商品レビュー記事

OBSBOT ME レビュー|AIが被写体を自動追跡する、高性能電動スマホスタンド

こんにちは、いちもくです。

スマホで自撮り動画を撮影するのは、意外と難しいと思いませんか?

定点撮影であれば、三脚やスマホスタンドを使えばそれなりに撮影できます。

でも動くものを撮影しようとすると、カメラの範囲内にうまく収まらず、思うような動画を撮影できないことも多いもの。

そんなときにおすすめなのが、OBSBOT ME

OBSBOT MEは、AIによる顔認証機能を搭載した電動スマホスタンドです。

被写体の動きに合わせて、水平±150度の範囲を自動調節可能。

定点撮影では決して得られない、左右への動きがある撮影を実現してくれます。

  • ダンスの自撮り動画を撮影したい
  • 料理動画でコンロからシンクまで撮影したい
  • ホワイトボードを使った、動きのあるプレゼン動画を撮影したい

といった人におすすめ。

今回は、そんなOBSBOT MEを実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

OBSBOT MEの梱包内容

箱

箱の中には、

OBSBOT ME本体

  • 専用スタンド
  • USB-Cケーブル
  • ジョイント調整用コイン
  • 説明書一式

が入っています。

箱の中身

付属の専用バッグを使えば、スタンドを含む付属品一式を収納可能。

収納バッグ

持ち運びに便利です。

OBSBOT ME本体は、折りたたまれた状態で収納されています。

折りたたんだ状態のサイズは、68×56×139mm。

手のひらに収まるほどコンパクトなサイズです。

たまご型の形状をした本体カメラ部分は、AI自動追跡用のセンサー。

本体

120°広角レンズが搭載されており、被写体を追跡してくれます。

OBSBOT Meは、単体で動画撮影できるわけではありません。

動画を撮影するには、スマホもしくはGoProのような小型カメラが必要となります。

スマホを設置

ホルダーには、幅55-84mmまでのスマホを設置可能。

耐荷重は270gあるので、iPhone 14 Pro Maxのような大型スマホも固定できます。

本体下部には、三脚設置用のネジ穴を搭載。

ネジ穴

付属の専用スタンドはもちろん、市販の三脚にも対応したUNC 1/4-20サイズとなっています。

折りたたまれているスタンドを広げた状態。

卓上スタンド

安定感があり、大きなスマホを取り付けてもグラついたりしません。

スマホ設置後、横から見た状態。

横向き

スタンド部分には若干の角度がついているので、スマホ撮影がしやすくなっています。

スタンド部分を調整することで、上下30°の角度調整が可能です。

本体背面部分には、給電用のUSB Type-Cポートを搭載。

背面

75分程の充電で、約2時間使用できます。

使い方はとっても簡単。

専用アプリをインストールしたり、Bluetooth接続したりする必要は一切ありません。

アーム部分にスマホやミニカメラを取り付け

スマホを設置

本体下部の電源ボタンを長押し。

電源ボタン

LED点灯が青から緑色へ変化したら準備完了です。

ランプの色

あとは、本体に搭載された120広角レンズが、被写体を自動追跡してスマホの位置を調整してくれます。

 

使ってみて感じた、OBSBOT MEの魅力

被写体を自動追跡してくれる

自動追跡機能引用:Amazon.co.jp

OBSBOT MEには、AIによる自動追跡機能が搭載されています。

自動追跡機能の活用方法はとっても簡単。

手を「パー」の形にすると、ジャスチャーが認識され自動追跡が開始されます。

ゆっくりした動きはもちろん、素早い動きにも対応。

120°広角レンズに加え、スタンド自体が水平方向に150°の範囲で可動するので、広いエリアをトラッキングできます。

広角レンズ引用:Amazon.co.jp

被写体が常に中心に映るよう、AIが調整してくれるので、

  • ダンスの自撮り動画を撮影する
  • 料理動画でコンロからシンクまで撮影する
  • ホワイトボードを使った、動きのあるプレゼン動画を撮影する

といった使い方ができます。

 

三脚に設置できるから、欲しい画角で撮影が可能

スタンド機能引用:Amazon.co.jp

付属のスタンドは、机の上などに設置するのに最適な卓上サイズ。

スタンド部分を折りたためば、自撮り棒のような使い方もできます。

自撮り棒

OBSBOT ME本体下部にあるネジ穴は、市販されている三脚に幅広く対応するUNC 1/4-20サイズ。

ネジ穴

中型・大型三脚と組み合わせれば、風の強い屋外での使用も安心です。

撮影シーンに合わせた三脚を組み合わせることで、欲しい画角での撮影が可能となります。

 

