Inateck 30L 15.6インチPCリュック BPO3002 レビュー|パソコンや着替えをまとめて持ち運べる、大容量のビジネスバッグ

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は営業の仕事をしているんだけど、普段はスーツで会社に通勤しているんだ。

書類やパソコンを持ち運ぶことが多いんだけど、ビジネスリュックに入れて持ち歩くことが多いんだよね。

1泊2日程度の出張が頻繁にあるから、そんなときは着替えも一緒に収納できるビジネスリュックを使っているよ。

ビジネスリュックを使えば、重い鞄を手に持つ必要が無いから、とても動きやすいんだ。

最近のお気に入りは、Inateckの30L 15.6インチPCリュック BPO3002。

スーツケースのように大きく蓋を開けられて、大容量の収納スペースが魅力のリュックなんだ。

 

Inateck 30L 15.6インチPCリュック BPO3002 スペック

サイズ 48×30×16cm
ポケット数 18か所

 

使ってみて感じた、Inateck 30L 15.6インチPCリュック BPO3002の魅力

ノートパソコン2台を余裕で収納できる大容量

引用:Amazon.co.jp

Inateck BPO3002は、30Lの荷物を収納できる大容量タイプのリュックなんだ。

僕は1泊2日程度の出張をすることが多いんだけど、必要な書類やノートパソコン、着替えを入れても、まだ余裕があるんだよね。

背中側のメインコンパ―ネント部分には、ノートパソコンやタブレットを収納できるようになっているんだ。

引用:Amazon.co.jp

15.6インチまでのノートパソコンと、iPadなどのタブレットを収納するためのポケットが用意されているよ。

僕が普段持ち歩くことが多いのは、会社から支給されている13.3インチのWindowsノートパソコン。

動画や画像を編集するには性能不足だから、自分のMacBook Proも一緒に持ち運ばなければならないこともあるんだ。

2台のパソコンを収納しても、マウスや充電ケーブルなどの周辺機器も余裕で収納できるよ。

固定ストラップを使えば、リュックの中でパソコンが飛び出たり落下するのを防げるんだ。

また、前面側のメインコンパ―ネント部分のファスナーを開ければ、書類や小物類を収納できるスペースが用意されているんだ。

僕は普段、クリアファイルに入れた書類や名刺入れ、ペンやメモ帳を入れて持ち運んでいるよ。

背中側・前面側それぞれの収納スペースは、ポケットや仕切りがたくさん用意されているから、バッグインバッグやポーチを使わずに小物を分けて収納できてとっても便利なんだ。

そしてリュックの正面には、上下2段に分かれた2つのコンパートメントも用意されているよ。

出張などでたくさんの荷物を持ち歩く機会が多い人にとって、「Inateck BPO3002」は、マウスや電源ケーブルなどの周辺機器もまとめて持ち運ぶことができる、便利なバッグだよ。

 

ポケットが18か所用意されているから、小物を仕分けしやすい

引用:Amazon.co.jp

Inateck BPO3002には、全部で18か所ものポケットが用意されているんだ。

モバイルバッテリーやケーブル類など、パソコンやスマホの細かな周辺機器を仕分けして収納するのに便利だよ。

意外に便利なのが、背中に当たる部分に用意されている「背面隠しポケット」。

引用:Amazon.co.jp

リュックの下部にファスナーがあって、財布やパスポートなどの小物類を収納できるようになっているよ。

横長のポケットだから、長財布を収納することもできるんだ。

僕は普段、スマホやコインケースを入れているよ。

ジャケットやズボンのポケットに入れてしまうと、膨らんでシルエットが崩れてしまう原因になるアイテムも、「隠しポケット」に収納しておけばサッと取り出しやすくて便利なんだ。

目立ちにくいポケットだから、盗難防止のためにパスポートなどの貴重品を入れておくのにもピッタリだね。

 

収納部はガバッと270°開くから、荷物を出し入れしやすい

引用:Amazon.co.jp

前面メインコンパートメント部分は、ファスナーを全開にすれば270°ガバッと開くんだ。

スーツケースのように大きく開閉できるから、荷物の出し入れがしやすいんだよね。

着替えなどを収納しておけば、宿泊先で簡単に取り出すことができて便利だよ。

 

