防水性能に優れた電源タップ・延長コードのおすすめ6選|雨や水でコンセントをショートさせないために、押さえておきたい製品選びのポイント

スポンサードリンク



やあ、いちもくだよ。

僕は戸建ての家に住んでいるんだけど、駐車場で高圧洗浄機を使ったり、庭で電動芝刈り機を使うことがあるんだ。

屋外で電化製品を使う際、延長コードや電源タップを使うことが多いんだよね。

屋外で使う電源タップや延長コードを選ぶ際、注意している点はいくつかあるんだけど、防水性能に優れているかどうかは重要なポイント。

僕が屋外で使う電源タップや延長コードを選ぶ際、チェックしているポイントと、おすすめの電源タップ・延長コードを紹介するね。

 

屋外用電源タップ・延長コードに欠かせない機能


屋外で使う電源タップや延長コードは、防雨・防水仕様の商品を選ぶ必要があるよ。

雨だけでなく、ホコリが入ることでショートしたり、感電したりする危険があるから、注意が必要だね。

屋内と屋外の電源系統が同じ場合、屋外コンセントがショートしてしまうと、ブレーカーが落ちて屋内の電気が全て切れてしまうこともあるんだ。

屋外で使う電源タップや延長コードや、防水・防塵性能に優れた商品を選ぶのがおすすめだよ。

 

防水性能に優れた電源タップ・延長コードの選び方

電源タップ・延長コードの長さで選ぶ


防水性能に優れた電源タップ・延長コードを選ぶ際、コードの長さは重要なポイント。

屋外で電化製品を使う場合、機器を移動しながら使うことが多いと思うんだ。

僕は屋外で高圧洗浄機を使う機会が多いんだけど、10mの延長コードを使うようにしているよ。

延長コードがあると、高圧洗浄機を移動させながら使うのに便利なんだよね。

屋外用の電源タップ・延長コードを選ぶ際は、機器を使う場所に合わせた長さの商品を選ぶのがおすすめだよ。

 

差込口の数や、差込口の間隔で選ぶ


防水性能に優れた電源タップや延長コードは、差込口が1個〜6個程度用意されている商品が多いんだ。

電源タップに接続したい機器の数に合わせて、差込口の数を選ぶのがおすすめだよ。

 

消費電力の容量で選ぶ


電源タップの消費電力容量は、差込口全体で1500Wまでと定められているんだ。

電源タップの本体に、必ず「1500Wまで」といった表記があるから、使用する際はこの容量を守って使う必要があるよ。

掃除機や高圧洗浄機などは、1台で1500W近い電力を消費する機器もあるから、注意が必要だよ。

電源タップを使う際は、接続したい機器の消費電力をチェックしておくのがおすすめだね。

 

おすすめの防水性能に優れた電源タップ・延長コード

サンワサプライ TAP-EX12B-10BK


いろんな防水性能に優れた延長コードがある中、僕が選んだのがこの製品。

防水性にすぐれた、10mの延長コードだよ。

耐久性の高い、ソフトVCTコードを採用しているから、劣化が少ないんだ。

延長コードは、二重に被覆されているから、屋外でも安心して使えるのが魅力なんだよね。

 

ハタヤ(HATAYA) FX-103(B)


防雨キャップ付きの延長コード。

10mの長さがあるから、屋外で様々な機器を接続して使うのに便利だよ。

通電確認ができるパイロットランプが内蔵されているから、通電状態をチェックできて安心なんだよね。

 

NICOH(ニコー) 防雨ソフト 延長コード 10m 15A


丈夫なのに柔らかくて使いやすい、長さ10mの延長コード。

防雨タイプだから、雨の日でも安心して使うことができるよ。

防雨機能が有効なのは、接続する機器側も防雨対応の電源プラグである必要があるんだ。

 

Outtag 屋外 防雨型 延長コード 3m


防雨タイプの3m延長コード。

コードは二重の被覆構造だから、耐久性に優れているよ。

防雨キャップがついているから、雨の日でも安心して使うことができるんだ。

 

ハタヤ(HATAYA) FX-005(RY)


0.5mと、短めの延長コード。

3つのAC接続口には、それぞれ防雨キャップが付いているよ。

使わない接続口は、キャップが水の侵入を防いでくれるんだ。

通電確認ができるパイロットランプが内蔵されているから、通電状態をチェックできて安心だよ。

 

パナソニック(Panasonic) ザ・タップX WHA2534WKP


一時的な水しぶきや、ホコリの侵入をガードする「防水扉」が搭載された電源タップ。

屋外用と言うよりも、屋内で使うのに適した電源タップかもしれないね。

内ボディには、トラッキングに強い『ユリア樹脂』を採用。

外ボディには、燃え広がりにくい樹脂が使われているよ。

コード二重に被覆されているから、耐久性にも優れているんだ。

 

さいごに

電源タップや延長コードを水回りで使用する場合、防水性能に優れたものを選ぶのがおすすめだよ。

僕は屋外で高圧洗浄機を使う際、必ず防雨性に優れた延長コードを使うようにしているんだ。

ほかにも、熱帯魚を飼育している水槽や、洗面台の周りで電化製品を使う場合も、防水性能に優れた電源タップを使っているんだよね。

水滴が入り込まないカバーが付いたものや、電源タップや延長コード自体が防水設計になっているものもあるんだ。

万が一のショートを防ぐためにも、水回りで電化製品を使う場合は、防水性能に優れた電源タップや延長コードを使うのがおすすめだよ。

じゃ、またね。

 

スポンサードリンク