ミドリ安全 耐滑 ローファータイプ ハイグリップ H230D レビュー|オフィスでも現場でも使えるおすすめのビジネスシューズ

スポンサードリンク



いちもくです。

僕は普段営業の仕事をしているんですが、オフィスで仕事をする日もあれば、現場で仕事をすることもあるんです。

工場の中やビニールハウスの中に入ることもあるんですが、場所によっては、油や水で滑りやすい場所もあるんですよね。

いちいち靴を履きかえるのが面倒なので、仕事中はミドリ安全のローファーを常に履いています。

 

ミドリ安全 耐滑 ローファータイプ ハイグリップ H230D

ミドリ安全は、安全靴や作業服については、国内トップシェアの会社。

僕が使っているH230Dという靴は、このミドリ安全がつくってる製品なんですが、安全靴ではないんです。

【安全靴】

足先への重量物の落下や釘などの踏み抜きから作業者の足を守るため、普通の靴においては皮革ないし軟質合成樹脂製である先芯や中底が鋼板でできていることが特徴である。

軽量化のため硬質合成樹脂製の先芯を使った安全靴もある。他にも靴底が耐油性のある素材や硬質のポリウレタンやゴムでできたものもある。

革の靴底が用いられることは少なく総じて一般的な革靴より重い。

wikipediaより

 

スペック

靴幅 3E
メイン素材 人工皮革
ソール素材または裏地 合成底
中敷き EVAインソール 抗菌防臭タイプ
靴底 合成ゴム
ヒールの高さ 2cm
ソールの高さ 1.5cm
サイズ 22cm~30cm

H230Dの良い点

滑りにくい

f:id:ichimokusan:20170624105625j:plain

靴底はラバー1層になっています。

水や油に強く、滑りにくい設計なんです。

また、熱や薬品にも強い素材です。

取り扱い説明書には、耐滑レベルは最高レベルと書いてありました。

 

シーンを選ばず使える

見た目は普通のローファータイプビジネスシューズなので、オフィスで履いても違和感がないんです。

床に油や水がある現場でも、滑ったことはありません。

だから雨や雪の日も、この靴を履いています。

スーツでも作業着でも、違和感なく合わせることができるんです。

 

安い

1足5000円以内で買えるのは魅力的ですね。

僕は同じ靴を2足買って、毎日使いまわしています。

交互に履いているから、1年以上は買い替えずに使えています。

コスパ最強のビジネスシューズだと思いますよ。

 

音がしない

靴底がラバーだから、歩いてもカツカツ音が鳴らないんです。

職場の床はフローリングなので、歩く音に気を遣う場合もあるんですよね。

 

H230Dの気になる点

壊れるのは上部から

靴底は丈夫なので、穴が開いたり擦り減ったりすることはほとんどありません。

かかと部分や中敷き部分が、先に痛むことが多いんですよね。

中が傷んできたら、別売りの中敷きを買えば済むけれど、かかとが壊れたら買い替え時かもしれません。

それと、ローファータイプの靴なので、足の甲の部分にはゴムが入っています。

このゴムが伸びてしまうと、靴がブカブカになったように感じます。

 

防水性

半年ほど使っていると、雨の日に若干水が染み込むようになってきました。

恐らく、靴の上部分のつなぎ目や縫い目から、水が入ってきているんだと思います。

完全防水ではないみたいですね。

 

安全靴ではない

安全靴は、靴先に芯が入っているものが多いのですが、このH230Dには芯は入っていません。

普通のビジネスシューズと同じですね。

足を保護したい人には、向いていないと思います。

 

耐久性

H230Dがとっても便利だから、僕は4年くらい履き続けています。

僕の場合は、靴がくたびれてくる1年半ごとに、新しいものを2足買い直しています。

雨や雪の日にも滑らないし、シーンを選ばずスーツにも合うローファーは、H230Dが一番だと思いますよ。

ではでは。

 

スポンサードリンク