この本は会計学の観点ではなく、経営学の観点から「一見さんお断り」について書かれたものなんだ。

 

お茶屋とは

f:id:ichimokusan:20170725231001j:plain

お茶屋というのは、京都などの花街で、芸奴を呼んで客に飲食させる店の事を指すんだ。

料亭とお茶屋の違いは、厨房の有無になるよ。

料亭では、店内にある厨房で調理して、料理を客に提供するんだ。

お茶屋の場合は厨房がなくて、料理は仕出し屋から取り寄せたりすることになるんだ。

お茶屋に来る客は、宴会しにやって来るわけだよね。

当然、店側も楽しい宴会にしようと、最大限努力することになるんだ。

楽しい宴会にするためには、店側は客のことを深く知る必要があるんだ。

どんな料理が好みか、どんな舞が喜ばれるかなどは、客によって違うからね。

自然と、客によって馴染みの仕出し屋や芸奴が決まって来るんだ。

そして一番大事な代金の支払いについてなんだけど、お茶屋は全て掛け払いになっているんだ。

料理代やタクシー代、お茶屋を出た後に行くお店の支払いまで、すべてお茶屋が一旦立て替えているんだよね。

お茶屋と客に信頼関係が築けていなければ、ぜったいに成立しないシステムだね。

 

【本のポイント①】 顧客の視点と店の視点

f:id:ichimokusan:20170725230944j:plain

「一見さんお断り」には、客が店を選ぶのではなく、店が客を選ぶという意味があると思うんだ。

多くの飲食店では、客に選んでもらおうと様々なキャンペーンを打ち出したり、ポイント制度を導入して顧客を囲い込もうとしているよね。

その理由は、新規の顧客を受け入れることで、売り上げと利益を拡大させたいからだと思うんだ。

でも「一見さんお断り」の店は、新規顧客を受け入れずにきたことで、300年以上経営が続いてきたんだ。

「新規顧客を受け入れない」ことで生まれるメリットがたくさんあったからこそ、長期に渡って経営を続けることができてきたんだと思うよ。

そのメリットが何なのか、この本には凄く具体的に、経営の視点から書かれていたよ。

 

【本のポイント②】 顧客とサービスの質

f:id:ichimokusan:20170725231232j:plain

本の中には、京都花街のお茶屋が350年間繁栄できた理由がいくつも書かれているよ。

繁栄の大きな要因の1つに、良い顧客に良いサービスを「お得」と思ってもらえるような価格で提供してきたというものがあるんだ。

僕はお茶屋に行って芸者遊びをしたことはないから、きっとビックリするくらい高い料金を請求されると思っていたんだ。

でもこの本によると、実際はリーズナブルだと思われるような料金設定らしいね。

店にとって良い顧客が集まれば、無駄なトラブルを避けることができて、コスト削減につながるのかもしれないね。

そんな一見さんお断りの店の裏事情が、この本にはたくさん書かれているよ。

 

【本のポイント③】 価格競争

f:id:ichimokusan:20170725231314j:plain

お茶屋も他の飲食店と同じように、料理やサービスを提供して「顧客に対して満足を売る」のが、経営の目的だね。

一見さんお断りのシステムを取ることによって、提供するサービスは顧客に合わせて完全にオーダーメイド化できてしまうんだ。

更に、顧客に合わせてサービスをマニュアル化することだってできるんだよね。

こうしたサービスの個別受注生産が実現できる「一見さんお断り」のシステムが機能すれば、そこに価格競争は無くなると書かれているよ。

なぜ、価格競争が無くなるのかについて、本には更に詳しく書かれているんだ。

 

本を読み終えて感じたこと

f:id:ichimokusan:20170725231356j:plain

徹底した顧客満足を追求していくと、「一見さんお断り」にたどり着くのかもしれないね。

一見さん相手だと、お茶屋さんのようなサービスを提供する店では、個性の異なる顧客ひとりひとりを満足させるのは難しいんじゃないかな。

価格競争や薄利多売、広告宣伝とは無縁の「一見さんお断り」経営。

利益追求型の経営スタイルもいいけれど、持続可能な経営スタイルについて深く知るのに、この本は面白いと思うよ。

じゃ、またね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です