商社で働く営業マネージャーが、仕事に役立つ本・家庭教育・おすすめグッズを紹介するブログ
ブログ運営

「文賢」文章の推敲・校閲・校正支援ツールを2年間使ってみて感じた、サービスの魅力と気になる点

文賢

やあ、いちもくだよ。

僕はブログ歴20年以上。

これまで2年に1つのペースで新しいブログを立ち上げてきたんだけれど、現在は6つのブログに絞って定期更新しているんだ。

2年ほど前から地域ブログを運営しているんだけど、記事はライターさん書いてもらうことが多いんだよね。

ライターさんからは、毎日複数の記事が納品されるんだけど、内容をすべて推敲・校閲していたら時間がいくらあっても足りないんだ。

だから僕は「文賢(ぶんけん)」を使って記事をチェックしているよ。

文賢を使えば、誤字脱字や間違った用法の文章を簡単にチェックできるだけでなく、これまで使ったことのない表現方法を提案してくれるから、魅力的で読みやすい文章に仕上げることができるんだ。

文章の質が上がれば、それだけアクセス数も増えるから、ライターさんに支払う文字単価もアップさせることができるしね。

記事を発注する機会の多いメディア運営者は、文賢を上手に活用すればアクセスアップ&収益アップも夢ではないよ。

今回は、僕が文賢を2年間使い続けて感じた、サービスの魅力と気になる点を紹介するね。

 

文賢とは

文賢引用:文賢

「文賢(ぶんけん)」は、文章を校正・推敲・校閲してくれる文章作成支援ツールなんだ。

原稿を専用の画面に入力すれば、

  • 読みやすさ
  • わかりやすさ
  • 誤字脱字

など、100以上の視点から文章をチェックしてくれるよ。

文賢引用:文賢

自分では思いつかない「文章表現」や「言い回し」を提案してくれるから、使えば使うほど文章力が上がっていくのが実感できるんだ。

クラウドツールだから、精度は日々アップデートされているよ。

一度使い始めたら、文章を書くのがどんどん好きになっていく便利なソフトなんだ。



\あなたの文章をもっと読みやすく/
文章作成アドバイスツール【文賢】

 

使ってみて感じた「文賢」の魅力

わずか3秒でAIが文章をチェック、推敲・校正が10分で終わる

文賢引用:文賢

僕がライターさん達にお願いしている記事は、1記事2000文字以上。

毎日3本から10本程のの記事を納品してもらっているんだけど、すべて自分で推敲・校正していた頃は、チェックするだけで2時間以上かかっていたんだ。

でも、文賢を使い始めてからは推敲・校正の時間は半分以下に短縮。

専用画面に文章をコピペすれば、AIがわずか3秒でチェックしてくれるよ。

AIがチェックしてくれるのは、主に次の6つ。

  • 読みやすさのチェック
  • わかりやすさのチェック
  • 不快語のチェック
  • 日本語の誤用チェック
  • 誤字脱字のチェック
  • 環境別の見え方チェック

それぞれ簡単に解説するね。

読みやすさのチェック

  • 句読点が正しく使われているか
  • 漢字の利用頻度や改行は適切か

読みやすい文章かどうかチェックし、適切な修正方法をアドバイスしてくれるよ。

 

わかりやすさのチェック

  • 誤解を与えるような表現はないか
  • イメージしにくい表現はないか

伝えたい内容が読み手に伝わりやすくなるよう、修正箇所を指摘してくれるよ。

 

不快語のチェック

書き手にその気はなくても、読み手が不快に感じたり傷ついてしまうような文章がないか、自動でチェックしてくれるよ。

 

日本語の誤用チェック

間違った日本語の表現って、知らないうちに使ってしまうことはありがちだよね。

文賢を使えば、知らずに使うと恥ずかしい誤った日本語表現を指摘してもらえるよ。

 

誤字脱字のチェック

単純な漢字の打ち間違いやタイプミスなど、誤字脱字をチェックしてくれるよ。

 