動作音が静か

ランプの色

OBSBOT MEから音が出ることはほとんどありません。

電源を入れる際も無音ですし、

トラッキング中にカメラスタンドが開店する際も、音は一切聞こえません。

動作音がしないため、動画撮影中に雑音やノイズが入り込む心配はほぼないでしょう。

 

アプリのインストールやペアリングの必要がない

専用アプリ不要引用:Amazon.co.jp

OBSBOT MEを使うために、専用アプリをスマホにインストールしたり、Bluetooth接続したりする必要はありません。

マウント部分にスマホをセットし、OBSBOT MEの電源ボタンをオン。

電源ボタン

その後、スマホのカメラアプリを起動すれば、すぐに撮影を始められます。

電動スマホスタンドの多くは、

  • スマホのカメラ映像から、専用のアプリを通して被写体を認識
  • 認識した被写体を自動追跡する

という仕組みになっています。

カメラや専用アプリを経由する分、追跡に若干のタイムラグが発生することもあります。

でもOBSBOT MEであれば、本体に搭載されたセンサーで角度を調整するだけなので、スマホは経由しません。

だから自動追跡の精度が高く、素早い動きにも対応してくれるんです。

 

使ってみて感じた、OBSBOT MEの気になる点

AIの自動追跡対象は1人のみ

スタンド機能引用:Amazon.co.jp

優秀な自動追跡機能を搭載したOBSBOT MEすが、カメラに複数人が映り込んでいる場合、うまく自動追跡できないことがあります。

たとえば、オンライン会議で複数人が参加している場合。

ジェスチャーで自動追跡を設定していても、AI自動追跡が動作しないことがありました。

ほかにも、雑踏の中で動画を撮影するなど、背後に人通りがあるとAI自動追跡がすぐに外れてしまいました。

OBSBOT MEのAI自動追跡機能は、あくまでも被写体が1人のときに使える機能だと考えておいた方が良いでしょう。

 

上下の可動域が狭い

横向き

たまご型の形状をした本体カメラ部分は、横方向に360°回転します。

左右の動きはとてもなめらか。

ジンバル機能があるので、動きながらの撮影でもブレが少ないのが特徴です。

ただし、上下の追従はほとんどありません。

垂直方向は、上下30°のチルトで固定します。

被写体に追従するのは、水平方向のみと考えておいた方が良いでしょう。

 

さいごに

スマホで自撮り動画を撮影するのは、意外と難しいと思いませんか?

定点撮影であれば、三脚やスマホスタンドを使えばそれなりに撮影できます。

でも動くものを撮影しようとすると、カメラの範囲内にうまく収まらず、思うような動画を撮影できないことも多いもの。

そんなときにおすすめなのが、OBSBOT ME。

OBSBOT MEは、AIによる顔認証機能を搭載した電動スマホスタンドです。

被写体の動きに合わせて、水平±150度の範囲を自動調節可能。

定点撮影では決して得られない、左右への動きがある撮影を実現してくれます。

  • ダンスの自撮り動画を撮影したい
  • 料理動画でコンロからシンクまで撮影したい
  • ホワイトボードを使った、動きのあるプレゼン動画を撮影したい

といった人におすすめのスマホスタンドですよ。

それじゃ、またね。

 

OBSBOT MeEスペック

使用時サイズ 55×66.5×209mm
収納時サイズ 68×56×139mm
重量 200g
対応スマホサイズ 幅55-84mm、厚み10.5mm以下、重量200±70g
バッテリー 950mA
連続使用可能時間 120分
充電時間 75分
充電口 USB Type-C
三脚用ねじ穴 UNC 1/4-20
動作可能範囲 横軸(パン)±150°
構造上可動範囲 横軸(パン)±160°

 

 

OBSBOT Tiny 4K レビュー|被写体を自動追尾! オンライン会議や動画配信に最適な高性能ウェブカメラこんにちは、いちもくです。 オンライン会議に慣れてくると、自分の表情や声が相手にどう映っているか気になりはじめませんか? ノ...
GEAR1
MUSON GEAR1 ネットワークカメラ レビュー|暗闇でもバッチリ映る防犯カメラこんにちは、いちもくです。 夜間でも鮮明な映像を記録できる防犯カメラがあれば、自宅や店舗の安全な環境づくりに役立つと思いませんか?...
ワイヤレスドアホン
配線工事の必要なし!ワイヤレステレビドアホンのおすすめ3選こんにちは、いちもくです。 来客があったとき、室内から玄関を確認できるテレビドアホンがあれば、訪問販売対策や防犯対策に役立つと思い...
カチッとライト
KINYO「カチッと」ライト レビュー|1台で9通りの使い方ができる、充電式のオシャレなLED照明こんにちは、いちもくです。 好きな場所に持ち歩ける照明があれば、 在宅ワーク オンライン会議 アウトドア...