WordPress(ワードプレス)テーマSTORK(ストーク)レビュー|STORKの魅力を徹底解説

スポンサードリンク



いちもくです。

僕はこのブログをWordPressで運営しているのですが、STORK(ストーク)というテーマを使っています。

有料テーマですが、使いやすくてオシャレなデザインなので、お金を払う価値は十二分にあると思っています。

 

STORK(ストーク)とは




STORK(ストーク)は、これまでにたくさんのテーマを開発してきた、OPENCAGEさんとブログマーケッターJUNICHIさんがコラボして開発した、WordPressのテーマの事です。

スマートフォンで閲覧しやすいテーマになっています。

HTMLやCSSの知識が無くても、簡単にオシャレで見やすいデザインのブログをつくれるんです。

 

STORKを導入して良かったこと

デザインがオシャレになる




僕がSTORKを選んだ一番の理由は、デザインがオシャレだったからです。

シンプルだけど、お洒落なデザインなんですよね。

無料のテーマを使っていた頃と比べると、サイトのデザインが一気にオシャレになりました。

 

トップページにスライダーが表示できる

パソコンやスマホでブログのトップページを表示した際、一番目立つ箇所に、読んでもらいたい記事をスライダー表示できます。

このスライダーを自分で作ろうとすると、かなり大変なんです。

WordPressにはスライダーのプラグインも用意されているのですが、テーマによっては相性が悪い場合もあるんです。

STORKの場合は、スライダーが簡単に設定できます。

 

トップページの記事表示が4種類ある

トップページに記事を表示する際、シンプル型、マガジン型、ビッグ型、カード型の4種類から選ぶことができます。

シンプル型

アイキャッチ画像とタイトル・記事の冒頭部分ががコンパクトにまとまっています。

 

マガジン型

記事をランダムに、雑誌のようなレイアウトで表示してくれます。

スマホでもPCでも、2列でレイアウトされます。

 

ビッグ型

アイキャッチ画像やタイトルが大きく表示されるレイアウトです。

 

カード型

記事をカード風に表示してくれます。

タブレットの場合は、2列もしくは3列で、スマートフォンの場合は1列で表示されることが多くあります。

ディスプレイサイズに合わせて、レイアウトが自動的に変化します。

 

僕はマガジン型に設定しています。

 

関連記事を表示できる

記事の中に表示させたい記事IDを入力するだけで、綺麗なリンクが簡単に作成できます。

設定すれば、記事の末尾にも関連記事を自動的に表示することができます。

 

ショートコードが充実している

吹き出しや強調文字といったカスタマイズが、最初から準備されています。

記事を書く上で、カスタマイズの時間が省略されてとっても便利なんですよね。

OPENCAGE:ストーク ショートコードの使い方

便利なショートコードが充実しているのも、STORKの特徴です。

 

ウィジェットの設定画面が細かく設定できる

僕はWordPressで他にもブログを運営しているのですが、そこでは別なテーマを使っています。

STORK(ストーク)を導入して最初に驚いたのは、ウィジェットの設定画面で細かくカスタマイズできるというところ。

全部で18の項目を、カスタマイズできるようになっています。

これだけ充実したカスタマイズが用意されていたら、直接ソースコードをいじる必要は無いと思います。

初心者でも、一切HTMLコードをいじらずに細かなカスタマイズができるというのは、凄い事だと思います。

 

スマホに最適化されている




WordPressのテーマには、パソコン向けのテンプレートも多いんです。

でも、最近はブログを見てくれる読者は、8割近くスマホから閲覧してくれているようです。

だからスマホユーザーを無視するわけにはいきません。

STORKは、スマホでの閲覧も最適化されているので、スマホユーザー目線に立ったデザインになっています。

 

カスタマイズしやすい

カスタマイズ画面から、メニューの順番に設定するだけで、サイトのデザインを簡単に変えられます。

STORKを使っているブログは多いのですが、少しいじるだけでオリジナルなサイトデザインがつくれます。

 

サポートが充実している




公式ホームページには、カスタマイズの方法が掲載されています。

主なカスタマイズ方法が網羅されてるので、公式サイトをチェックするだけでカスタマイズの基本は理解できるようになっています。

 

STORK(ストーク)を導入して変化したこと

滞在時間が長くなった

僕のブログは、WordPressに移行する前ははてなブログを利用していました。

はてなブログと比較して、STORKを導入した後は、訪問者のサイトの滞在時間が伸びたんです。

それと、トップページへのアクセス数が格段に増えました。

恐らく、トップページから知りたい情報が掲載されたページへ行きやすくなったんだと思います。

 

アフィリエイト収入が増えた

僕はGoogleアドセンスやAmazonアソシエイトを中心にアフィリエイトをしていますが、はてなブログを運営していた頃よりもアフィリエイト収入が増えました。

STORKの読みやすくておしゃれなデザインが、記事をちゃんと読んでくれる人を増やしてくれているのかもしれません。

 

STORK(ストーク)の気になる点

利用している人が多い

STORK(ストーク)を利用しているブログは非常に多くあります。

それだけ、使いやすくて便利なテーマなんだと思います。

でも裏を返すと、他のブログと同じようなデザインになりがちかもしれません。

ブログデザインのカスタマイズに力を入れて、他とは違ったオリジナルデザインをつくるもよし、記事の中身で勝負するもよし。

継続し続ければ、オリジナリティが生まれてくると思っています。

 

こんな人にオススメ

こんな人におススメ

★WordPress初心者だけど、オシャレなデザインにしたい。

★記事を書くことに集中したい。

★スマホからアクセスした際、読みやすいサイトにしたい。

★検索流入やアクセスを増やしたい。

 

さいごに

僕はこれまで有料・無料のWordPressテーマをいくつか使ってきましたが、このSTORK(ストーク)は自信を持っておススメできるテーマです。

WordPress初心者から上級者まで、自由にカスタマイズできて記事を書くことに集中できるテーマだと思います。

WordPressテーマ「ストーク」

ではでは。

 

スポンサードリンク