環境別の見え方チェック

パソコンで読む文章とスマホで読む文章では、同じ内容でも印象が全然違ってくるんだ。

たとえば、パソコンであれば改行のない長文でもある程度読みやすいけれど、スマホだと画面が文字で埋め尽くされて読む気にならないなんてことはありがち。

さまざまな端末で文章がどう見えるか、文賢がチェックしてくれるよ。

文賢引用:文賢

文賢を使えば、100以上の視点からAIが文章を自動チェックしてくれるんだ。

自分の目でチェックしていた頃は、1つの記事を推敲・校正するのに20~30分近くかかっていたんだけど、今は10分もかからずチェックできているよ。

毎日たくさんの原稿をチェックしなければならない、編集者やサイト運営者の負担を大幅に軽減できるんだ。

 

\あなたの文章をもっと読みやすく/
文章作成アドバイスツール【文賢】

 

ライターさんとのやり取りが驚くほどスムーズになった

打合せ

文賢を使い始める前、ライターさんに記事の修正をお願いすると、あからさまに不快感を示されたことがあったんだ。

自分のライティングスキルに自信のあるライターさんほど、修正することに抵抗を感じるんじゃないかな。

でも文賢を使い始めてからは、比較的スムーズに修正依頼に応じてくれるようになったんだ。

「AIの指摘しているんだから、まあ仕方ないか」

なんて感じでね。

人間同士の依頼だと、相性やその時の気分によってちょっとした言い争いになってしまうこともありがち。

だから修正をお願いするときは、タイミングや言い回しに結構気を使っていたんだ。

でも文賢であれば、そんな気遣いはほぼ無用。

「記事をより読みやすくするため、文賢から指摘されている箇所の修正をお願いします」

といった内容を伝えるだけで、修正に応じてもらえているよ。

個人の主観に基づく修正依頼ではなく、蓄積されたデータをもとにしたAIの修正依頼だから、客観的な意見としてライターさんは受け入れやすいのかもしれないね。

文賢を使うことで、ライターさんとのやり取りが驚くほどスムーズになったよ。

 

ライターさんのスキルを向上させることができる

ライター

自己流で書く文章って、本人が気付いていないクセが結構あるんだ。

たとえば、文末に体言止めを多用するクセだったり、「~ですよね?」と同意を求める文章を何度も挿入してしまったり。

こうした自己流のクセは、読み手に違和感を抱かせる原因になりがちなんだ。

文賢を使って、書いた文章をしっかりと見直して推敲することで、少しずつ読みやすい文章が書けるようになっていくよ。

以前、記事作成を依頼しているライターさんを集めて、ライティングスキルを向上させるための勉強会を開催したことがあったんだ。

そこで文賢を紹介したんだけど、数人のライターさんは翌日には自分で購入して使い始めたんだよね。

結果、そのライターさんたちのライティングスキルは3か月後に見違えるほど向上。

僕が支払う文字単価は3倍以上にアップしたから、投資効果としては最高にいい買い物だったんじゃないかな。

 

ライバルサイトの分析に使える

ワードプレス

お気に入りのブログやアクセス数の多いブログは、文賢を使ってその理由を調べることができるんだ。

記事をコピペして文賢でチェックすれば、どういった構成で記事を作成しているのか、どんな言い回しが読む人の心をつかんでいるのか、ある程度分析することができるよ。

単なる読み手として読んでいるだけではなかなか気付かなかったことも、文賢を通して記事全体をチェックすれば、文章のクセや読みやすい理由を具体的に知ることができるんだ。

 

\あなたの文章をもっと読みやすく/
文章作成アドバイスツール【文賢】

 

使ってみて感じた「文賢」の気になる点

サブスクだけど初期費用が結構高い

文賢引用:文賢

文賢の利用には、初期費用と月額費用がかかるんだ

月額費用は、ライセンス数によって違ってくるよ。

通常プラン

初期費用 11880円(税込)
月額費用 2178円(税込)