背負うだけでなく、横持ちや縦持ちもしやすい

引用:Amazon.co.jp

Inateck BPO3002の上部と側面には、それぞれハンドルが付いているんだ。

混雑した電車の中などでは、上部のハンドルを持って縦持ちできて便利だよ。

僕は背中に背負うまでもない短い移動の際には、側面のハンドルを持って歩くことも多いんだ。

ショルダーストラップは後部コンパートメントに隠すことができるから、リュックを手に持って移動したいときに邪魔にならず便利なんだよね。

引用:Amazon.co.jp

スーツケースのハンドルに固定することができる、荷物用ベルトも背中部分に搭載されているんだ。

シーンに合わせて持ち運び方を選べるのは嬉しいね。

 

長時間背負っていても疲れにくい

引用:Amazon.co.jp

僕は会社まで通勤するのに、片道1時間かかるんだ。

その間ずっとBPO3002を背負っているけれど、リュックが体にフィットするから疲れにくいんだよね。

リュックの背面は、背中のS字ラインに沿った設計になっているんだ。

ショルダーベルトは背負ったまま長さを調節できるから、荷物の重さでベルトが緩んでも、すぐにベストポジションに調整することができるよ。

背面とショルダーベルトは、メッシュ素材になっているから、暑い夏でもムレにくく快適なんだ。

肩や背中に重さがバランスよく分散されるから、長時間背負っていても疲れにくいのが嬉しいね。

 

使ってみて感じた、Inateck 30L 15.6インチPCリュック BPO3002の気になる点

大きさの割に荷物が入らない

Inateck BPO3002は、30リットルの容量があるリュックなんだ。

でも、大きさの割には収納できる量が少ないんだよね。

その理由は、仕切りやポケットが多数用意されているから。

それぞれのポケットにモバイルバッテリーやメモ帳などのさまざまな荷物を収納してしまうと、厚みが増して収納できる荷物の量が限られてしまうんだ。

着替えなどたくさんの荷物をメインコンパートメント部分に収納したければ、ポケットに小物をするのを控えた方がいいかもしれないね。

 

ファスナーから水が入る可能性

Inateck BPO3002のメインコンパートメント部分に使われているファスナーは、丈夫でスムーズに動くファスナーなんだ。

でも、ファスナーのかみ合うエレメント部分は大きめだから、隙間から水が入りやすそうなんだよね。

Inateck BPO3002の表面素材は、撥水性に優れたナイロン素材でできているんだ。

少々の雨であれば、中に水が染み込むことはまず無いと思うよ。

それに加え、防水レインカバーも付属しているんだ。

バッグ全体をすっぽりと覆ってくれるから、雨がひどいときは防水レインカバーを使うのがおすすめだよ。

 

ショルダーベルトが緩みやすい

厚みのあるショルダーベルトは、クッション性のある素材でできているんだ。

程良い硬さだから、長時間背負っていても疲れにくいんだよね。

ただ気になるのは、時間が経つとショルダーベルトが緩んでくるところ。

たくさんの荷物を収納すると、リュックの重みでだんだんと緩んでくるんだ。

だから歩きながら締めなおす必要があるんだけど、締めるのはとっても簡単。

ショルダーベルトから出ている紐を引っ張るだけなんだ。

 

さいごに

Inateck BPO3002は、パソコンや着替えなど、出張に必要な荷物を持ち運ぶのにピッタリの大容量リュックなんだ。

ポケットがたくさん用意されているから、小物類を分けて収納するのに便利だよ。

1泊2日程度の出張が多いビジネスマンにおすすめのリュックだね。

じゃ、またね。

Inateck 15.6インチリュック CV1001 レビュー|仕分けやポケットが豊富に用意された、パソコンを持ち歩く機会の多い人におすすめのリュック

2019年4月30日

クロース(Kroeus)2WAYビジネスバッグ B4サイズ レビュー|マチ幅調整機能付きの、大容量タイプビジネスバッグ

2018年12月23日

メンズビジネストートバッグのおすすめ8選|スーツに似合うトートバッグを選ぶために、押さえておきたい9つのポイント

2018年5月21日

エキスパンダブル機能付きスーツケース・キャリーバッグのおすすめ10選|自分に合ったスーツケースを選ぶための、3つのポイント

2018年4月24日

スポンサードリンク