商品レビュー記事

ARMY TYPE フットウェア・パウダー レビュー|自衛隊でも使われている、消臭力抜群の靴消臭パウダー

こんにちは、いちもくです。

革靴やブーツを1日中履いていると、靴を脱いだ瞬間にイヤなニオイが立ち昇ることがありませんか?

足は、1日のうちに約1Lの汗をかくと言われています。

そんな大量の汗を吸った靴の中は、高温多湿のいわばサウナ状態。

そのままの状態で放置していると、雑菌が繁殖してイヤなニオイが発生する原因となってしまいます。

靴の内部を清潔に保ち、イヤなニオイが発生するのを防いでくれるのが、「ARMY TYPE フットウェア・パウダー」。

ミリタリー感あふれるパッケージデザインが魅力的ですが、実際に米軍が使用していて生産中止になってしまったアメリカ製品を、日本のメーカーが改良して発売した商品なんです。

アメリカで販売されていた当時のボトルに近いデザインですが、中身は全く新しい抗菌消臭効果のあるパウダーにリニューアルされています。

毎日ブーツを履く自衛隊員にも購入されている、ARMY TYPE フットウェア・パウダー。

ブーツだけでなく、革靴やスニーカーなど、どんな靴にも使用できる消臭パウダーです。

今回は、そんなARMY TYPE フットウェア・パウダーを実際に使ってみた感想を、本音でレビューしていきます。

 

ARMY TYPE フットウェア・パウダー 概要

ボトル

ボトルのサイズは、高さ約15cm、直径約4.5cm。

片手で持てるコンパクトなサイズです。

ボトルサイズ

ボトル裏面には、日本語で取扱説明が書かれています。

除菌・防臭・消臭・除湿効果があると書かれていますね。

取扱説明書

使い方はとっても簡単。

まずはキャップ部分を取り外し、フィルムを剥がします。

使い方

パウダーの内容量は110g。

ボトル内部

キャップ上部には16個の穴が空いており、ボトルを逆さにすると小さじ1杯程度のパウダーが出てきます。

キャップの穴

ボトルを5〜6回振れば、靴内部全体にパウダーを広げるのに適した量を出せます。

散布

靴の中にパウダーを振った後は、パウダーを捨てたりせずにそのまま履きます。

靴内部

パウダーは水分を吸収するので、30分も履けば跡形もなくなってしまいます。

靴や靴下への色移りは全く心配なし。

強い香りでごまかしたりせず、しっかりと靴内部を消臭してくれます。

 

使ってみて感じた、ARMY TYPE フットウェア・パウダーの魅力

消臭効果抜群

僕はARMY TYPE フットウェア・パウダーを使用し始めてから、3日目で消臭効果を実感できました。

やったことといえば、仕事から帰って靴を脱いだ後、靴全体にパウダーが行き渡るよう散布しただけ。

実際に、メーカーの消臭試験結果でも、約1時間で

  • アンモニア
  • 酢酸
  • イソ吉草

のニオイが8割以上消えており、24時間後にはほぼ消滅しています。

消臭試験結果引用:Amazon.co.jp

見た目はただの白い粉ですが、驚くほど強力な除菌・消臭・抗菌効果を持っている商品ですね。

 

どんな靴にも使える

靴

僕は早朝や休日にジョギングしているのですが、ジョギングシューズにもARMY TYPE フットウェア・パウダーを散布してみました。

散布する前は、ジョギングした後は靴の中が汗で蒸れて気持ち悪かったんです。

でも、パウダーを散布しはじめてからは、走り終わった後も靴の中がサラサラで快適な状態を維持できています。

革靴だけでなく、運動靴やスニーカーなど、どんな靴にも使える消臭パウダーですね。

 

ボトルを逆さにして振るだけ

散布

口コミ評価の高い消臭パウダーに、グランズレメディという商品があります。

僕も以前使っていましたが、

グランズレメディ
グランズレメディ レビュー|驚くほどニオイが消える、靴専用の除菌・消臭パウダーこんにちは、いちもくです。 消臭効果が持続する靴用消臭剤があれば、靴消臭スプレーを持ち歩く必要がないと思いませんか? 数ある...