 

まとめ買い割引プラン

初期費用 11880円(税込)
月額費用 5ライセンス以上2069円(税込)

15ライセンス以上1960円(税込)

30ライセンス以上1851円(税込)

僕は現在、まとめ買い割引プランでライセンス契約しているんだ。

だから申し込み時に初期費用の11880円を支払った後は、月額2069円×5ライセンスの10345円を払い続けているんだよね。

初期費用は、一度解約した場合は再度契約する際にもう一度支払わなければならないんだ。

試しに使ってみようと思っても、初期費用として1万円以上支払わなければならないから結構勇気がいるかもしれないね。

 

無料体験版が用意されていない

YouTubeプレミアムやKindle Unlimitedのようなサブスクリプションサービスは、一定期間サービスを無料体験できるシステムになっているんだ。

でも、文賢には無料体験期間が用意されていないんだよね。

サービス内容を詳しく知る方法としては、メーカー公式で開催している無料オンライン説明会に参加するくらいしかないんだ。

説明会に参加してアンケートに回答した人のみ、3日間の無料トライアルアカウントを発行してもらえるよ。

 

\あなたの文章をもっと読みやすく/
文章作成アドバイスツール【文賢】

 

AIのチェックは完ぺきとは言えない

文賢引用:文賢

納品された記事は、文賢でチェックした後、改めて別なツールを使ってダブルチェックすることも多いんだ。

その理由は、文賢のチェックは必ずしも完ぺきとは言えないから。

特に、誤字脱字の見落としが時々あるんだよね。

精度は日々アップデートされているから、数か月もすれば気にならなくなるくらい改善されるとは思うけれどね。

 

さいごに

「文賢(ぶんけん)」は、文章を校正・推敲・校閲してくれる文章作成支援ツールなんだ。

原稿を専用の画面に入力すれば、

  • 読みやすさ
  • わかりやすさ
  • 誤字脱字

など、100以上の視点から文章をチェックしてくれるよ。

自分では思いつかない「文章表現」や「言い回し」を提案してくれるから、使えば使うほど文章力が上がっていくのが実感できるんだ。

  • PVアップや収益アップを狙いたいブロガー・アフィリエイター
  • ライティングの基本を身につけたい初心者ライター
  • 編集業務を効率化したい編集者
  • 複数人のライターを抱えているウェブ制作会社

といった人であれば、使ってみて絶対に損はないソフトだよ。

じゃ、またね。

 

文賢の基本情報

 

 

販売会社 株式会社ウェブライダー
初期費用 11880円(税込)
月額費用 2178円~
割引サービス ライセンス数によって5~15%割引
公式サイト

 

\あなたの文章をもっと読みやすく/
文章作成アドバイスツール【文賢】

 

 

あわせて読みたい
沈黙のWEBライティング
【書評】沈黙のWebライティング|SEOを意識するより断然効果がある「エモーショナル」を意識するやあ、いちもくだよ。 僕は20年間ほぼ毎日、3つのブログでそれぞれ記事を更新し続けているんだ。 記事を書く際に参考にしている...
あわせて読みたい
お名前
お名前.comから頻繁に届くドメインニュース配信を停止する方法やあ、いちもくだよ。 僕は独自ドメインを登録する際、お名前.comを利用しているんだ。 使いやすくて、ドメインを安く取得でき...
あわせて読みたい
お名前ドットコム
お名前ドットコムでドメインを取得するメリット・デメリットやあ、いちもくだよ。 僕は長年複数のブログを運営してきたんだけど、ほぼすべてのブログ用に独自ドメインを取得してきたんだ。 今...
あわせて読みたい
20年間ほぼ毎日ブログを更新してきたから、ブログのネタ探しの3つの方法について書いてみるよやあ、いちもくだよ。 これまでにいろんなブログサービスを渡り歩いてきたけれど、合計すると20年くらいブログを続けているんだ。 ...