グランズレメディはボトルに付属しているスプーンを使ってパウダーを散布する必要があります。

だからもしスプーンを無くしてしまったら、散布用に計量スプーンなどを用意しなければいけません。

その点、ARMY TYPE フットウェア・パウダーは、ボトルを逆さにして振るだけなので散布がとっても楽。

キャップもしっかりと締まるので、旅先や出張先に持ち歩くにも最適です。

 

使ってみて感じた、ARMY TYPE フットウェア・パウダーの気になる点

散布直後靴下にパウダーが付着するので要注意

靴下

パウダーは水分を吸収するので、30分も履けば跡形もなくなってしまいます。

でもパウダーを散布した直後は、靴下にパウダーが付着してしまいがち。

だから靴を履いた後で忘れ物を取りに戻ってしまうと、フローリングに白い足跡が残ってしまいます。

 

履く前よりも履いた後に散布する方が効果的

革靴

取扱説明書には、パウダーを散布するタイミングについては特に明記されていません。

なので僕は、靴を履く前と履いた後のそれぞれでパウダーを散布する方法を試してみました。

結果、靴を履いた後に散布した方が、より消臭効果が高いと感じています。

パウダーを散布すれば、

  • 除菌
  • 防臭
  • 消臭
  • 除湿

という4つの効果が期待できるので、靴内の湿気を除去しようと思ったら、靴を履いた後の方が効果的なんです。

足は、1日のうちに約1Lの汗をかくと言われています。

そんな大量の汗を吸った靴の中は、高温多湿のいわばサウナ状態。

そんな状態で放置していると、雑菌が繁殖してイヤなニオイが発生する原因となってしまいます。

パウダーを散布して湿気を除去することで、雑菌を繁殖しにくくできニオイの発生を予防できます。

 

1週間ほど継続利用することで効果が高まる

消臭パウダー引用:Amazon.co.jp

ARMY TYPE フットウェア・パウダーは、毎日継続して散布するのがおすすめ。

最初の数日間は「確かにニオイが消えてきたな」程度しか実感できないかもしれません。

でも、1週間から10日ほど使い続けるうちに「全然ニオイがしなくなっている!」といった効果を実感できるようになります。

消臭パウダーを使い続けることで、靴内が雑菌の繁殖しにくい環境に変化しているのでしょう。

消臭効果を高めたければ、最低でも1週間は継続利用するのがおすすめです。

 

さいごに

革靴やブーツを1日中履いていると、靴を脱いだ瞬間にイヤなニオイが立ち昇ることがありませんか?

足は、1日のうちに約1Lの汗をかくと言われています。

そんな大量の汗を吸った靴の中は、高温多湿のいわばサウナ状態。

そのままの状態で放置していると、雑菌が繁殖してイヤなニオイが発生する原因となってしまいます。

靴の内部を清潔に保ち、イヤなニオイが発生するのを防いでくれるのが、「ARMY TYPE フットウェア・パウダー」。

ミリタリー感あふれるパッケージデザインが魅力的ですが、実際に米軍が使用していて生産中止になってしまったアメリカ製品を、日本のメーカーが改良して発売した商品なんです。

アメリカで販売されていた当時のボトルに近いデザインですが、中身は全く新しい抗菌消臭効果のあるパウダーにリニューアルされています。

毎日ブーツを履く自衛隊員にも購入されている、ARMY TYPE フットウェア・パウダー。

ブーツだけでなく、革靴やスニーカーなど、どんな靴にも使用できる消臭パウダーですよ。

それじゃ、またね。

 

 

靴消臭アイテム
靴消臭アイテムのおすすめ9選|雑菌の繁殖を抑えてくれる商品の選び方こんにちは、いちもくです。 革靴やブーツを1日中履いている人は、靴を脱いだ瞬間に立ち昇る嫌なニオイが気になるという人も多いのではな...
タンジュン
ナイキ タンジュン(NIKE TANJUN) レビュー|シンプルで履きやすい、おすすめのスニーカーこんにちは、いちもくです。 コーディネートに合わせやすい、シンプルで履きやすいスニーカーがあればいいと思いませんか? そんな...
バランスワークス
ムーンスター バランスワークス レビュー|スニーカーのような履き心地が魅力の、歩ける・走れるビジネスシューズこんにちは、いちもくです。 革靴を1日中履いていると、足が疲れてきませんか? 満員電車の中では、足に力を入れて踏ん張らなけれ...
ミドリ安全ローファー
ミドリ安全 耐滑 ローファータイプ ハイグリップ H230D レビュー|油や水で滑りにくいビジネスシューズこんにちは、いちもくです。 水や油で滑りにくいビジネスシューズがあれば、雨の日でも安心して歩けると思いませんか? そんな人に...